角砂糖の一般的なものは、グラニュー糖を四角く固めたものです。

角砂糖とは

 

 

角砂糖は、グラニュー糖を四角に固めたもので立方体のものが普通ですが、最近ではグラニュー糖以外の砂糖を使ったものや、ハート型など様々な形に成型したものも沢山出回っています。

角砂糖の特長

 

 

一般的な角砂糖の味は、グラニュー糖を原料としているので淡白な甘みが特徴です。(上白糖のほうが少し甘味が強くコクがある)砂糖の精製度が高く臭みが無いため、コーヒーや紅茶など香りを楽しむ飲料に使われます。

 

さらに、1個の重量が決まっているので、お砂糖の重さをしっかり量りたい料理や、お菓子作りにも重宝します。

 

一番の特長は、角砂糖は四角形が一般的ですが、いろいろな形の角砂糖を作ることが出来るので、ただ単に甘み付けだけでなく、視覚的にも楽しませてくれる物があるということだと思います。

 

お客様にお出しするコーヒーや紅茶の横に個性的な形をした角砂糖を添えれば、話題づくりにもなるし、一層和んだ雰囲気になると思います。

 

 

 

 


カップオンシュガーは大袋や他の形もあります。

 

 

カップオンシュガーを扱っているコーヒー屋さん

 

 

カップオンシュガーを扱っている紅茶屋さん

ホワイト以外の角砂糖

 

 

「角砂糖は白でなくてはならない。」なんていう決まりはありません。黒砂糖や茶色い砂糖でコーヒーや紅茶を楽しむのも雰囲気が変わって良いかも?

 

ブラウンの角砂糖は、白い角砂糖と違ってただ単に甘くするでけでなく、その砂糖独自の風味を付けてくれるのがお楽しみです。

 

 

 

 

 

 

角砂糖はご家庭でも作ることができます。

 

 

角砂糖は家庭でも作ることが出来ます。

 

1・グラニュー糖が溶けないように注意して、少量の水を混ぜて、ぎゅっと握ったときにお団子になる位にする。(どうせ作るのだから着色して可愛くしましょう。))

 

2・お好みの型で抜く(力をこめて、砂糖をしっかり密着させましょう。)

 

3・乾燥させて終了

 

子供達と作ると楽しくできそうですね。

 

 

 

 

 

角砂糖とギフト

 

 

角砂糖はギフトなどにも重宝します。おしゃれで比較的安価な物もあり、これをもらっていやがる方はめったにいないと思います。種類が豊富で夢がいっぱい詰まっているので、楽しんでください。

 

画像が小さくてごめんなさい。いろいろな形があって楽しいですよ。

 

 

 

 

 

角砂糖のカロリーとミネラル分

角砂糖のカロリーは、グラニュー糖を使った一般的なもので、100グラムあたり387kcalです。黒砂糖に含まれているようなミネラル分は期待しないでください。
  (1gあたり約4kalと覚えたほうが実生活には役立つと思います。)
  (上白糖のカロリーは100gあたり384kcal) 7訂食品成分表より

 

 

ちなみに、角砂糖はショ糖の割合が99.9%(一般的なもの)
     上白糖はショ糖の割合が97.8%
     三温糖はショ糖の割合が96.4%
     白ザラ糖はショ糖の割合が99.9%
     グラニュー糖はショ糖の割合が99.9%
     粉砂糖はショ糖の割合が98.3%
     黒砂糖(黒糖)はショ糖の割合が80%です。

 

黒砂糖以外の砂糖は、ショ糖が主成分なので、ミネラル分の入り込む隙間はありません。個人的な意見ですが、砂糖は甘みを付ける以外は期待しないで、食品から摂取するようにしたほうが合理的だと思っています。

 

 ショ糖・・・砂糖の主成分で、ブドウ糖と果糖が結合したもので、二糖類。
 ブドウ糖(グルコース)・・・ハチミツや果物に含まれている単糖類。脳のエネルギー源です。
 果糖(フルクトース)・・・ハチミツや果物に含まれる単糖類。ブドウ糖より甘い。
 単糖類・・・これ以上加水分解されない最小の単位。
 二糖類・・・単糖類が二つ結合したもの。

 

 

角砂糖と氷砂糖の違い

角砂糖も氷砂糖も同じように塊なのに、角砂糖は簡単に溶けて、氷砂糖はなかなか溶けません。この違いは?

 

角砂糖は、小さな砂糖の結晶が集まった物なので、コーヒーなどの水分に触れると、それぞれの結晶が勝手に溶けていくので、簡単に溶けてしまいます。

 

一方、氷砂糖は、一つの大きな結晶なので、水分に触れた部分だけ溶けていきます。従って、中のほうは溶けません。

 

この違いで角砂糖は簡単に溶けるのに、氷砂糖は、なかなか溶けないという違いが出てきます。

 

 

関連ページ

顆粒状糖(フロストシュガー)
顆粒状糖(フロストシュガー)とは多孔質の顆粒状をしている砂糖で、固まりにくく、水に溶けやすくしたものです。
グラニュー糖
グラニュー糖とは、細かい粒状に結晶させた精製糖で、「ザラメ糖」の仲間の中では結晶が小さくサラサラしたお砂糖です。
黒砂糖(黒糖)
黒砂糖(黒糖)とは、サトウキビの絞り汁を加熱して水分を蒸発させて作る砂糖で、普通の砂糖と比べてミネラル分が豊富なのが特長です。
氷砂糖
氷砂糖とは、純度の高いショ糖の大きな結晶が特徴です。梅酒に使ったり、そのままキャンディーのように舐めます。
粉砂糖(粉糖)
粉砂糖(粉糖)とは、パウダーシュガーとも言われ、グラニュー糖を細かく粉にしたものです。スイーツの上に雪のように振りかけて美味しさを演出してくれます。
三温糖
三温糖とは、上白糖と同じように、しっとりとした感じの砂糖です。どこのお店に行っても上白糖の次に沢山置いてあり、おなじみの砂糖です
上白糖(白砂糖)
上白糖とは、日本で最も多く使われているお砂糖で、しっとりとしていて使いやすく触ると常温でも手にベトベト付いてきます。メーカーによっては「白砂糖」として売られています。
白ザラ糖
白ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたものです。粒の目が粗く、サラサラとしていて無色透明で氷砂糖よりも小さいですが、目ではっきりわかる大きさで、直方体をしています。
中ザラ糖
中ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたもので、色は薄茶色ですが、分蜜糖に分類されます。色が薄茶色なのは、表面にカラメルを吹き付けているか、カラメルを混入しているためです。
メープルシロップ
メープルシロップとは、砂糖楓(さとうかえで)の樹液を煮詰めたもので、カナダのケベック州産が有名です。独特な風味で人気があり、お菓子の原料や、ホットケーキにかけたりしてして楽しみます。
和三盆(わさんぼん)
和三盆とは、四国の香川県や徳島県などで、日本独自の製法で作られている淡黄色の高級砂糖です。和三盆特有のキメの細かさと上品な味わいを、ぜひ体験してください。