腸内環境を整えるために、オリゴ糖ができることはこれ。

オリゴ糖と腸内環境、乳酸菌・ビフィズス菌の関係

 

腸内フローラのイメージ

人間の腸の中には沢山の細菌(腸内細菌)が生活しています。腸の中で腸内細菌は、同じ種類ごとに群生していて、腸の壁面を覆っていることから、腸内フローラと呼ばれています。

腸内細菌・・・人の腸内に住んでいる細菌。人間最大の免疫器官の元。

善玉菌・・・腸内環境を良くしてくれる菌で乳酸菌やビフィズス菌を指します。

悪玉菌・・・腸の中でいたずらをする菌で大腸菌やウェルシュ菌などを指します。

日和見菌(ひよりみきん)・・・体調によって、善玉菌や悪玉菌の味方になる菌。

腸内フローラ・・・腸の中で同じ種類の菌がまとまって住んでいることです。

 

ビフィズス菌は乳酸菌の仲間です。

ビフィズス菌・・・善玉菌の主役。乳酸菌よりも数が多い。

乳酸菌・・・自然界に広く分布している菌。糖類から乳酸菌を作る。

有胞子乳酸菌・・・腸管内で発芽して繁殖する乳酸菌。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌・・・乳酸菌はあちこちに住んでいます。

 

オリゴ糖は腸の中に住んでいる善玉菌のエサになります。

オリゴ糖の役割・・・善玉菌のエサになる理由はこれ。

オリゴ糖とバナナ・・・バナナの食物繊維は善玉菌のエサになるのか?

オリゴ糖と乳酸菌飲料・ヨーグルトの違い・・・どちらも良いと聞きますが?

 

プレバイオティクスとは・・・オリゴ糖や食物繊維が関係しています。

プロバイオティクスとは・・・乳酸菌やビフィズス菌が関係しています。

乳酸菌生産物質とは・・・乳酸菌が生み出すものは?

乳酸菌・・・自然界に広く分布している菌。糖類から乳酸菌を作る。

ビフィズス菌・・・善玉菌の主役。乳酸菌よりも数が多い。

オリゴ糖を誤解している方が多いです。

オリゴ糖と砂糖は違います。

砂糖の甘さ+お腹の調子を整えてくれる物だと思っている方が多くいらっしゃいますが、

砂糖とは甘さの強さ(甘味度)も甘さの質も違います。

個人的な意見ですが、オリゴ糖には甘さを求めないで、善玉菌のエサと割り切って使ったほうが、オリゴ糖を長く使っていられると思います。結果的に、おなかの調子を整える効果が高くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリゴ糖と腸内環境、善玉菌記事一覧

オリゴ糖の役割

オリゴ糖とは、特定保健用食品として認められているもので、ビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌の栄養源となり、善玉菌を増やし腸内環境を良くする効果があります。(プレバイオティクスという考え方です)腸の中で善玉菌が増えるとその分悪玉菌が減り結果的に腸内環境が改善され、便秘や臭いおならなどの実害も減ってきます。...

≫続きを読む

 

オリゴ糖とバナナ

バナナを沢山食べた次の日は、便(うんち)の量が多くて、するっと出た経験はありませんか?バナナは、肌荒れや臭いおならを発生させる便秘を解消するのに役立ちます。バナナには食物繊維とオリゴ糖、難消化性デンプンが含まれています。これらによって腸内環境が良くなり、便秘解消が期待できます。バナナの食物繊維は10...

≫続きを読む

 

オリゴ糖と乳酸菌飲料、ヨーグルトの違い。

腸内環境を良くして、臭いおなら対策や便秘の解消をしたいと思って、お店を見たときに目に入ってくるのがオリゴ糖と乳酸菌飲料、ヨーグルトです。どれも腸内環境を良くしてくれるみたいですが、その違いは?オリゴ糖は腸の中にいる善玉菌のエサです。私達が毎日食べている食事の中で、腸の中にいる善玉菌のエサになるのは食...

≫続きを読む

 

プレバイオティクスとは

プレバイオティクスとは、プロバイオティクスの働きを助ける物質でオリゴ糖や食物繊維などを指します。プレバイオティクスの考え方は、今、腸の中に住んでいる善玉菌にエサを与えて、腸の中の善玉菌を増やして腸内環境を良くする。ということです。プレバイオティクスの条件1・腸内の善玉菌のエサになり、善玉菌だけ増やす...

≫続きを読む

 

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを整えて体の調子を整えてくれる生きた善玉菌のことで、善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌)が入っているヨーグルトや乳酸菌飲料を指すときもあります。プロバイオティクスの考え方は、腸の中に住んでいて人間の役に立っている細菌を元気にして、細菌と共生していきましょう。という...

≫続きを読む

 

腸内環境と腸内細菌

腸の中には沢山の細菌が住んでいて、その数は約100種類100兆個、重さは約1キロとも言われています。そして、人間最大の免疫器官の元となっていて外敵から人間を守ってくれています。この沢山の腸内細菌と上手に共生していくことが、腸内環境を守ることにつながります。この大切な腸内細菌は大きく3種類に分かれて、...

≫続きを読む

 

腸内細菌とは

腸内細菌とは人の腸の中には沢山の細菌が住んでいます。その数は約100種類100兆個、重さは約1キロとも言われています。そして、人間最大の免疫器官の元となっていて外敵から人間を守ってくれています。人間に対して良いことをしてくれる細菌ばかりではなく、発がん性物質を作ったり、臭いおならの原因を作るような、...

≫続きを読む

 

善玉菌とは

善玉菌とは、腸の中に住んでいて、腸内環境を良くしてくれる菌のことで、乳酸菌やビフィズス菌などがあります。乳酸菌やビフィズス菌は、1種類ではなく糖類から乳酸を作って、腐敗物質を作らない菌の総称です。(腸の中に住んでいて・・・もう少し詳しく言うと、回腸から大腸に住んでいます。)善玉菌などの腸内細菌は、人...

≫続きを読む

 

悪玉菌とは

悪玉菌とは、臭いおならの元となる物質や発がん性物質を作り、腸内を腐敗させたりする菌で、病気や便秘、体調不良の元になります。主な悪玉菌は、大腸菌・ウェルシュ菌・ブドウ球菌・緑膿菌などです。健康な成人の腸の中は、善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%位のバランスになっていますが、このバランスが...

≫続きを読む

 

日和見菌(ひよりみきん)とは

日和見菌とは、普段は静かにしていますが、腸内で善玉菌が優勢になれば善玉菌の味方になり、悪玉菌が優勢になれば悪玉菌の味方になる菌です。腸内細菌のうち約7割くらいは日和見菌が占めています。日和見菌感染・・病気、ストレス、老化などによって免疫力が低下したときに起こるもので、普段は無害で大人しくしている日和...

≫続きを読む

 

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌とは、乳酸菌の一種で、主に人間や動物の腸の中に存在している善玉菌ですが、一種類の菌を指すものではなく、何種類かの菌をまとめての総称です。ビフィズス菌は酸素を嫌う性質があり、糖を分解して乳酸と酢酸を作ります。この乳酸と酢酸が、悪玉菌の繁殖を抑えて腸内環境を良くする働きがあります。腸内に元々...

≫続きを読む

 

乳酸菌とは

乳酸菌とは、特定の菌を指すものではなく、糖類から乳酸を作り、腐敗物質を作らない菌の総称です。乳酸菌が作る乳酸は、腸の中の悪玉菌の繁殖を抑えて腸内環境を整えてくれる効果があります。そして、乳酸菌を使ったものというと、ヨーグルト、チーズなどの乳製品、ヤクルトに代表される乳酸菌飲料、これ以外にも味噌、しょ...

≫続きを読む

 

有胞子乳酸菌とは

有胞子乳酸菌とは、胞子の殻が乳酸菌を守っているので、胃酸、熱、乾燥に強く、腸管内で発芽して繁殖する乳酸菌です。一般的な乳酸菌は熱や胃酸に弱く、せっかくヨーグルトを食べても中に入っている乳酸菌のほとんどは胃で死んでしまいます。一方、有胞子乳酸菌は、胃酸に殺されることなく腸に届くので、腸内の善玉菌を増や...

≫続きを読む

 

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

乳酸菌というと漢字のイメージからミルクに含まれている菌のように思えますが、実際は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けられます。動物性乳酸菌は、哺乳類の腸など比較的栄養が豊富で安定した環境に住んでいて、ヨーグルトやチーズなどの乳製品にも含まれている乳酸菌です。動物性乳酸菌を食品から摂る場合は、ヨーグルトや...

≫続きを読む

 

腸内フローラとは

人間の腸の中には沢山の細菌(腸内細菌)が生活しています。腸の中で腸内細菌は、同じ種類ごとに群生していて、腸の壁面を覆っていることから、腸内フローラと呼ばれています。腸と言っても腸内細菌の住むことができる場所は限られていて、回腸から大腸にかけて腸内細菌の種類ごとにまとまって住んでいます。回腸とは  小...

≫続きを読む

 

乳酸菌生産物質とは

「乳酸菌生産物質」とは、「乳酸菌代謝物」とも呼ばれ、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が人の腸内で生み出す物質の総称のことを指します。善玉菌は、体内で乳酸や酢酸、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、など人間にとって有益な物を作り出してくれます。さらに、善玉菌が死んだ後の「死がい」も役に立ち、これらを「乳酸菌...

≫続きを読む