加糖とは、糖分を加えているということです。

加糖(かとう)

加糖,加糖とは,砂糖,糖分

 

加糖とは、糖分を加えているということです。(この場合の糖分は、砂糖・ハチミツ・異性化糖などを指します。)

 

画像のグレープフルーツジュースの場合は、濃縮還元をしているので、風味が落ちています。それを直すために、異性化糖(果糖ブドウ糖液糖)を加えているといます。

 

誤解をされると困るので書きますが、サンガリアのグレープフルーツジュースが風味の落ちた原料を使っているのではなく、濃縮還元をすると風味が落ちてしまう果物があるということです。

 

スーパーで見てもらうと分かりますが、濃縮還元したグレープフルーツジュースは加糖されているものが多いです。

 

「果汁100%なのに、糖分を加えていたら、100%じゃ無い。」という疑問を持つと思いますが、「果汁100%のジュースに糖分を加えていますよ。」ということです。

 

異性化糖・・・トウモロコシ・ジャガイモなどのデンプンから作った液体の甘味料。(厳密ではありませんが、イメージだけで言うと、ご飯を長く噛んでいると甘くなる甘味です。)

 

果糖ブドウ糖液糖・・・異性化糖の一種で、一番沢山入っているのが「果糖」で次に沢山入っているのが「ブドウ糖」のもの。ジュースによく入っています。

 

濃縮還元・・・果物の果汁を絞ったものを、運搬しやすいように水分を減らしたもの。水分を戻して使います。(イメージはインスタントラーメンのスープ)絞っただけの果汁はストレート果汁です。一般的に風味が良いのはストレート果汁のほうです。

 

加糖,加糖とは,砂糖,糖分

 

加糖,加糖とは,砂糖,糖分

 

加糖練乳は、牛乳に砂糖を加えたものに熱を加えて水分を減らしたもので、コンデンスミルクとも言います。「乳脂肪分8%以上・乳固形分28%以上・全ての糖分58%以下」という決まりもあります。砂糖を入れないものは、エバミルクになります。

 

加糖練乳がなかなか腐らないのは、砂糖(ショ糖)に殺菌効果があるからで、浸透圧の関係で細菌が入っても細菌の水分が取られて死んでしまうからで、防腐剤は使っていません。(ご注意、砂糖の濃度が少ないと菌は死にません。手作りジャムなどで、失敗する可能性があります。)

 

加糖,加糖とは,砂糖,糖分

関連ページ

甘さ控えめ
「甘さ控えめ」とは、無糖や低糖のように、しっかりとした基準があるわけではありません。製造業者や販売業者が自分で勝手に付けるものなので、各メーカーや製品によってバラバラです。
カロリーオフ
カロリーオフとは、食品100gあたり40kcal以下。飲料100mlあたり20kcal以下の場合にはカロリーオフと表示できるということです
カロリーゼロ
カロリーゼロとは、食品100gあたり5kcal未満。飲料100mlあたり5kcal未満の場合にはカロリーゼロと表示できるということです。
カロリーライト
「カロリーライト」とは食品100gあたり40kcal、飲料100mlあたり20kcal以下の場合には「カロリーライト」と表示できるということです。
砂糖不使用
「砂糖不使用」とは、「製造工程で砂糖は使用していませんよ。」ということです。原材料に砂糖が含まれていても、果汁を使っていても問題ありません。製造工程で砂糖を使用しないで、ブドウ糖や果糖などを使用しても問題ありません。
砂糖不使用なのに砂糖入り?
パッケージには「砂糖不使用」と書いてあるのに、栄養成分表には「ショ糖(砂糖)」が入っていると記載されています。これは何?
砂糖無添加
砂糖無添加とは、「製造工程で砂糖は添加していませんよ。」ということです。原材料に砂糖が含まれていても、果汁を使っていても問題ありません。製造工程で砂糖を添加しないで、ブドウ糖や果糖などを添加しても問題ありません。
シュガーレス
シュガーレスとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合にはシュガーレスと表示できるということです。
シュガーフリー
シュガーフリーとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合にはシュガーフリーと表示できるということです。
スッキリした甘さ
「スッキリした甘さ」とは、無糖や低糖のように、しっかりとした基準があるわけではありません。製造業者や販売業者が自分で勝手に付けるものなので、各メーカーや製品によってバラバラです。宣伝文句だと思ってください。
低カロリー
低カロリーとは、食品100gあたり40kcal以下。飲料100mlあたり20kcal以下の場合には低カロリーと表示できるということです。
低糖
低糖とは、食品100gあたり糖類が5g未満。飲料100mlあたり糖類が2.5g未満の場合には低糖と表示できるということです。
糖質ゼロ
糖質ゼロとは、食品100gあたり糖質が0.5g未満。飲料100mlあたり糖質が0.5g未満の場合には糖質ゼロと表示できるということです。
糖分軽め
「糖分軽め」とは、食品100gあたり糖類が5g未満。飲料100mlあたり糖類が2.5g未満の場合には「糖分軽め」と表示できるということです。
糖分控えめ
「糖分控えめ」とは、食品100gあたり糖類が5g未満。飲料100mlあたり糖類が2.5g未満の場合には「糖分控えめ」と表示できるということです。
糖分ライト
「糖分ライト」には、しっかりとした表示基準があります。
糖類ゼロ
糖類ゼロとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合には糖類ゼロと表示できるということです。
ノンシュガー
ノンシュガーとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合にはノンシュガーと表示できるということです。
微糖(びとう)
微糖はカロリーオフや無糖などとは違い2種類の表示基準があるので注意が必要です。画像あり
ほどよい甘さ
「ほどよい甘さ」とは、無糖や低糖のように、しっかりとした基準があるわけではありません。製造業者や販売業者が自分で勝手に付けるものなので、各メーカーや製品によってバラバラです。宣伝文句だと思ってください。
無糖
無糖とは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合には無糖と表示できるということです。