グラニュー糖は世界で一番使われている砂糖です。

グラニュー糖とは

さらさらした小さな結晶が特徴のグラニュー糖

 

 

グラニュー糖とは、細かい粒状に結晶させた精製糖で、「ザラメ糖」の仲間の中では結晶は小さくサラサラしたお砂糖です。日本ではお砂糖と言えば上白糖ですが、世界的にはグラニュー糖が一般的なお砂糖になります。

 

 

世界では一般的な砂糖なのに、なぜ日本では普通の砂糖(上白糖)よりも値段が高いことが多いのか?答えは、生産量の問題です。同じものを沢山作ると値段が安くなるという理屈がしっかり当てはまっています。

 

さらに、販売する側から見ると、グラニュー糖を特売するよりも、普通の砂糖(上白糖)を特売したほうが、「より多くの売り上げが期待できる。」「生活必需品を安く売っている。というインパクトが大きい。」などの理由からグラニュー糖ではなく、上白糖を特売品に選ぶ傾向が強いのです。

グラニュー糖の特長

グラニュー糖の結晶は無色透明で光沢があり、精製度が高くほぼ純粋なショ糖の結晶です。結晶の色は透明ですが、光の乱反射によって白く見えます。雪が白いのと同じ理屈で、漂白したり、白く色を付けているわけではありません。氷砂糖はなんとなく透明の所がありますが、こちらのほうが本来の砂糖の結晶に近い色です。

 

ショ糖・・・スクロースとも言われています。砂糖の主成分で、「ブドウ糖」と「果糖」が結合した二糖類です。

 

 

日本の家庭で一般的に見られる上白糖に比べてクセがなく、淡白な甘さで素材の味を邪魔せずに引き立ててくれます。(上白糖には転化糖が入っているため微妙に味が変わります。)この味が変わらないという特長を生かしてコーヒーや紅茶に使われることが多いですが、料理やお菓子作りにも使われています。

 

グラニュー糖は、ほぼショ糖の結晶でサラサラしている為、お菓子などの業務用の砂糖として使われることが多く、さらに、いろいろな砂糖に加工されます。グラニュー糖をさらに細かく砕くと「粉砂糖」になり、固めると「角砂糖」になります。多孔質(小さな穴が沢山あいている)の顆粒状に加工すると「フロストシュガー」になります。

 

 

てん菜から作ったグラニュー糖

てん菜(ビート)100%のグラニュー糖

 

 

てん菜(ビート)とサトウキビをブレンドしたグラニュー糖

 

 

てん菜から作られたグラニュー糖を「特別視」して、普通のメーカーの作ったグラニュー糖を一段低く見ている方がいらっしゃいますが、本当でしょうか?

 

実は、てん菜から作ったグラニュー糖も、サトウキビから作ったグラニュー糖も共に「ショ糖C12H22O11」が99.9%で全く同じものです。(5訂食品成分表より)

 

ちょうど
岩塩を砕いただけの塩と、海水を煮詰めただけの塩は、ミネラル分が違うとして別の塩として売られていますが、岩塩から「塩化ナトリウムNaCl」だけを取り出した食塩と、海水から「塩化ナトリウムNaCl」だけを取り出した食塩は同じ「塩化ナトリウムNaCl」ですよね。これと同じです。

 

さらに、普通に売られている砂糖は、てん菜から作られた砂糖と、サトウキビから作られた砂糖のブレンドです。

 

さらに、さらに、日本で生産されているてん菜から作った砂糖の量は、サトウキビから作られた砂糖の量よりも多いのです。

 

てん菜から作ったグラニュー糖を「特別視」するのは個人の自由ですが、間違った情報が時々あるので注意したいものです。

 

「てん菜から作られた砂糖にはオリゴ糖が入っている。」という方もいらっしゃいますが、「オリゴ糖入りのてん菜糖には必ずオリゴ糖と記載されています。」パッケージをしっかり確認して購入を決めてください。ちなみにスズラン印の「ビートグラニュー糖には「オリゴ糖」は含まれていません。

 

 

こちらの「ホクレン てんさい糖」にはオリゴ糖が約5%含まれています。

グラニュー糖のカロリーとミネラル分

 

 

グラニュー糖のカロリーは100グラムあたり387kcalです。黒砂糖に含まれているようなミネラル分は期待しないでください。
(1gあたり約4kalと覚えたほうが実生活には役立つと思います。)
(上白糖のカロリーは100gあたり384kcal) 5訂食品成分表より

 

ちなみに、角砂糖はショ糖の割合が99.9%位(一般的なもの)
     上白糖はショ糖の割合が97.8%位
     三温糖はショ糖の割合が96.4%位
     白ザラ糖はショ糖の割合が99.9%位
     グラニュー糖はショ糖の割合が99.9%位 (グラニュー糖が純度の高い砂糖なのが分かります。)
     粉砂糖はショ糖の割合が98.3%位 
     黒砂糖(黒糖)はショ糖の割合が80%位です。

 

個人的には、砂糖は「甘み」を付ける調味料であり、そこからミネラル分を取る必要は無いと思っていて、ビタミンやミネラル分は食品から取るものだと考えています。

 

 

ちょっと変わった砂糖

関連ページ

角砂糖
角砂糖とは、グラニュー糖を四角に固めたもので立方体が普通ですが、最近ではグラニュー糖以外の砂糖を使ったものや、ハート型など様々な形に成型したものも沢山出回っています。
顆粒状糖(フロストシュガー)
顆粒状糖(フロストシュガー)とは多孔質の顆粒状をしている砂糖で、固まりにくく、水に溶けやすくしたものです。
黒砂糖(黒糖)
黒砂糖(黒糖)とは、サトウキビの絞り汁を加熱して水分を蒸発させて作る砂糖で、普通の砂糖と比べてミネラル分が豊富なのが特長です。
氷砂糖
氷砂糖とは、純度の高いショ糖の大きな結晶が特徴です。梅酒に使ったり、そのままキャンディーのように舐めます。
粉砂糖(粉糖)
粉砂糖(粉糖)とは、パウダーシュガーとも言われ、グラニュー糖を細かく粉にしたものです。スイーツの上に雪のように振りかけて美味しさを演出してくれます。
三温糖
三温糖とは、上白糖と同じように、しっとりとした感じの砂糖です。どこのお店に行っても上白糖の次に沢山置いてあり、おなじみの砂糖です
上白糖(白砂糖)
上白糖とは、日本で最も多く使われているお砂糖で、しっとりとしていて使いやすく触ると常温でも手にベトベト付いてきます。メーカーによっては「白砂糖」として売られています。
白ザラ糖
白ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたものです。粒の目が粗く、サラサラとしていて無色透明で氷砂糖よりも小さいですが、目ではっきりわかる大きさで、直方体をしています。
中ザラ糖
中ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたもので、色は薄茶色ですが、分蜜糖に分類されます。色が薄茶色なのは、表面にカラメルを吹き付けているか、カラメルを混入しているためです。
メープルシロップ
メープルシロップとは、砂糖楓(さとうかえで)の樹液を煮詰めたもので、カナダのケベック州産が有名です。独特な風味で人気があり、お菓子の原料や、ホットケーキにかけたりしてして楽しみます。
和三盆(わさんぼん)
和三盆とは、四国の香川県や徳島県などで、日本独自の製法で作られている淡黄色の高級砂糖です。和三盆特有のキメの細かさと上品な味わいを、ぜひ体験してください。