黒砂糖(黒糖)の特長は、豊富なミネラル分が含まれていることです。

黒砂糖(黒糖)とは


沖縄県粟国島(あぐにじま)産の黒砂糖。味の特長は「マイルド」これに尽きます。

 

 

黒砂糖とは

 

黒砂糖(黒糖)とは、サトウキビの絞り汁を加熱して水分を蒸発させて作る砂糖です。

黒砂糖の特長


沖縄県西表島(いりおもて)産の黒砂糖。味の特長は、他の島に無い独特な味がして、比較的早く溶けます。人気が高く、売り切れが多い黒砂糖です。

 

 

黒砂糖の特長

 

黒砂糖は、砂糖の分類としては「含蜜糖」にあたり、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラル分が含まれています。

 

このミネラル分により、渋みやしょっぱさ、苦味などが甘みと共に感じられ、独特な味わいを楽しむことができます。但し、この独特な風味によって、使うことができる料理やお菓子が限られてしまいます。

 

黒砂糖は、蜜分が多いので固まり易い性質があり、粉末状で販売されるより、適当な塊で販売されることのほうが多いです。塊のまま口に入れて飴のように楽しむにはこのほうが都合が良いかな。

 

黒砂糖の味も産地によってだいぶ違うので、是非食べ比べをやっていただきたいと思います。「黒砂糖は産地によって味が全然違う。」ということを実感してください。

 

 

 

含蜜糖・・・原料から搾り取った搾り汁を煮詰めて作った砂糖で、メープルシロップも含蜜糖です。

 


沖縄特産品がいっぱいのお店です。ぜひ一度覗いてみてください。

黒砂糖の使い方


沖縄県波照間島(はてるま)産の黒砂糖。味の特長は、雑味臭はすごいのに、甘みが前面に出て雑味は少ない。というギャップが魅力です。

 

 

黒砂糖の使い方

 

黒砂糖は、独特の風味によって、どうしても使われる範囲が限られてしまいます。逆に、「この料理に黒砂糖を使ったら全然違う料理になって目から鱗が落ちた。」などという可能性を秘めている砂糖だとも言えます。料理研究家の方は、狙い目です?

 

 

基本的な黒砂糖を使った物としては、

 

かりんとう・黒糖蒸しパン・黒ういろう・ちんすうこう、などの代表的なお菓子やスイーツはありますが、料理のほうは、各自お好みで使われている感じです。料理にコクを出したい時にぜひ使ってもらって、独自の味を楽しんでもらいたいと思います。

 

とりあえず、クックパッドなどにスイーツのレシピは数多く掲載されているので、そちらを楽しんでいただき、黒砂糖になじみが出てきたら、料理に活用するのが良いのかな?

沖縄産 黒砂糖について


沖縄県与那国島(よなぐに)産の黒砂糖。味の特長は、しっとりとした食感で雑味は多めです。

 

 

沖縄産 黒砂糖について

 

沖縄県は、古くからサトウキビの栽培が盛んですが、上白糖などの白い砂糖の原料に回ってしまい、黒砂糖に回る分は少なく、現在は8つの島に黒糖工場が残っているだけになってしまいました。

 

ところが、最近の健康ブームに乗って、黒砂糖が見直されてきて、健康食品としての地位が確立され、品切れが起きるほどの人気商品になり、沖縄旅行のお土産にも喜ばれています。

 

沖縄県の黒砂糖は、製造している島によって全然味が違う。というのも特長の一つで、是非、食べ比べて「お気に入り」の沖縄県産黒砂糖を見つけてください。

 

 

沖縄産黒砂糖、試食レビュー・・・1

 

沖縄産黒砂糖、試食レビュー・・・2

 

沖縄産黒砂糖、 試食レビュー・・・3

 

 

 

 

 

沖縄県の8つの島の黒砂糖の食べ比べができます。黒糖マーク付きなので安心です。

 


沖縄特産品がいっぱいのお店です。ぜひ一度覗いてみてください。

 

 

 

黒砂糖の賞味期限について


沖縄県小浜島(こはま)産の黒砂糖。甘みが前面に出て、雑味は少ない黒砂糖です。

 

 

黒砂糖に賞味期限はありません。

 

 

農林水産省のホームページにも

 

Q3、砂糖に賞味期限はあるの?
上白糖、グラニュー糖、角砂糖などは長期保存しても変質しないため、JAS法でも賞味期限を表示する必要のない食品に定められています。黒砂糖も賞味期限を示す必要はありませんが、精製度が上白糖などに比べて低く、色が濃くなったり風味が落ちることがあるのでなるべく早く使い切りましょう。またどの種類の砂糖も湿気や乾燥など水分の変化でカチカチに固まってしまう性質があります。保存するときは蓋のある容器に入れて外気と遮断しておきましょう。  特集2 食材まるかじり(2) と記載されています。

 

ところが、実際の沖縄県産黒砂糖には賞味期限の付いているものがあります。これは、「賞味期限を記載しなくてはならない。」ではなく、「この位までに食べてもらえると嬉しいな。」ということで記載しているのです。

 

家に賞味期限の切れた黒砂糖があっても、しっかり保存しているものであれば問題なく食べられます。

 

 

黒砂糖のカロリーとミネラル分について


沖縄県伊江島(いえじま)産の黒砂糖。雑味が多く、黒砂糖は甘いだけでは物足らない方におすすめ。

 

 

 

黒砂糖のカロリーとミネラル分について

 

黒砂糖(黒糖)のカロリーは100gあたり354kcalで、上白糖の384kcalやグラニュー糖の387kcalよりも少ないですが、これは不純物が多いためです。そして、この不純物のために普通の砂糖よりも味は濃厚になります。 5訂食品成分表より

 

 

黒砂糖の成分は、ミネラル分などの不純物が多いため黒砂糖(黒糖)の中に入っているショ糖の割合は約80%ほどで、他の砂糖よりも低くなっています。残りの約20%が健康に良いと注目されているのです。

 

 

ちなみに、上白糖はショ糖の割合が97.8%位
     三温糖はショ糖の割合が96.4%位
     白ザラ糖はショ糖の割合が99.9%位
     グラニュー糖はショ糖の割合が99.9%位
     黒砂糖(黒糖)はショ糖の割合が80%位です。
黒砂糖(黒糖)はミネラルをはじめとした不純物が沢山含まれているのが分かります。

 

 

ショ糖・・・砂糖の主成分。ブドウ糖と果糖が結合したもので二糖類

 

 

 


沖縄特産品がいっぱいのお店です。ぜひ一度覗いてみてください。

加工黒糖はニセモノなのか?


沖縄県伊平屋島(いへや)産の黒砂糖。一番硬いのでキャンディーとしては最高。甘みが前面に出て雑味は少ない。

 

 

加工黒糖はニセモノなのか?

 

「黒砂糖(黒糖)はミネラルが豊富で健康に良い」ということで人気がありますが。こんな問題も出てきました。黒砂糖の表示問題です。

 

「沖縄土産で沖縄産の黒砂糖(黒糖)を買ってきたつもりが、100%沖縄産黒砂糖(黒糖)ではなかった。」こんな苦情が出てくるようになったので、消費者が100%黒砂糖と混ぜものをして味の調整をしている加工黒糖を容易に見分けられるようにする必要が出てきました。

 

そこで、2012年4月1日より、100%黒砂糖(黒糖)と混ぜものをしている加工黒糖をしっかり分けるようになりました。

 

ところが、混ぜものをしている加工黒糖が、黒砂糖(黒糖)の偽物のようなイメージをもたれはじめました。

 

加工黒糖にもいろいろな種類があって、粗糖に糖蜜を加えたものから、黒糖・粗糖・糖蜜をブレンドしたものまであります。

 

加工黒糖のメリットはこのようなものがあります。
  ・黒砂糖(黒糖)に比べて比較的安い。
  ・ブレンド加工が出来るので、味が一定になり、使い道により味の調節ができる。
これって産業用としては、ものすごく大切なことですよね。

 

全ての加工黒糖=偽物 ではありません。沖縄土産なら100%沖縄産黒砂糖でないと都合が悪いでしょうが、普通に使うだけなら、気に入った味のもので良いと思います。

 

事実、お店に行って黒砂糖のコーナーを見てみると、100%沖縄産の黒砂糖ばかりではなく、加工黒糖も沢山置いてあります。(中には大きなお店でも、沖縄産の黒砂糖を置いていない所もあります。)決して全ての加工黒糖が黒砂糖(黒糖)の偽物というわけではありません。用途や予算に合わせてご使用ください。

 

 

 

こちらは黒砂糖に混ぜ物をしたもので、加工黒糖になります。沖縄みやげにはこのような加工黒糖は向かないと思います。ただし、加工黒糖は黒砂糖の偽物ではありません。加工黒糖には加工黒糖の良い所があります。

安心の黒糖マークについて


沖縄県多良間島(たらま)産の黒砂糖。甘みも強いが雑味も強い、一番パンチが効いています。

 

 

黒糖マークについて
黒砂糖の種類は沢山あるので、どれを選んで良いのか分からない方が多いと思います。そんな方のために、とりあえず間違えのない方法は、黒糖マークのついている黒砂糖を購入すれば、品質の失敗はありません。(味の好みは別です。)黒糖マークが付いていなくても高品質な黒砂糖は沢山ありますが、不安な方は黒糖マーク付きを購入することをおすすめします。

 

 

沖縄県黒砂糖共同組合の黒糖マークと沖縄県黒砂糖工業会の黒糖マークです。どの黒砂糖を選んで良いのか分からない方には目安になると思います。

 


商品の原材料表示は「さとうきび」となっています。
さらにこだわった黒砂糖になると、袋に生産された島の名前がバッチリ書いてあります。ひいきの黒砂糖を見つけるにはこちらの方が分かりやすいと思います。

 

 

沖縄県の8つの島の黒砂糖の食べ比べができます。黒糖マーク付きなので安心です。

 


沖縄特産品がいっぱいのお店です。ぜひ一度覗いてみてください。

 

 

 

 

 

関連ページ

角砂糖
角砂糖とは、グラニュー糖を四角に固めたもので立方体が普通ですが、最近ではグラニュー糖以外の砂糖を使ったものや、ハート型など様々な形に成型したものも沢山出回っています。
顆粒状糖(フロストシュガー)
顆粒状糖(フロストシュガー)とは多孔質の顆粒状をしている砂糖で、固まりにくく、水に溶けやすくしたものです。
グラニュー糖
グラニュー糖とは、細かい粒状に結晶させた精製糖で、「ザラメ糖」の仲間の中では結晶が小さくサラサラしたお砂糖です。
氷砂糖
氷砂糖とは、純度の高いショ糖の大きな結晶が特徴です。
粉砂糖(粉糖)
粉砂糖(粉糖)とは、パウダーシュガーとも言われ、グラニュー糖を細かく粉にしたものです。雑味が無いのでお菓子作りには合っています。
三温糖
三温糖とは、上白糖と同じように、しっとりとした感じの砂糖です。どこのお店に行っても上白糖の次に沢山置いてあり、おなじみの砂糖です。
上白糖
上白糖とは、日本で最も多く使われているお砂糖です。いわいる普通のお砂糖で、しっとりとしていて使いやすく、触ると常温でも手にベトベト付いてきます。
白ザラ糖
白ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたものです。粒の目が粗く、サラサラとしていて無色透明で氷砂糖よりも小さいですが、目ではっきりわかる大きさで、直方体をしています。
中ザラ糖
中ザラ糖の色は薄茶色ですが、分蜜糖に分類されます。
メープルシロップ
メープルシロップとは、砂糖楓(さとうかえで)の樹液を煮詰めたものです。カナダのケベック州産が有名です。お菓子の原料や、ホットケーキにかけたりしてして独特な風味で人気があります。
和三盆(わさんぼん)
和三盆とは、四国の香川県や徳島県などで、日本独自の製法で作られている淡黄色の高級砂糖です。