メープルシロップとは、砂糖楓(さとうかえで)の樹液を煮詰めたものです。

メープルシロップ


カナダ産100%メープルシロップのミディアムです

 

 

メープルシロップとは、砂糖楓(さとうかえで)の樹液を煮詰めたもので、カナダのケベック州産が有名です。お菓子の原料や、ホットケーキにかけたりしてして独特な風味で人気があります。

 

メープルシロップは含蜜糖(がんみつとう)に分類され、ミネラル分が含まれています。
(含蜜糖・・・砂糖を作るときに、結晶と蜜を分けないもの。黒砂糖など)

 

メープルシロップのカロリーですが、100gあたり257kcal  (黒砂糖は354kcal)
注・・・メープルシロップには、水分が入っているので、単純な比較はできません。

 

メープルシロップのミネラル分   (黒砂糖のミネラル分)
     ナトリウム   1r      (27r)
     カリウム   230r      (1100r)
     カルシウム  75r      (240r)
     マグネシウム 18r      (31r)
     リン       1r      (31r)    (5訂食品成分表より)
となっています。ただし水分量はメープルシロップが100gあたり33gに対して、黒砂糖は5gです。

 


カナダ国旗の葉っぱは、メープルシロップの原料の砂糖楓(さとうかえで)です。

 

メープルシロップにはグレードがあり、
  ・エキストラライト
  ・ライト
  ・ミディアム
  ・アンバー
  ・ダーク に分かれています。

 

 

メープルシロップの特徴である、琥珀色が薄いものほどグレードが高くなっています。
エキストラライトは、色が薄くても味や香りはしっかりとしていて、後味もすっきりしています。
アンバー・ダークなどは加工用に回されることが多いようです。

 

日本ではミディアムが沢山売られているようです。(エキストラライトは高額です。)
ミディアムの色は、ホットケーキの上に乗っているメープルシロップの茶色です。

 

市販されているホットケーキのシロップの中には、メープルシロップ・水飴・香料・カラメル色素などをブレンドしてあるものも多くあるので、確認して納得のうえで購入してください。

 

個人的な感想としては、本物のメープルシロップはサラっとしていて、ウスターソース位の粘度のように思えます。肝心の味は飽きずに次も食べてみようという気持ちになります。やっぱり偽物は飽きがきます。

 

メープルシロップの最高級グレード、エキストラライトはこれ。
エキストラライトは、春先の最も早く採取する樹液でいわば一番搾りです。

 

日本では一番よく見かけるミディアムグレードのメープルシロップはこれ。

 

メープルシロップの一番下のグレード。ダークはこれ。

 

 

 

 

関連ページ

角砂糖
角砂糖とは、グラニュー糖を四角に固めたもので立方体が普通ですが、最近ではグラニュー糖以外の砂糖を使ったものや、ハート型など様々な形に成型したものも沢山出回っています。
顆粒状糖(フロストシュガー)
顆粒状糖(フロストシュガー)とは多孔質の顆粒状をしている砂糖で、固まりにくく、水に溶けやすくしたものです。
グラニュー糖
グラニュー糖とは、細かい粒状に結晶させた精製糖で、「ザラメ糖」の仲間の中では結晶が小さくサラサラしたお砂糖です。
黒砂糖(黒糖)
黒砂糖(黒糖)とは、サトウキビの絞り汁を加熱して水分を蒸発させて作る砂糖です。
氷砂糖
氷砂糖とは、純度の高いショ糖の大きな結晶が特徴です。
粉砂糖(粉糖)
粉砂糖(粉糖)とは、パウダーシュガーとも言われ、グラニュー糖を細かく粉にしたものです。雑味が無いのでお菓子作りには合っています。
三温糖
三温糖とは、上白糖と同じように、しっとりとした感じの砂糖です。どこのお店に行っても上白糖の次に沢山置いてあり、おなじみの砂糖です。
上白糖
上白糖とは、日本で最も多く使われているお砂糖です。いわいる普通のお砂糖で、しっとりとしていて使いやすく、触ると常温でも手にベトベト付いてきます。
白ザラ糖
白ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたものです。粒の目が粗く、サラサラとしていて無色透明で氷砂糖よりも小さいですが、目ではっきりわかる大きさで、直方体をしています。
中ザラ糖
中ザラ糖の色は薄茶色ですが、分蜜糖に分類されます。
和三盆(わさんぼん)
和三盆とは、四国の香川県や徳島県などで、日本独自の製法で作られている淡黄色の高級砂糖です。