三温糖の茶色はカラメルが入っているからです。

三温糖とは

茶色でしっとりしている三温糖

 

 

三温糖は、茶色で上白糖と同じように、しっとりとした感じの砂糖です。どこのお店に行っても上白糖の次に沢山置いてあり、おなじみの砂糖です。

三温糖の特長

三温糖・・・誰もが見たことのあるパッケージですね。

 

 

 

三温糖の特長として、一番最初に目に付くのが「茶色」でしょう。普通の白い砂糖と比べて何か良い成分がが入っていそうな色をしていますね。ちょうど、白い卵よりも、茶色の卵のほうが栄養価が高く見えるのと同じです。(基本的に生んでいるニワトリの色が違うだけ。味も栄養素も変わらない。)

 

三温糖の茶色の原因は、三温糖が上白糖やグラニュー糖を作った後の糖液から作った物なので、砂糖を作る段階で数回の加熱によってカラメルが出来て色が薄茶色になるからです(いわいる焦げ)。三温糖の「三温」は、この加熱からきています。

 

そして、普通に市販されている三温糖は、自然にできたカラメルだけの色だと色むらが出来て見栄えが悪いので、カラメルを添加して色の調整をしています。さらに、上白糖や三温糖は転化糖を混ぜているので、しっとりとした砂糖に仕上がっています。

 

栄養的にも上白糖やグラニュー糖を作った後の残り汁で三温糖を作るので、残ったミネラル分が少しある程度です。黒砂糖(黒糖)のようにミネラル分が豊富にあるわけではありません。黒砂糖と三温糖の違いは、黒砂糖は原料のサトウキビの汁を煮詰めて作った含蜜糖ですが、三温糖は原料を精製して結晶と蜜を分けた分蜜糖で、上白糖やグラニュー糖の仲間です。

 

さらに、三温糖は上白糖よりも値段が高いので品質が良いように見えてしまいますが、値段が高いのは、上白糖と比べて生産量が少ないのが原因です。

 

 

 

 

転化糖・・・ショ糖を加水分解して、ブドウ糖と果糖が混ざったものにした甘味料。ショ糖より甘い

 

カラメル・・・天然着色料。独特の苦味があり、砂糖を熱してつくる。ただし、最近は違う作り方が主流のようです。

 

 

 

 


三温糖の味と使い方

 

三温糖の味は、濃厚な甘さと独特な風味があるので、煮物や佃煮などに使われますが、当然、普通の砂糖と同じようにも使えます。

 

三温糖が上白糖よりも濃厚な味がする原因は、転化糖と微量なミネラル分、カラメルが原因です。

 

 

三温糖と他の砂糖との味の違いは、
三温糖は、ショ糖+転化糖+カラメル の味。
上白糖は、ショ糖+転化糖 の味。
グラニュー糖は、ショ糖 の味だけということで、三温糖が一番濃厚な味になり、上白糖が中間の味、グラニュー糖があっさりした味になります。

 

 

 

転化糖・・・ショ糖を加水分解して、ブドウ糖と果糖が混ざったものにした甘味料。ショ糖より甘い
カラメル・・・天然着色料。独特の苦味がある。砂糖を熱してつくる。ただし、最近は違う作り方が主流のようです。

 

 

 

三温糖を使う理由のひとつとして、小さな子供がお手伝いをしてくれる家庭では、砂糖と塩を間違えないように三温糖を使っているそうです。これは良いアイデアだと感心しました。ゆで卵を「むく」ときに白い卵だとむき忘れたカラが残っていても気づきにくいけれど、茶色の卵なら直ぐに気づくのと同じですよね。

 

 

こだわりの三温糖

 

三温糖は、色ムラを無くすためにカラメルを添加している場合があります。このことは、商品の見栄えを良くすることなので良いことですが、添加しているカラメルを嫌う方がいらっしゃいます。

 

その理由は、カラメルの製造方法にあります。昔ながらの砂糖を熱して作るカラメルならば、砂糖を焦がしただけなので問題ないのですが、今は別の方法で作っている場合がほとんどのようです。それを嫌って、カラメル無しの三温糖を使っている方がいらっしゃいます。

 

カラメル無添加の三温糖はこちら

商品詳細
☆カラメル色素は使用していません。
☆しっとりとして使いやすく、コクあるやさしい風味の砂糖です。
「株式会社ムソー」のホームページの三温糖の説明から引用しました。

 

 

 

三温糖のカロリーとミネラル分

三温糖のカロリーは100グラムあたり382kcalです。黒砂糖に含まれているようなミネラル分は期待しないでください。
(1gあたり約4kalと覚えたほうが実生活には役立つと思います。)
(上白糖のカロリーは100gあたり384kcal) 5訂食品成分表より

 

ちなみに、三温糖はショ糖の割合が96.4%位
      上白糖はショ糖の割合が97.8%位
      グラニュー糖はショ糖の割合が99.9%位
      黒砂糖(黒糖)はショ糖の割合が80%位です。
あれだけ色が違う三温糖ですが、成分は上白糖とあまり変わらないのが分かります。

 

 

 

 

三温糖の販売ページを見ると「この三温糖はミネラル分が沢山含まれています。」こんな感じのコピーが見られます。これは、「この○○は旨い。」と同じ位の信頼度で考えてもらえれば良いと思います。いわいるキャッチコピーです。

 

 

カラメル・・・天然着色料。独特の苦味がある。砂糖を熱してつくる。ただし、最近は違う作り方が主流のようです。
含蜜糖・・・砂糖を作るとき結晶と蜜を分けないもの。黒砂糖など。
分蜜糖・・・砂糖を作るとき結晶と蜜を分けて結晶だけにしたもの。上白糖、グラニュー糖など。
転化糖・・・ショ糖を加水分解して、ブドウ糖と果糖が混ざったものにした甘味料。ショ糖より甘い

三温糖の保存方法と賞味期限

三温糖の保存は、冷暗所で密封して保存し、開封後はなるべく早く使い切ったほうが無難です。理由はいつどこで虫の攻撃にあったり、水やホコリにさらされるか分からないためで、時間が経つと腐ったり、変質したりするわけではありません。基本的には密閉容器で保管することをおすすめします。

 

 

 

 

砂糖には黒砂糖も含めて「賞味期限はありません。」

 

時々、砂糖のパッケージに賞味期限の記載がありますが、いつまでも放置されないように、親切で記載してくれているものだと思ってください。

 

 

 

 

カラメル無添加の三温糖はこちら

商品詳細
☆カラメル色素は使用していません。
☆しっとりとして使いやすく、コクあるやさしい風味の砂糖です。
「株式会社ムソー」のホームページの三温糖の説明から引用しました。

関連ページ

角砂糖
角砂糖とは、グラニュー糖を四角に固めたもので立方体が普通ですが、最近ではグラニュー糖以外の砂糖を使ったものや、ハート型など様々な形に成型したものも沢山出回っています。
顆粒状糖(フロストシュガー)
顆粒状糖(フロストシュガー)とは多孔質の顆粒状をしている砂糖で、固まりにくく、水に溶けやすくしたものです。
グラニュー糖
グラニュー糖とは、細かい粒状に結晶させた精製糖で、「ザラメ糖」の仲間の中では結晶が小さくサラサラしたお砂糖です。
黒砂糖(黒糖)
黒砂糖(黒糖)とは、サトウキビの絞り汁を加熱して水分を蒸発させて作る砂糖で、普通の砂糖と比べてミネラル分が豊富なのが特長です。
氷砂糖
氷砂糖とは、純度の高いショ糖の大きな結晶が特徴です。梅酒に使ったり、そのままキャンディーのように舐めます。
粉砂糖(粉糖)
粉砂糖(粉糖)とは、パウダーシュガーとも言われ、グラニュー糖を細かく粉にしたものです。スイーツの上に雪のように振りかけて美味しさを演出してくれます。
上白糖(白砂糖)
上白糖とは、日本で最も多く使われているお砂糖で、しっとりとしていて使いやすく触ると常温でも手にベトベト付いてきます。メーカーによっては「白砂糖」として売られています。
白ザラ糖
白ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたものです。粒の目が粗く、サラサラとしていて無色透明で氷砂糖よりも小さいですが、目ではっきりわかる大きさで、直方体をしています。
中ザラ糖
中ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたもので、色は薄茶色ですが、分蜜糖に分類されます。色が薄茶色なのは、表面にカラメルを吹き付けているか、カラメルを混入しているためです。
メープルシロップ
メープルシロップとは、砂糖楓(さとうかえで)の樹液を煮詰めたもので、カナダのケベック州産が有名です。独特な風味で人気があり、お菓子の原料や、ホットケーキにかけたりしてして楽しみます。
和三盆(わさんぼん)
和三盆とは、四国の香川県や徳島県などで、日本独自の製法で作られている淡黄色の高級砂糖です。和三盆特有のキメの細かさと上品な味わいを、ぜひ体験してください。