顆粒状糖(フロストシュガー)は溶けやすい砂糖です。

顆粒状糖(フロストシュガー)とは

 

 

顆粒状糖(フロストシュガー)とは多孔質の顆粒状をしている砂糖で、固まりにくく、水に溶けやすくしたものです。

 

多孔質・・・小さな気孔がひじょうに沢山あること。
顆粒(かりゅう)・・・粉末よりも粒の大きさを大きくしたもの。かぜ薬などでよく見かけます。
フロスト(FROST)・・・霜(しも)
フロストシュガー・・・霜のように水にすぐ溶ける砂糖。

 

「顆粒状糖」という単語はあまり聞きなじみが少ないかもしれませんが、7訂食品成分表の粉糖(ふんとう)の備考欄に「か(顆)粒糖」として記載されているものです。

顆粒状糖(フロストシュガー)の特長

 

 

ヨーグルトや果物など、コーヒーなどと比べて水分の少ない物を甘くしたいとき、普通の砂糖ではなかなか溶けないので困ってしまいます。そんな時に威力を発揮するのが「顆粒状糖(フロストシュガー)」です。

 

 

顆粒状糖(フロストシュガー)の特長

 

1・・・溶けやすい。

 

ヨーグルトや果物など比較的水分の少ない物や、冷たい水などにもよく溶けて、溶けずに残った砂糖が「玉」になりません。

 

原因は、多孔質(小さな穴が沢山あいている)なので、砂糖の粒の中に沢山の空気を含んでいて、その中に水分が侵入するので簡単に溶けるためです。

 

 

2・・・泡立ちやすい。

 

多孔質(小さな穴が沢山あいている)の中に入っている空気が、クリームをホイップするときの手伝いをしてくれます。

 

 

3・・・香りを溜める。

 

果物にかけた時、多孔質(小さな穴が沢山あいている)の中に香りを溜めてくれるので、香りが引き立ちます。

 

 

 

 

 

 

顆粒状糖(フロストシュガー)の味

 

 

顆粒状糖(フロストシュガー)の原材料はグラニュー糖なので、純度が高く淡白な味が特長で、素材に甘さだけを付けてくれる砂糖です。

 

素材を純粋に甘くすることができるので、デリケートな物にも安心して使うことができます。

 

ちなみに、上白糖を混ぜると微妙に味が変わります。原因は、上白糖に含まれている転化糖です。

 

 

 

顆粒状糖(フロストシュガー)は、以前はプレーンヨーグルトの中に小袋で入っていたんですが、最近は入っていなくなったので、どんな砂糖なのか?お試しができなくなってしまいました。ちょっと残念です。

 

顆粒状糖(フロストシュガー)の食感は、「モソモソ」してお世辞にも美味しいものではありません。もともと、そのまま食べて楽しむ砂糖ではないので何の問題も無いのですが、ヨーグルトや果物に混ぜて大活躍する姿からは想像できない、「役立たず」ぶりです。食べ物と食感の関係性の実験としては、興味深い物があります。

 

 

蛇足・・・顆粒状糖(フロストシュガー)の原材料を粉砂糖としているところもありますが、粉砂糖の原材料もグラニュー糖なので同じことです。日新製糖さんでは原材料はグラニュー糖を採用しています。

 

 

 

 

 

顆粒状糖(フロストシュガー)の注意する点

 

 

顆粒状糖(フロストシュガー)は、多孔質(小さな穴が沢山あいている)な為に、顆粒状になっています。

 

結果、カザが大きくなってしまい、普段と同じスプーンで同じように使うと味が薄くなってしまいます。(同じ重量で使ってくれれば味は同じです。)

顆粒状糖(フロストシュガー)のカロリーとミネラル分

 

 

日新製糖フロストシュガーのパッケージには、顆粒状糖(フロストシュガー)のカロリーは、100g当たり400kcalと記載されています。

 

ところが、原材料のグラニュー糖は7訂食品成分表によると100g当たり387kcalです。顆粒状糖(フロストシュガー)はグラニュー糖をを改造しただけの砂糖なのでカロリーが増える訳はありません。

 

この違いは、「分かり易くするため」です。100g当たり387kcalよりも、100g当たり400kcalのほうが実生活には役に立つのでこちらを採用したのでしょう。

 

 

顆粒状糖(フロストシュガー)のミネラル分ですが、こちらは期待しないでください。

 

原材料のグラニュー糖は、その成分の99.9%はショ糖です。(5訂食品成分表より)ミネラル分の入り込む余地はありません。その分、素材に余分な味を付けずに甘さだけを付けてくれるのです。

 

砂糖からミネラル分を摂ろうとしないで、食品から摂るべきでしょう。

 

 

シスコーン コーンフレスト フロストとは

 

 

「シスコーン コーンフレーク フロスト」これはよくお店で見かけますよね。

 

意味は
 シスコーン・・日清シスコ株式会社のこと
 コーンフレーク・・トウモロコシをつぶして、薄く焼き上げたもの
 フロスト・・砂糖をfrost(霜)のようにかけたもの

 

フロストが付いていて甘いお菓子なので、何となく関係があるように思えますが全然別物です。

 

 

 

顆粒状糖(フロストシュガー)はこんなところでも使われています。

 

 

原材料はグラニュー糖となっていますが、日新製糖公式通販ページには、

 

・お砂糖(フロストシュガー)とガム質を主体に作った粉末状のシュガークラフト用原料です。
・水を加えて練り込むだけで簡単にシュガーペーストを作ることができます。
・シュガークラフト愛好家の方々に、長年ご愛顧いただいている人気定番商品です。

 

このように説明されています。これは、一番元になる原材料がグラニュー糖で、それを加工してシュガークラフト用のお砂糖にしているためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

角砂糖
角砂糖とは、グラニュー糖を四角に固めたもので立方体が普通ですが、最近ではグラニュー糖以外の砂糖を使ったものや、ハート型など様々な形に成型したものも沢山出回っています。
グラニュー糖
グラニュー糖とは、細かい粒状に結晶させた精製糖で、「ザラメ糖」の仲間の中では結晶が小さくサラサラしたお砂糖です。
黒砂糖(黒糖)
黒砂糖(黒糖)とは、サトウキビの絞り汁を加熱して水分を蒸発させて作る砂糖で、普通の砂糖と比べてミネラル分が豊富なのが特長です。
氷砂糖
氷砂糖とは、純度の高いショ糖の大きな結晶が特徴です。梅酒に使ったり、そのままキャンディーのように舐めます。
粉砂糖(粉糖)
粉砂糖(粉糖)とは、パウダーシュガーとも言われ、グラニュー糖を細かく粉にしたものです。スイーツの上に雪のように振りかけて美味しさを演出してくれます。
三温糖
三温糖とは、上白糖と同じように、しっとりとした感じの砂糖です。どこのお店に行っても上白糖の次に沢山置いてあり、おなじみの砂糖です
上白糖(白砂糖)
上白糖とは、日本で最も多く使われているお砂糖で、しっとりとしていて使いやすく触ると常温でも手にベトベト付いてきます。メーカーによっては「白砂糖」として売られています。
白ザラ糖
白ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたものです。粒の目が粗く、サラサラとしていて無色透明で氷砂糖よりも小さいですが、目ではっきりわかる大きさで、直方体をしています。
中ザラ糖
中ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたもので、色は薄茶色ですが、分蜜糖に分類されます。色が薄茶色なのは、表面にカラメルを吹き付けているか、カラメルを混入しているためです。
メープルシロップ
メープルシロップとは、砂糖楓(さとうかえで)の樹液を煮詰めたもので、カナダのケベック州産が有名です。独特な風味で人気があり、お菓子の原料や、ホットケーキにかけたりしてして楽しみます。
和三盆(わさんぼん)
和三盆とは、四国の香川県や徳島県などで、日本独自の製法で作られている淡黄色の高級砂糖です。和三盆特有のキメの細かさと上品な味わいを、ぜひ体験してください。