和三盆は日本独自の製法で作られている高級砂糖です。

和三盆


高級品の一言につきます。和三盆の美味しさを前面に出した食べ方をしないと、和三盆に申し訳ないという気持ちが生まれてくる、味と品格を持っています。

 

 

和三盆の落雁です、美味しいに決まっています。

 

 

和三盆とは、四国の香川県や徳島県などで、日本独自の製法で作られている淡黄色の高級砂糖です。上品な甘さとキメの細かさが売りの高級砂糖です。キメの細かさは龍角散位だと思ってください。

 

原材料のサトウキビも、地元の竹糖(たけとう)という品種で、一般的に栽培されているサトウキビとは違う品種が使われています。製造方法も人の手で練りながら手間をかけて作られています。

 

出来上がった和三盆は結晶がひじょうに細かく、口溶けがよく、黒砂糖をまろやかにしたような風味で、高級な和菓子の原料として珍重されています。

 

こんな上品な甘さの和三盆ですが、封を切ったらなるべく早く食べることをおすすめします。封を切ってから、もったいないと思って保存していたらしっかり固まってしまいました。(残念)

 

和三盆,和三盆とは,栄養,カロリー

 

固まった和三盆の味は正に落雁。美味しかったですよ。

 

 

和三盆のカロリーは、100gあたり383kcalで含蜜糖なのでミネラル分も含んでいます。

 

   和三盆のミネラル分     (黒砂糖のミネラル分)
     ナトリウム   1r      (27r)
     カリウム   140r      (1100r)
     カルシウム  27r      (240r)
     マグネシウム 17r      (31r)
     リン      13r      (31r)    (5訂食品成分表より)
和三盆は一度に沢山食べる物ではないのであまり意味はないかも?

 

 

 

阿波和三盆とは阿波の国(徳島県)で生産された和三盆のことです。
高級和菓子の素材として人気の阿波和三盆は、そのままお茶請けとしてもいただけるほど、大変きめ細やかでまろやかな甘みです。
たいへんに手間のかかった逸品です。

 

 

一方こちらは讃岐(香川県)の和三盆です。
粉砂糖のようなキメ細さと、くどさがない上品な甘味で、昔から和菓子の高級材料として珍重されています。そのままお茶請けとしてもお楽しみください。


 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

角砂糖
角砂糖とは、グラニュー糖を四角に固めたもので立方体が普通ですが、最近ではグラニュー糖以外の砂糖を使ったものや、ハート型など様々な形に成型したものも沢山出回っています。
顆粒状糖(フロストシュガー)
顆粒状糖(フロストシュガー)とは多孔質の顆粒状をしている砂糖で、固まりにくく、水に溶けやすくしたものです。
グラニュー糖
グラニュー糖とは、細かい粒状に結晶させた精製糖で、「ザラメ糖」の仲間の中では結晶が小さくサラサラしたお砂糖です。
黒砂糖(黒糖)
黒砂糖(黒糖)とは、サトウキビの絞り汁を加熱して水分を蒸発させて作る砂糖です。
氷砂糖
氷砂糖とは、純度の高いショ糖の大きな結晶が特徴です。
粉砂糖(粉糖)
粉砂糖(粉糖)とは、パウダーシュガーとも言われ、グラニュー糖を細かく粉にしたものです。雑味が無いのでお菓子作りには合っています。
三温糖
三温糖とは、上白糖と同じように、しっとりとした感じの砂糖です。どこのお店に行っても上白糖の次に沢山置いてあり、おなじみの砂糖です。
上白糖
上白糖とは、日本で最も多く使われているお砂糖です。いわいる普通のお砂糖で、しっとりとしていて使いやすく、触ると常温でも手にベトベト付いてきます。
白ザラ糖
白ザラ糖とは、ショ糖を結晶させたものです。粒の目が粗く、サラサラとしていて無色透明で氷砂糖よりも小さいですが、目ではっきりわかる大きさで、直方体をしています。
中ザラ糖
中ザラ糖の色は薄茶色ですが、分蜜糖に分類されます。
メープルシロップ
メープルシロップとは、砂糖楓(さとうかえで)の樹液を煮詰めたものです。カナダのケベック州産が有名です。お菓子の原料や、ホットケーキにかけたりしてして独特な風味で人気があります。