粉砂糖(粉糖)は、洋菓子づくりには欠かせません。

粉砂糖(粉糖)とは

 

粉砂糖(粉糖)とは、パウダーシュガーとも言われ、グラニュー糖をすり潰して粉にしたものです。原料はグラニュー糖なので雑味が無くお菓子作りに使います。粉砂糖(粉糖)は固まりやすいので、それを防ぐためにコーンスターチを添加したものもあります。

粉砂糖(粉糖)の特長

 

粉砂糖(粉糖)の特長

 

粉砂糖(粉糖)はグラニュー糖を細かく砕いたものなので、ケーキやドーナッツなどの生地にスムーズに馴染んでいきます。さらに、ケーキやシュークリームのトッピングに使用すると、見た目がゴージャスになり美味しさに磨きがかかります。

 

ただ残念なことに、粉砂糖(粉糖)は湿気や気温、時間などが原因ですぐに固まってしまいます。固まりにくくするためにコーンスターチを混ぜたものも市販されていますが、舐めてみるとコーンスターチの分だけ味が落ちるし、水分を取り込みにくいためなのか、砂糖が口の中で自然に溶けるスムーズさは失われます。

 

コーンスターチ入りの粉砂糖(粉糖)は、味の点ではグラニュー糖100%に負けますが、「固まりにくい。」という使いやすさが好評で、お店ではコーンスターチ入りの粉砂糖(粉糖)を中心に売られています。

 

 

 

粉砂糖メーカー「コ倉」独自の上掛け用粉糖「泣かない粉糖」。
パティシエの要望から生まれた、水分に強いコーティング加工を施した粉糖。
今まで粉糖の使用が困難だったゼリーやスイーツのデコレーションにも使用可能で、パティシエや食品メーカーのイマジネーションを変えたと言われているシリーズです。
   徳倉のホームページより引用

 

 

こわけや・・・いろいろな食品素材を販売しているので夢があります。手作り派の方は一度覗いてください。

粉砂糖(粉糖)の種類

 

 

粉砂糖には大きく分けて「グラニュー糖をすり潰しただけの粉砂糖」と「グラニュー糖に少量のコーンスターチを混ぜた粉砂糖」の二つの種類があります。

 

1・・・グラニュー糖をすり潰しただけの粉砂糖

 

ケーキなどのデコレーションや生クリーム、チョコレート、ケーキ生地などの練り込みに使うとスムーズになじんでいきます。グラニュー糖100%なので素材を純粋に甘くしてくれて、余分な味が付くことはありません。

 

欠点としては、デコレーション用としては、水分を吸って透明になってしまうまでの時間が早いのと、固まり易い性質があることです。

 

 

 

 

2・・・グラニュー糖に少量のコーンスターチを混ぜたもの

 

粉砂糖は固まり易いという性質があるので、ベースになるグラニュー糖に少量のコーンスターチを混ぜて固まりにくくしています。さらに、表面をコーティングして水分に強くしたものもあります。

 

コーンスターチを混ぜた粉砂糖は、舐めてみると「粉っぽい」味がして、「水に溶けないぞ。」という主張が感じられます。

 

お店では、コーンスターチ入りの粉砂糖が主流で、グラニュー糖のみの粉砂糖は売っていないお店もあります。たぶん使い易さを考えての品ぞろえでしょう。

 

 

コーンスターチ・・・とうもろこしのでんぷんのことで、無味、無臭で白い粉末です。ビールなどにも使われます。

 

 

どちらの粉砂糖(粉糖)もデコレーション用ならあまり気になりませんが、粉砂糖は「値段が高い。」という欠点もあります。

 

 

こちらはコーンスターチを混ぜて固まりにくくした粉砂糖(粉糖)

 

 

こちらはグラニュー糖を粉砕しただけの粉砂糖(粉糖)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粉砂糖(粉糖)のカロリーとミネラル分

粉砂糖(粉糖)のカロリーは100グラムあたり386kcalですが、実生活では、1グラムあたり4kcalのほうが使えるでしょう。

 

粉砂糖は、ベースがショ糖99.9%のグラニュー糖なので甘さの質は上品ですが、黒砂糖に含まれているようなミネラル分は期待しないでください。

変わった粉砂糖(粉糖)

白ベースのスイーツに使うといろいろアイデアが生まれ、夢が広がります。

 

 

 

粉砂糖を使った砂糖ではありませんが

 

 

 

関連ページ

角砂糖
角砂糖とは、グラニュー糖を四角に固めたもので立方体が普通ですが、最近ではグラニュー糖以外の砂糖を使ったものや、ハート型など様々な形に成型したものも沢山出回っています。
顆粒状糖(フロストシュガー)
顆粒状糖(フロストシュガー)とは多孔質の顆粒状をしている砂糖で、固まりにくく、水に溶けやすくしたものです。
グラニュー糖
グラニュー糖とは、細かい粒状に結晶させた精製糖で、「ザラメ糖」の仲間の中では結晶が小さくサラサラしたお砂糖です。
黒砂糖(黒糖)
黒砂糖(黒糖)とは、サトウキビの絞り汁を加熱して水分を蒸発させて作る砂糖で、普通の砂糖と比べてミネラル分が豊富なのが特長です。
氷砂糖
氷砂糖とは、純度の高いショ糖の大きな結晶が特徴です。梅酒に使ったり、そのままキャンディーのように舐めます。
三温糖
三温糖とは、上白糖と同じように、しっとりとした感じの砂糖です。どこのお店に行っても上白糖の次に沢山置いてあり、おなじみの砂糖です
上白糖(白砂糖)
上白糖とは、日本で最も多く使われているお砂糖で、しっとりとしていて使いやすく触ると常温でも手にベトベト付いてきます。メーカーによっては「白砂糖」として売られています。
白ザラ糖
白ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたものです。粒の目が粗く、サラサラとしていて無色透明で氷砂糖よりも小さいですが、目ではっきりわかる大きさで、直方体をしています。
中ザラ糖
中ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたもので、色は薄茶色ですが、分蜜糖に分類されます。色が薄茶色なのは、表面にカラメルを吹き付けているか、カラメルを混入しているためです。
メープルシロップ
メープルシロップとは、砂糖楓(さとうかえで)の樹液を煮詰めたもので、カナダのケベック州産が有名です。独特な風味で人気があり、お菓子の原料や、ホットケーキにかけたりしてして楽しみます。
和三盆(わさんぼん)
和三盆とは、四国の香川県や徳島県などで、日本独自の製法で作られている淡黄色の高級砂糖です。和三盆特有のキメの細かさと上品な味わいを、ぜひ体験してください。