砂糖の種類と特徴、オリゴ糖やハチミツなど甘いものいろいろ

砂糖と甘い糖の種類と特徴、市販されている商品

索引…調べる物が決まっている方はこちらも便利です。

 

 

砂糖とは、甘味料であり、サトウキビ、てん菜(ビート・サトウダイコン)、サトウカエデ、砂糖ヤシなど、いろいろな種類の植物から生産されて、世界中の食卓に欠かせないものです。

 

砂糖のカロリーは、種類によって多少違いますが、1gあたり約4kcalと覚えておけば実生活では問題は無いと思います。(脂肪は1gあたり約9kcal)

 

砂糖には黒砂糖を含めて賞味期限がありません。JAS法で賞味期限を表示する必要のない食品に定められています.
.
 

お店で売っている主な砂糖

角砂糖・・・コーヒーや紅茶には欠かせません。普通の角砂糖はグラニュー糖で出来ています。

グラニュー糖・・・サラサラとした細かい粒状に結晶させた砂糖。淡白な甘さが特徴です。

黒砂糖(黒糖)・・・産地によって異なる味。端境期には欠品が出るほどの人気があります。

氷砂糖・・・梅酒やカリン酒造りに欠かせません。溶けないことに意味があります。

三温糖・・・やや濃厚な味と茶色でしっとりとした感じが人気の砂糖。

上白糖(白砂糖)・・・日本の家庭で砂糖と言えばこれ。結晶が細かくしっとりとした感じの砂糖。

中ザラ糖・・・煮物や照り焼き。すき焼きに欠かせない茶色の砂糖。

 

少しだけ珍しい砂糖

顆粒状糖(フロストシュガー)・・・ヨーグルトや果物に使うと威力を発揮する砂糖。

粉砂糖(粉糖)・・・チョコレートケーキのグレードを一段引き上げてくれる砂糖。

白ザラ糖・・・純度が高くて結晶がやや大きい砂糖。

メープルシロップ・・・ホットケーキには欠かせない、カナダ産が有名な砂糖。

和三盆(わさんぼん)・・・江戸時代から伝わる高級砂糖。とにかく上品な甘さです。

 

 

その他の砂糖の種類と特徴

「きび砂糖」・・・ミネラル分を残したままどんな料理にも使えるようにした砂糖。

「てんさい糖」・・・オリゴ糖とミネラル分を含んでいてどんな料理にも使えるようにした砂糖。

「ハチミツ」・・・花によって変わる味わいを楽しんでください。厳密には砂糖ではない。

★・・・・・その他の砂糖の種類と特徴 カテゴリ38ページはこちら・・・・・★

砂糖には、有名でなくても大量に使われている物から、重要な役割を果たしている物もあります。さらに、特定の砂糖を指さない物もいろいろあります。そちらを集めてみました。

 

 

 

砂糖と糖質糖類の豆知識と比較

砂糖の保存方法・・・アリの侵入など虫に関する対策や、固まってしまった砂糖の復活など。

砂糖の賞味期限・・・砂糖には賞味期限が記載されていません。なぜ??

てんさい糖は体を温めるはウソ?・・・実際にそんなことがあるの?

★・・・・・砂糖と糖質・糖類の豆知識と比較 カテゴリ31ページはこちら・・・・・★

砂糖には興味深いことがいろいろあります。例えば、日本では「サトウキビ」から採れる砂糖よりも、「てん菜」から採れる砂糖のほうが多いという事実。砂糖は甘いだけの甘味料ではなく他の役割もあるなどの豆知識です。

 

 

 

砂糖と糖質の試食とレビュー

「沖縄産黒砂糖試食レビュー・・・1」  実際に沖縄産黒砂糖を食べて、味の違いを確かめました。

「きび砂糖  試食レビュー」  食品、健康関連のブログを見ると意外に使われていて驚きます。

「てんさい糖 試食レビュー」  オリゴ糖に関して興味はあるけれど誤解も多い。そんな砂糖です。

「和三盆 試食レビュー」  江戸時代から伝わる高級砂糖。値段が高いのも頷ける繊細さです。

★・・・・・砂糖と糖質の試食とレビュー カテゴリ12ページはこちら・・・・・★

いろいろな砂糖を実際に利用してみると、分からなかったことが見えてきます。特に和三盆の見事さには感心させられ、江戸時代の技術の奥深さに驚きを隠せません。高級和菓子に和三盆が使われる訳は食べてみれば一発で分かります。

 

 

 

 

糖質、糖類、甘味料、食物繊維の種類と特徴

 

ブドウ糖(グルコース)・・・人間の脳のエネルギー源として大変に重要な役割をしている糖です。

ショ糖(スクロース)・・・砂糖の主成分と表現されますが、砂糖は、ほぼ全部ショ糖です。

乳糖(ラクトース)・・・牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのは乳糖が原因です。なぜ??

麦芽糖・・・麦芽糖単独では、ほとんど売られていませんが、あちこちで使われています。

 

異性化糖・・・名前は全然知られていませんが、毎日利用している方も多いのでは?ジュースに使われます。果糖ブドウ糖液糖も異性化糖の仲間です。

オリゴ糖・・・おなかの調子を整える砂糖ではありません。使用法を間違えないで。

糖アルコール・・・低カロリー甘味料ですが、あちこちで使われています。

キシリトール・・・虫歯対策のガムで有名になりましたが、糖アルコールの仲間です。

 

食物繊維・・・これを無視したら、美容やダイエット、便秘対策も上手くいかないでしょう。

難消化性デキストリン・・・水溶性食物繊維として手軽に利用できるところがうれしい。

 

水飴・・・昔ながらの製法で作られる麦芽糖水飴は甘みの質も良く舐めるには最適です。

還元水飴・・・食品として認められている還元水飴は種類も多く味もいろいろです。

還元麦芽糖水飴・・・還元麦芽糖を主成分としているので、美味しさには定評があります。

★・・・・・糖質・糖類・甘味料・食物繊維の種類と特徴 カテゴリ32ページはこちら・・・・・★

甘い物は砂糖以外にも沢山あり大量に使用されています。甘い「糖質」から甘くない「食物繊維」「デンプン」までを集めました。

 

 

 

 

  オリゴ糖の役割・・・オリゴ糖は腸内環境を整えてくれるのか?オリゴ糖の味はどうなのか?
      ビフィズス菌・・・ビフィズス菌はどんな細菌なのか?オリゴ糖との関係は?
        乳酸菌・・・乳酸菌はどんな細菌なのか?オリゴ糖との関係は?

オリゴ糖は腸内環境を良くしてくれる砂糖だと誤解している方が多いと思います。オリゴ糖と乳酸菌・ビフィズス菌の関係。オリゴ糖の味と使い方などをまとめました。

 


 

索引

 


 

最近の砂糖に関する傾向

 

日本では、砂糖の消費量は減っています。「甘ければ満足だ。」という方が減って、「食材そのものの美味しさを求めている」方が増えてきている為ではないかと思います。確かに「なんでこんなに甘いんだ。」というお菓子は見かけなくなりました。良い傾向だと思います。

 

あえて問題点を言うならば、この表には「デンプン」から作った甘味料(異性化糖)などは入っていないということです。異性化糖はジュースなどの甘味料として大きな需要があり、本当はこちらの需要も注意する必要があります。