「カロリーゼロ」には、しっかりとした表示基準があります。

カロリーゼロ

 

カロリーゼロとは、食品100gあたり5kcal未満。飲料100mlあたり5kcal未満の場合にはカロリーゼロと表示できるということです。

 

ここで注意していただきたいのは、カロリーゼロ製品が完全な0kcalで無い場合があるということです。

 

例えば、500mlのペットボトル1本で25kcal未満だったらカロリーゼロと表示できるということです。

 

しっかりとしたカロリー計算をしている方は、本体に記載されている栄養成分表を確認してから飲むようにした方が良いと思います。

 

「カロリー」とはエネルギーの単位で、1リットルの水(牛乳の1リットル紙パックを連想してください。)の温度を1℃上げるのに必要なエネルギーが1kcalです。もう一つ、1ミリリットル(1cc)の水の温度を1℃上げるのに必要なカロリーが1calです。1kcalのkはキロのこと、1キロメートルは1000メートル。1キログラムは1000グラムこの流れです。ちなみに、贅肉(脂肪)1キログラム無くすには、約7200kcal消費しなくてはなりません。気が遠くなります。

 

 

 

このラカント飴はカロリーゼロなので、カロリー制限をされている方でも安心して食べられます。

 

普通の飴よりも硬い感じで、スーとした清涼感があります。噛んでみると砂糖よりも若干溶けが遅い感じで、一瞬ざらっとします。いろいろな味があるので、飽きが来るのは遅いでしょう。黙って他人に食べさせたところ、普通の飴として食べていましたので、後で、正体をばらしても「違和感はなかった。」という回答でした。

 

エリスリトール・・・糖アルコールの仲間でカロリーゼロ。虫歯菌のエサになりません。血糖値、インスリン濃度をあげません。(糖尿病患者の方も使われています。)スーとした清涼感があり、砂糖の約75%位の甘味があります。

 

ポリデキストロース・・・トウモロコシから作る水溶性食物繊維で、人間では消化できません。1983年に食品として認可されました。無味無臭。糖分の消化を遅らせて、血糖値の上昇を穏やかにします。

 

ラカンカエキス・・・中国南部で栽培されている、つる性植物の実で砂糖の約300倍の甘味があるのが特長です

 

ラカント飴は大ざっぱに言うと、糖アルコールのエリスリトールと水溶性食物繊維のポリデキストロースで本体を作り、このままでは甘味が足りないので、ラカンカエキスで甘味を付けた飴です。

 

 

 

関連ページ

甘さ控えめ
「甘さ控えめ」とは、無糖や低糖のように、しっかりとした基準があるわけではありません。製造業者や販売業者が自分で勝手に付けるものなので、各メーカーや製品によってバラバラです。
加糖(かとう)
加糖とは、糖分を加えているということです。(この場合の糖分は、砂糖・ハチミツ・異性化糖などを指します。)
カロリーオフ
カロリーオフとは、食品100gあたり40kcal以下。飲料100mlあたり20kcal以下の場合にはカロリーオフと表示できるということです
カロリーライト
「カロリーライト」とは食品100gあたり40kcal、飲料100mlあたり20kcal以下の場合には「カロリーライト」と表示できるということです。
砂糖不使用
「砂糖不使用」とは、「製造工程で砂糖は使用していませんよ。」ということです。原材料に砂糖が含まれていても、果汁を使っていても問題ありません。製造工程で砂糖を使用しないで、ブドウ糖や果糖などを使用しても問題ありません。
砂糖不使用なのに砂糖入り?
パッケージには「砂糖不使用」と書いてあるのに、栄養成分表には「ショ糖(砂糖)」が入っていると記載されています。これは何?
砂糖無添加
砂糖無添加とは、「製造工程で砂糖は添加していませんよ。」ということです。原材料に砂糖が含まれていても、果汁を使っていても問題ありません。製造工程で砂糖を添加しないで、ブドウ糖や果糖などを添加しても問題ありません。
シュガーレス
シュガーレスとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合にはシュガーレスと表示できるということです。
シュガーフリー
シュガーフリーとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合にはシュガーフリーと表示できるということです。
スッキリした甘さ
「スッキリした甘さ」とは、無糖や低糖のように、しっかりとした基準があるわけではありません。製造業者や販売業者が自分で勝手に付けるものなので、各メーカーや製品によってバラバラです。宣伝文句だと思ってください。
低カロリー
低カロリーとは、食品100gあたり40kcal以下。飲料100mlあたり20kcal以下の場合には低カロリーと表示できるということです。
低糖
低糖とは、食品100gあたり糖類が5g未満。飲料100mlあたり糖類が2.5g未満の場合には低糖と表示できるということです。
糖質ゼロ
糖質ゼロとは、食品100gあたり糖質が0.5g未満。飲料100mlあたり糖質が0.5g未満の場合には糖質ゼロと表示できるということです。
糖分軽め
「糖分軽め」とは、食品100gあたり糖類が5g未満。飲料100mlあたり糖類が2.5g未満の場合には「糖分軽め」と表示できるということです。
糖分控えめ
「糖分控えめ」とは、食品100gあたり糖類が5g未満。飲料100mlあたり糖類が2.5g未満の場合には「糖分控えめ」と表示できるということです。
糖分ライト
「糖分ライト」には、しっかりとした表示基準があります。
糖類ゼロ
糖類ゼロとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合には糖類ゼロと表示できるということです。
ノンシュガー
ノンシュガーとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合にはノンシュガーと表示できるということです。
微糖(びとう)
微糖はカロリーオフや無糖などとは違い2種類の表示基準があるので注意が必要です。画像あり
ほどよい甘さ
「ほどよい甘さ」とは、無糖や低糖のように、しっかりとした基準があるわけではありません。製造業者や販売業者が自分で勝手に付けるものなので、各メーカーや製品によってバラバラです。宣伝文句だと思ってください。
無糖
無糖とは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合には無糖と表示できるということです。