上白糖は日本で一番使われている砂糖です。

上白糖とは

サラサラしているグラニュー糖に対して、上白糖はしっとりしています。

 

 

上白糖とは、主成分がショ糖で、水分と転化糖がわずかに混ざっているので、しっとりとしていて使いやすく、触ると常温でも手にベトベト付いてきます。いわいる普通の白い砂糖で、家庭用としては日本で一番使われています。

 

ショ糖・・・ブドウ糖と果糖が結合したもので、二糖類に分類されます。
転化糖・・・ブドウ糖と果糖が混ざったもので、ショ糖よりも甘い。

上白糖の特長

 

 

 

上白糖の特長は、「日本人の甘さの基準である。」これに尽きると思います。「他の種類の砂糖」、「ハチミツ」、「デンプンから作った糖」など、どんな甘いものを評価するにしても「上白糖(普通の砂糖)と比べて・・・」となります。

 

上白糖の味のは、グラニュー糖と比べてやや濃厚になっていることです。これは、上白糖が「ショ糖」+「転化糖」の甘みになっているのに対して、グラニュー糖は「ショ糖」のみの甘みです。

 

さらに、こちらもお店でよく見かける茶色い砂糖の三温糖は、「ショ糖」+「転化糖」+「カラメル」の甘みになっています。

 

上白糖、グラニュー糖、三温糖という3種類の砂糖の濃厚さは、三温糖>上白糖>グラニュー糖でグラニュー糖が一番あっさりしています。

 

砂糖の代名詞のようになっている万能型の上白糖ですが、コーヒーや紅茶など素材の風味を楽しむ場合は、ただ甘いだけでクセのないグラニュー糖のほうが適しています。さらに、煮物や佃煮などは、濃厚な味のする三温糖のほうが適しています。

 

 

カラメル・・・天然着色料。独特の苦味がある。砂糖を熱してつくる。ただし、最近は違う作り方が主流のようです。
ショ糖・・・ブドウ糖と果糖が結合したもので、二糖類に分類されます。
転化糖・・・ブドウ糖と果糖が混ざったもので、ショ糖よりも甘い。
デンプンから作った糖・・・ジュースなどの中に入っている「果糖ブドウ糖液糖」やご飯をずっと噛み続けていると甘くなる(麦芽糖ができる)現象がイメージしやすいと思います。

 

 

上白糖と白砂糖

お店に砂糖を買いにいくと、「上白糖」が無く、代わりに「白砂糖」だけが置いてあるときもあります。これは、メーカーによっては上白糖と呼ばずに白砂糖と呼んでいるだけで、中身は上白糖です。食品標準成分表では上白糖と記載されています。

 

ところが、この二つの呼び方があることは意外に問題で、お父さんは上白糖と白砂糖は違うものだと認識してしまい、「上白糖を買ってきて。」と言われてスーパーに来たけれど、白砂糖しか無くて困ってしまった。こんな経験を持っている方もいらっしゃると思います。

 

 

 

蛇足・・・上白糖は、白砂糖とも言われるように白色をしていますが、これは砂糖の結晶が光を乱反射しているので白く見えるだけで、雪が白く見えるのと同じ理屈です。漂白したり、色を付けているわけではなく、砂糖の結晶は透明です。

上白糖の保存方法と賞味期限

上白糖の保存は、冷暗所で密封して保存し、開封後はなるべく早く使い切ったほうが無難です。理由はいつどこで虫の攻撃にあったり、水やホコリにさらされるか分からないためで、地域やお好みにもよりますが、「絶対に虫だけは近づけたくない。」というならば、砂糖を冷蔵庫に保存する方法もあります。ただし、固まりやすいので推奨はされていません。「多少のリスクは承知で、虫だけは許さない。」という方専用の保存方法です。

 

 

砂糖は時間がたっても腐ったり、変質したりすることはありません。砂糖には黒砂糖も含めて「賞味期限はありません。」モノによっては砂糖のパッケージに賞味期限の記載がありますが、いつまでも放置されないように、親切で記載してくれているものだと思ってください。

 

 

 

上白糖の原材料はサトウキビとてん菜

てん菜(ビート)を原料にした上白糖やグラニュー糖も、さとうきびを原料にした上白糖やグラニュー糖も主成分はショ糖で同じものです。「てん菜を原料とした砂糖にはオリゴ糖が入っていて体に良い。」と思っている方もいらっしゃるとおもいますが、普通はオリゴ糖は入っていないと思ったほうが無難です。オリゴ糖が入っているお砂糖にはしっかりオリゴ糖入りと書いてあります。(てん菜の中にはオリゴ糖が含まれています。それを残すのか、残さないのかの違いです。)

 

 

オリゴ糖の入った砂糖はこちら。オリゴ糖入りの砂糖には必ず「オリゴ糖」と記載されています。

上白糖のカロリーとミネラル分

上白糖は、主成分のショ糖(約97.8%)に、水分と転化糖を約1%づつ混ぜてあり、一方グラニュー糖はショ糖が99.9%です。この僅かな違いによってグラニュー糖があっさりした甘みなのに対して、上白糖は濃厚な甘味になっています。

 

ちなみに、上白糖はショ糖の割合が97.8%位
     三温糖はショ糖の割合が96.4%位
     グラニュー糖はショ糖の割合が99.9%位
     黒砂糖(黒糖)はショ糖の割合が80%位です。

 

 

上白糖のカロリーですが、100gあたり384kcalです。黒砂糖に含まれているようなミネラル分は期待しないでください。
実生活では、1gあたり4kcalのほうが使えると思います。
 参考、グラニュー糖は100gあたり387kcal
    三温糖は100gあたり382kcal
    黒砂糖は100gあたり354kcal (5訂食品成分表より)

 

 

 

 

ショ糖・・・砂糖の主成分で、ブドウ糖と果糖が結合したもので、二糖類。
 ブドウ糖(グルコース)・・・ハチミツや果物に含まれている単糖類。脳のエネルギー源です。
 果糖(フルクトース)・・・ハチミツや果物に含まれる単糖類。ブドウ糖より甘い。
 単糖類・・・これ以上加水分解されない最小の単位。
 二糖類・・・単糖類が二つ結合したもの。
 ザラメ糖・・・車糖に比べ水分が少なく、結晶が大きい精製糖。ハードシュガーとも言います。
 車糖・・・水分がやや多く結晶の大きさが小さい精製糖。ソフトシュガー。上白糖や三温糖など
 転化糖・・・ショ糖を加水分解してブドウ糖と果糖が混ざったものにした甘味料。ショ糖より甘い。

ちょっと変わった上白糖

上白糖の美味しさはそのままで使用量は半分の砂糖。秘密は甘味料を使っているから。使っている甘味料は、アセスルファムKとステビアですが、どちらもあちこちで使われている有名な甘味料です。甘味料に抵抗の無い方御用達の砂糖かな。(これを上白糖と呼んで良いのかは??)

 

 

関連ページ

角砂糖
角砂糖とは、グラニュー糖を四角に固めたもので立方体が普通ですが、最近ではグラニュー糖以外の砂糖を使ったものや、ハート型など様々な形に成型したものも沢山出回っています。
顆粒状糖(フロストシュガー)
顆粒状糖(フロストシュガー)とは多孔質の顆粒状をしている砂糖で、固まりにくく、水に溶けやすくしたものです。
グラニュー糖
グラニュー糖とは、細かい粒状に結晶させた精製糖で、「ザラメ糖」の仲間の中では結晶が小さくサラサラしたお砂糖です。
黒砂糖(黒糖)
黒砂糖(黒糖)とは、サトウキビの絞り汁を加熱して水分を蒸発させて作る砂糖で、普通の砂糖と比べてミネラル分が豊富なのが特長です。
氷砂糖
氷砂糖とは、純度の高いショ糖の大きな結晶が特徴です。梅酒に使ったり、そのままキャンディーのように舐めます。
粉砂糖(粉糖)
粉砂糖(粉糖)とは、パウダーシュガーとも言われ、グラニュー糖を細かく粉にしたものです。スイーツの上に雪のように振りかけて美味しさを演出してくれます。
三温糖
三温糖とは、上白糖と同じように、しっとりとした感じの砂糖です。どこのお店に行っても上白糖の次に沢山置いてあり、おなじみの砂糖です
白ザラ糖
白ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたものです。粒の目が粗く、サラサラとしていて無色透明で氷砂糖よりも小さいですが、目ではっきりわかる大きさで、直方体をしています。
中ザラ糖
中ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたもので、色は薄茶色ですが、分蜜糖に分類されます。色が薄茶色なのは、表面にカラメルを吹き付けているか、カラメルを混入しているためです。
メープルシロップ
メープルシロップとは、砂糖楓(さとうかえで)の樹液を煮詰めたもので、カナダのケベック州産が有名です。独特な風味で人気があり、お菓子の原料や、ホットケーキにかけたりしてして楽しみます。
和三盆(わさんぼん)
和三盆とは、四国の香川県や徳島県などで、日本独自の製法で作られている淡黄色の高級砂糖です。和三盆特有のキメの細かさと上品な味わいを、ぜひ体験してください。