麦芽糖(マルトース)とは、ブドウ糖が2つ結合したもので、2糖類に分類され、水飴の主成分です。

麦芽糖(マルトース)

 

 

 

麦芽糖(マルトース)とは、ブドウ糖が2つ結合したもので、2糖類に分類され、水飴の主成分です。(分類図は下にあります。)麦芽飲料のミロを飲むと分かりますが、甘味は薄いですが甘さの質は良いものを持っています。甘味度はショ糖(砂糖の主成分)の35%位になります。

 

(甘味度については、しっかりとした基準がある絶対評価ではなく、人間の舌に頼った相対評価なので、いろいろな文献によって多少数字が違います。数字を鵜呑みにするよりも、「砂糖と比べて薄味なんだ。」ということだけ分かっていただければ大きな問題は無いと思います。)

 

麦芽糖は単体で販売されていろものはほとんどありません。 ( 麦芽糖 (マルトース) 10Kg(1Kg×10袋) )砂糖(ショ糖)よりも甘味が無いので、甘味料としては使いにくいからではないでしょうか?水飴としては、あちこちで使われています。(代表選手は昔ながらのアメ玉)

 

 

上白糖(普通の砂糖)のカロリーは100gあたり384kcal
麦芽糖が主成分の水飴のカロリーは100gあたり328kcalです。
(水飴のほうがややカロリーが低いのは水分などが含まれているためで、100gあたり約15g含まれています。  5訂食品成分表より )
1gあたり約4kcalと覚えたほうが便利かな?麦芽糖(マルトース)も約4kcalです。

 

 

ご注意・・・時々、「麦芽糖はカロリーが砂糖(ショ糖)の半分位で低カロリーです。」という記載がみられますが、厳密には麦芽糖ではなく、還元麦芽糖のことを指しています。ちなみに麦芽糖は1gあたり約4kcalで二糖類に分類されるのに対して、還元麦芽糖は、1gあたり約2kcalで糖アルコールに分類されます。
この画像では麦芽糖ではなく水飴と記載されていますが、水飴と還元麦芽糖水飴の二つが表示されています。このことからも分かるように、麦芽糖(水飴)と還元麦芽糖(還元麦芽糖水飴)は違うものです。

 

麦芽糖の名前の由来は、発芽させた大麦に熱を加えて、デンプンを糖化されたものの中に麦芽糖が多く含まれるからです。現在は、トウモロコシやじゃがいものデンプンなどから作られていて、ビール作りや水飴の原料として使用されています。(甘くても砂糖ではありません。砂糖(ショ糖)はブドウ糖と果糖が結合したもの、対して、麦芽糖はブドウ糖が二つ結合したもなの)

 

人間は、デンプンを消化するときに、まずデンプンを麦芽糖に分解して、その麦芽糖をブドウ糖に分解して、小腸で吸収するという方法をとっています。麦芽糖は、名前以上に身近な存在です。体感的には、ご飯を長く噛んでいると甘くなるという現象があります。これは、唾液の中のデンプン分解酵素(アミラーゼ)がデンプンを分解して糖に変えるからです。

 

 

麦芽糖の代表といえばこれ (麦芽糖だけでは甘味が出ないので、砂糖を混ぜてあります。それでも、麦芽糖の薄味と、違和感を感じさせない甘味の質は楽しめると思います。)

 

ミロは麦芽飲料と記載されていて、麦芽糖と記載されていないじゃないか?と思われる方のために、ネスレのホームページのから引用しました。

 

ミロは麦芽飲料です。ココアも含まれていますが、それに加えて、麦芽エキスと7つの栄養素が含まれている点が普通のココアと違う点です。麦芽とは大麦を発芽させた麦粒のことです。大麦は発芽することで種子の中に成長に必要な栄養を豊富に育成し、ミロは、その麦芽エキスを主成分としている麦芽飲料です。主成分は麦芽糖であり、タンパク質などを含みます。麦芽エキスとは、麦芽の根を取り除いて乾燥し、粉末にしたものに水分を加え、さらに60℃ぐらいで酵素を作用させて抽出液をとり、濃縮したものです。 (ネスレのホームページからの引用)

 

 

 

 

 

 

関連ページ

ブドウ糖(グルコース)
ブドウ糖(グルコース)は、ハチミツや果物に含まれていて単糖類に分類され、デンプンや砂糖を体内で消化してもブドウ糖が出来ます。脳や細胞のエネルギー源として欠かせない大切なものです。
果糖(フルクトース)
果糖(フルクトース)は単糖類に分類され、ハチミツや果実に多く含まれています。特にハチミツの約4割は果糖です。果糖とブドウ糖が結合するとショ糖(砂糖の主成分)になります。
ショ糖(スクロース)
ショ糖(スクロース)とは、砂糖の主成分で、ブドウ糖と果糖が結合した二糖類です。
乳糖(ラクトース)
乳糖(ラクトース)とは、哺乳類の乳に含まれているもので僅かに甘さがあります。ブドウ糖とガラクトースが結合した二糖類で、小腸の中でラクターゼという消化酵素によって分解、吸収されます。
糖アルコール
糖アルコールとは、砂糖やブドウ糖、オリゴ糖などと同じ糖質に分類される低カロリー甘味料で、いろいろな種類があります。
エリスリトール
エリスリトールは、メロン、ブドウや梨などの果実やキノコ、ワイン、醤油、清酒などに含まれている天然の糖アルコールでカロリーゼロ、虫歯菌の餌にならないなど、うれしい特長があります。製造方法は、ブドウ糖を発酵させて作ります。
還元麦芽糖(マルチトール)
還元麦芽糖はマルチトールとも呼ばれ、糖アルコールに分類されるもので、麦芽糖(マルトース)を還元(水素添加)することでできます。
キシリトール
キシリトールとは、キシロース(単糖類)から作られる糖アルコールの一種で、低カロリー甘味料です。甘味は他の糖アルコールよりも甘く、ショ糖(砂糖の主原料)とほぼ同じ位あり、甘味の質としては清涼感があります。この特徴を利用してガムやキャンデーなどに使われています。
ソルビトール
ソルビトールは食品添加物で、ブドウ糖に水素を添加して作られていて、低カロリー甘味料の糖アルコールに分類されます。
オリゴ糖
オリゴ糖とは、特定保健用食品として認められていて、ビフィズス菌などの善玉菌の栄養源となり、善玉菌を増やし腸内環境を良くする効果があります。少糖類に分類され、代替甘味料として活躍しています。
異性化糖(いせいかとう)
異性化糖(いせいかとう)とは、トウモロコシやじゃがいも、サツマイモなどのデンプンを原料として作った液体の天然甘味料で、主成分は、ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)になります。
果糖ブドウ糖液糖
果糖ブドウ糖液糖とは、トウモロコシやじゃがいも、サツマイモなどのデンプンを原料として作った液体の天然甘味料で、異性化糖(いせいかとう)の仲間です。
ブドウ糖果糖液糖
ブドウ糖果糖液糖とは、トウモロコシやじゃがいも、サツマイモなどのデンプンを原料として作った液体の天然甘味料で、異性化糖(いせいかとう)の仲間です。