「カロリーライト」にはしっかりとした表示基準があります。

カロリーライト

カロリーライト,カロリーライトとは,カロリー,表示,基準

 

 

「カロリーライト」とは食品100gあたり40kcal、飲料100mlあたり20kcal以下の場合には「カロリーライト」と表示できるということです。

 

「カロリー」とはエネルギーの単位で、1リットルの水(牛乳の1リットル紙パックを連想してください。)の温度を1℃上げるのに必要なエネルギーが1kcalです。
もう一つ、1ミリリットル(1cc)の水の温度を1℃上げるのに必要なカロリーが1calです。
1kcalのkはキロのこと、1キロメートルは1000メートル。1キログラムは1000グラムこの流れです。

 

蛇足・・・1キログラムの脂肪(贅肉)を無くすには、約7200kcal消費しなくてはなりません。グリコ「アーモンド効果」に換算すると、7200kcal÷40kcalで180パックにあたります。1キロの脂肪(贅肉)を消費することは大変な作業なのが分かります。朝、起きたら「あら不思議。体重が2キロ減っていた。」こんな宣伝はよく見かけますが、「脂肪が少なくなって、体重が減ったんなら嬉しいことですね?」と突っ込みを入れたくなります。

 

 

カロリーライト,カロリーライトとは,カロリー,表示,基準
表示には1本(200ml)40kcalと表示されています。100mlあたり20kcalになるのでカロリーライト製品になります。

 

クリコ「アーモンド効果は砂糖不使用の商品です。でも、栄養成分表に「ショ糖(砂糖)が0.2g入っています。」と記載されています。このショ糖はアーモンドの中に入っているショ糖を指しています。

 

 

「カロリーライト」「糖分控えめ」「低糖」「糖分軽め」「糖分ライト」「低糖」「糖分ライト」「糖分ダイエット」「カロリーオフ」などは低い旨の表示のなります。
カロリーライト,カロリーライトとは,カロリー,表示,基準

 

カロリーライト,カロリーライトとは,カロリー,表示,基準

 

 

関連ページ

甘さ控えめ
「甘さ控えめ」とは、無糖や低糖のように、しっかりとした基準があるわけではありません。製造業者や販売業者が自分で勝手に付けるものなので、各メーカーや製品によってバラバラです。
加糖(かとう)
加糖とは、糖分を加えているということです。(この場合の糖分は、砂糖・ハチミツ・異性化糖などを指します。)
カロリーオフ
カロリーオフとは、食品100gあたり40kcal以下。飲料100mlあたり20kcal以下の場合にはカロリーオフと表示できるということです
カロリーゼロ
カロリーゼロとは、食品100gあたり5kcal未満。飲料100mlあたり5kcal未満の場合にはカロリーゼロと表示できるということです。
砂糖不使用
「砂糖不使用」とは、「製造工程で砂糖は使用していませんよ。」ということです。原材料に砂糖が含まれていても、果汁を使っていても問題ありません。製造工程で砂糖を使用しないで、ブドウ糖や果糖などを使用しても問題ありません。
砂糖不使用なのに砂糖入り?
パッケージには「砂糖不使用」と書いてあるのに、栄養成分表には「ショ糖(砂糖)」が入っていると記載されています。これは何?
砂糖無添加
砂糖無添加とは、「製造工程で砂糖は添加していませんよ。」ということです。原材料に砂糖が含まれていても、果汁を使っていても問題ありません。製造工程で砂糖を添加しないで、ブドウ糖や果糖などを添加しても問題ありません。
シュガーレス
シュガーレスとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合にはシュガーレスと表示できるということです。
シュガーフリー
シュガーフリーとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合にはシュガーフリーと表示できるということです。
スッキリした甘さ
「スッキリした甘さ」とは、無糖や低糖のように、しっかりとした基準があるわけではありません。製造業者や販売業者が自分で勝手に付けるものなので、各メーカーや製品によってバラバラです。宣伝文句だと思ってください。
低カロリー
低カロリーとは、食品100gあたり40kcal以下。飲料100mlあたり20kcal以下の場合には低カロリーと表示できるということです。
低糖
低糖とは、食品100gあたり糖類が5g未満。飲料100mlあたり糖類が2.5g未満の場合には低糖と表示できるということです。
糖質ゼロ
糖質ゼロとは、食品100gあたり糖質が0.5g未満。飲料100mlあたり糖質が0.5g未満の場合には糖質ゼロと表示できるということです。
糖分軽め
「糖分軽め」とは、食品100gあたり糖類が5g未満。飲料100mlあたり糖類が2.5g未満の場合には「糖分軽め」と表示できるということです。
糖分控えめ
「糖分控えめ」とは、食品100gあたり糖類が5g未満。飲料100mlあたり糖類が2.5g未満の場合には「糖分控えめ」と表示できるということです。
糖分ライト
「糖分ライト」には、しっかりとした表示基準があります。
糖類ゼロ
糖類ゼロとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合には糖類ゼロと表示できるということです。
ノンシュガー
ノンシュガーとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合にはノンシュガーと表示できるということです。
微糖(びとう)
微糖はカロリーオフや無糖などとは違い2種類の表示基準があるので注意が必要です。画像あり
ほどよい甘さ
「ほどよい甘さ」とは、無糖や低糖のように、しっかりとした基準があるわけではありません。製造業者や販売業者が自分で勝手に付けるものなので、各メーカーや製品によってバラバラです。宣伝文句だと思ってください。
無糖
無糖とは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合には無糖と表示できるということです。