悪玉菌が増えると体調不良になり易くなります。

悪玉菌とは

悪玉菌とは、臭いおならの元となる物質や発がん性物質を作り、腸内を腐敗させたりする菌で、病気や便秘、体調不良の元になります。

 

主な悪玉菌は、大腸菌・ウェルシュ菌・ブドウ球菌・緑膿菌などです。

 

健康な成人の腸の中は、善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%位のバランスになっていますが、このバランスが乱れて悪玉菌が増えてくると、病気や便秘になったり臭いおならが出たりして、日々の暮らしの障害になります。

 

悪玉菌,腸,便秘,体調不良,善玉菌,

 

腸の中で悪玉菌が増える原因としては、

 

・「肉しか食べないなどの偏食。」
悪玉菌は、たんぱく質を栄養分としています。

 

そして、肉や卵などのタンパク質が悪玉菌に分解されると、アンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、揮発性アミンなどのガスが発生します。これらのガスは全て臭いガスです。従って肉ばかり食べていると臭いおならが出ます。

 

 

・「食物繊維が少ない食生活を送っている。」
食物繊維は、善玉菌のエサになり善玉菌を増やす効果があります。その食物繊維が少ない食生活を続けていると、善玉菌が減ってくるので、その分悪玉菌が増えて便秘や臭いおならが出るなどの悪さを始めます。

 

 

・「ストレスが多い毎日を送っている。」
ストレスが多いと消化液の分泌が悪くなりるので、悪玉菌が増えやすくなります。

 

 

・「年を取ると悪玉菌が増えます。」
年齢を重ねると善玉菌が減って、悪玉菌が増えてきます。良い生活習慣で毎日を暮らして、善玉菌をなるべく減らさないように心がけたいものです。

 

・「便秘」
便秘になると、腸内に溜まった便をエサに悪玉菌が増えます。その悪玉菌が、アンモニアや硫化水素などの有害物質を作ったり、臭いおならの元になるガスを発生させます。さらに、肌荒れや発がん性物質、発ガン促進物質まで作ります。

 

悪玉菌が増えると、腸内環境が悪くなりいろいろ調子の悪いことが起きます。善玉菌を増やす食生活を心がけましょう。

 



 

 

悪玉菌,腸,便秘,体調不良,善玉菌,

 

 

関連ページ

オリゴ糖の役割
オリゴ糖とは、特定保健用食品として認められているもので、ビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌の栄養源となります。
オリゴ糖とバナナ
オリゴ糖とバナナと便秘解消の関係です。
オリゴ糖と乳酸菌飲料、ヨーグルト
腸内環境を良くして、臭いおなら対策や便秘の解消をしたいと思って、お店を見たときに目に入ってくるのがオリゴ糖と乳酸菌飲料、ヨーグルトです。その違いは?
プレバイオティクス
プレバイオティクスとは、プロバイオティクスの働きを助ける物質でオリゴ糖や食物繊維などを指します。
プロバイオティクス
プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを整えて体の調子を整えてくれる生きた善玉菌のことです。
腸内環境と腸内細菌
腸は、人間最大の免疫器官なので、腸内環境を整えてくれる腸内細菌は大変に重要なものです。
腸内細菌
腸内細菌は、免疫や食品の消化の手伝いなど、人間が生きていくのに欠かせないものです。
善玉菌
善玉菌とは、腸の中に住んでいて、腸内環境を良くしてくれる菌のことで、乳酸菌やビフィズス菌などがあります。
日和見菌(ひよりみきん)
日和見菌とは、普段は静かにしていますが、腸内で善玉菌が優勢になれば善玉菌の味方になり、悪玉菌が優勢になれば悪玉菌の味方になる菌です。
ビフィズス菌
ビフィズス菌とは、乳酸菌の一種で、主に人間や動物の腸の中に存在している善玉菌ですが、一種類の菌を指すものではなく、何種類かの菌をまとめての総称です。
乳酸菌
乳酸菌とは、特定の菌を指すものではなく、糖類から乳酸を作り、腐敗物質を作らない菌の総称です。
有胞子乳酸菌
有胞子乳酸菌とは、胞子の殻が乳酸菌を守っているので、胃酸、熱、乾燥に強く、腸管内で発芽して繁殖する乳酸菌です。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌
乳酸菌というと漢字のイメージからミルクに含まれている菌のように思えますが、実際は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けられます。
腸内フローラ
腸の中で腸内細菌は、同じ種類ごとに群生していて腸の壁面を覆っていることから、腸内フローラと呼ばれています。
乳酸菌生産物質
「乳酸菌生産物質」とは、「乳酸菌代謝物」とも呼ばれ、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が人の腸内で生み出す物質の総称のことを指します。