砂糖無添加とは、「製造工程で砂糖は添加していませんよ。」ということです。

砂糖無添加

砂糖無添加,砂糖無添加とは,カロリー,果汁,砂糖,果糖,ブドウ糖

 

 

「砂糖無添加」とは、「製造工程で砂糖は使用していませんよ。」ということです。原材料に砂糖が含まれていても、果汁を使っていても問題ありません。製造工程で砂糖を使用しないで、ブドウ糖や果糖などを使用しても問題ありません。

 

「この製品には砂糖は含まれていませんよ。」ということではないので、「食べてみたら意外に甘い。砂糖を使っていなくてもこんなに甘いなんてラッキー。」とはいきません。甘い製品には注意が必要です。(がっちりカロリーがある可能性が高いです。)

 

似たような表現で「シュガーレス」「ノンシュガー」などがありますが、こちらはちゃんとした基準があって、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満でなくてはなりません。これは、「レス」「ノン」が含まないという意味なので、砂糖0gがしっかりとした基準として表すことができるために表示基準があるのです。さらに、「砂糖無添加」と違うところは、砂糖以外の糖類も含んでいないということです。(糖類の分類図は下にあります。)

 

砂糖無添加はなぜ存在しているのか?・・・「この製品は、砂糖を混ぜて本来の味をごまかしていませんよ。」とか「砂糖を入れてなくてもこんなに美味しいですよ。」などとアピールしたいときに使います。宣伝文句に近い物なので、数字を裏付けにした、表示基準が無いのも頷けます。

 

砂糖無添加,砂糖無添加とは,カロリー,果汁,砂糖,果糖,ブドウ糖

 

 

ここ意外と重要・・「砂糖無添加」「砂糖不使用」という表示があるときは、栄養成分表示に「ショ糖」が表示されています。(このトマトジュースの場合は0g)「砂糖無添加」とは、あくまで食品の加工の段階で砂糖を使用していないということをなので、この食品に砂糖(ショ糖)が含まれていないということを意味しているわけではありません。このため、元々の食品の成分として砂糖(ショ糖)が含まれている場合には、ショ糖の栄養成分表示を見ることで含有量を確認することができます。

 

例、「砂糖無添加」「砂糖不使用」で栄養成分表示に「ショ糖  5g」と記載されている場合は原料の方にショ糖が5g含まれているのであって、製造工程では砂糖は混ぜていませんよ。ということ。

 

 

参考までに・・・カゴメ 「糖度10 あまいトマト」の味は?  1パック200mlあたり70kcal

 

こちらのトマトジュースは、「砂糖・食塩無添加」、「トマトの糖度10」、「酸味ひかえめ」、「のどごしさらり」をうたい文句にしていますが、評価は完全に二つに分かれると思います。管理人は毎日トマトジュースを飲んでも大丈夫というトマトジュース好きですが、塩味の付いていない物は全て落選。従って「あまいトマト」は??です。

 

食塩無添加のトマトジュースも当然飲んだことはありますが、以前飲んだ時はものすごく懲りた記憶があります。今回の「あまいトマト」は、普通に飲むことができたので、食塩無添加のトマトジュースとしては、美味しいと思われます。食塩無添加のトマトジュースを飲んでいる方は一度試してみても損は無いかな。

 

食塩を摂り過ぎと高血圧は完全に関係があるわけではなく、むしろ関係のある方のほうが少数派らしいです。高血圧だからと言って、むやみに減塩食にするのは意味が無いだけでなく、食を楽しめないという不幸を自ら選んでいることらしいです。高血圧で医者に掛かっている方で減塩食を食べている方は「私の高血圧の原因は本当に塩なんですか?もし、塩が原因ならばその裏付けを教えてほしい。」と問い合わせてみても損は無いと思います。(食の自由が掛かっていますから)

 

 

 

・果糖・・・・ハチミツや果物に含まれる単糖類。砂糖より甘く感じる。(約1.5倍位)1gあたり約4kcal

 

・ブドウ糖・・・穀物や果物に含まれる単糖類。砂糖より甘味が少ない(約0.6〜0.7位)脳のエネルギー源。1gあたり約4kcal

 

・砂糖・・・ショ糖がほとんど全てと言いたい位の物。1gあたり約4kcal

 

・ショ糖・・・ブドウ糖と果糖が結合したもので2糖類。1gあたり約4kcal

 

砂糖(ショ糖)を使わないで、果糖を使えば少ない量で砂糖(ショ糖)と同じ位の甘さが出せます。もっと言えば同じ量を使えば砂糖よりも甘く感じます。当然、人工甘味料を使えばカロリーは減ります。

 

砂糖無添加,砂糖無添加とは,カロリー,果汁,砂糖,果糖,ブドウ糖

 

関連ページ

甘さ控えめ
「甘さ控えめ」とは、無糖や低糖のように、しっかりとした基準があるわけではありません。製造業者や販売業者が自分で勝手に付けるものなので、各メーカーや製品によってバラバラです。
加糖(かとう)
加糖とは、糖分を加えているということです。(この場合の糖分は、砂糖・ハチミツ・異性化糖などを指します。)
カロリーオフ
カロリーオフとは、食品100gあたり40kcal以下。飲料100mlあたり20kcal以下の場合にはカロリーオフと表示できるということです
カロリーゼロ
カロリーゼロとは、食品100gあたり5kcal未満。飲料100mlあたり5kcal未満の場合にはカロリーゼロと表示できるということです。
カロリーライト
「カロリーライト」とは食品100gあたり40kcal、飲料100mlあたり20kcal以下の場合には「カロリーライト」と表示できるということです。
砂糖不使用
「砂糖不使用」とは、「製造工程で砂糖は使用していませんよ。」ということです。原材料に砂糖が含まれていても、果汁を使っていても問題ありません。製造工程で砂糖を使用しないで、ブドウ糖や果糖などを使用しても問題ありません。
砂糖不使用なのに砂糖入り?
パッケージには「砂糖不使用」と書いてあるのに、栄養成分表には「ショ糖(砂糖)」が入っていると記載されています。これは何?
シュガーレス
シュガーレスとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合にはシュガーレスと表示できるということです。
シュガーフリー
シュガーフリーとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合にはシュガーフリーと表示できるということです。
スッキリした甘さ
「スッキリした甘さ」とは、無糖や低糖のように、しっかりとした基準があるわけではありません。製造業者や販売業者が自分で勝手に付けるものなので、各メーカーや製品によってバラバラです。宣伝文句だと思ってください。
低カロリー
低カロリーとは、食品100gあたり40kcal以下。飲料100mlあたり20kcal以下の場合には低カロリーと表示できるということです。
低糖
低糖とは、食品100gあたり糖類が5g未満。飲料100mlあたり糖類が2.5g未満の場合には低糖と表示できるということです。
糖質ゼロ
糖質ゼロとは、食品100gあたり糖質が0.5g未満。飲料100mlあたり糖質が0.5g未満の場合には糖質ゼロと表示できるということです。
糖分軽め
「糖分軽め」とは、食品100gあたり糖類が5g未満。飲料100mlあたり糖類が2.5g未満の場合には「糖分軽め」と表示できるということです。
糖分控えめ
「糖分控えめ」とは、食品100gあたり糖類が5g未満。飲料100mlあたり糖類が2.5g未満の場合には「糖分控えめ」と表示できるということです。
糖分ライト
「糖分ライト」には、しっかりとした表示基準があります。
糖類ゼロ
糖類ゼロとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合には糖類ゼロと表示できるということです。
ノンシュガー
ノンシュガーとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合にはノンシュガーと表示できるということです。
微糖(びとう)
微糖はカロリーオフや無糖などとは違い2種類の表示基準があるので注意が必要です。画像あり
ほどよい甘さ
「ほどよい甘さ」とは、無糖や低糖のように、しっかりとした基準があるわけではありません。製造業者や販売業者が自分で勝手に付けるものなので、各メーカーや製品によってバラバラです。宣伝文句だと思ってください。
無糖
無糖とは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合には無糖と表示できるということです。