「乳酸菌生産物質」は体に有益なものです。

乳酸菌生産物質

乳酸菌生産物質,善玉菌,乳酸菌,ビフィズス菌,乳酸菌代謝物質

 

「乳酸菌生産物質」とは、「乳酸菌代謝物」とも呼ばれ、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が人の腸内で生み出す物質の総称のことを指します。

 

善玉菌は、体内で乳酸や酢酸、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、など人間にとって有益な物を作り出してくれます。さらに、善玉菌が死んだ後の「死がい」も役に立ち、これらを「乳酸菌生産物質」と言います。

 

乳酸菌生産物質を直接摂ることを「バイオジェニックス」と言い、「プロバイオティクス」や「プレバイオティクス」と同じように腸内環境を整えることを目的としています。

 

人体に有益で、対外でも生きられる乳酸菌などを人工的に培養して、そこから生産される「乳酸菌生産物質」を摂り、体の中に住んでいる善玉菌が作る「乳酸菌生産物質」の替わりをさせようという考え方です。

 

 

「バイオジェニックス」と「プロバイオティクス」、「プレバイオティクス」の違いですが、

 

バイオジェニックス・・・善玉菌が作り出す物を体外で作り、それを摂ることによって、体調を整えること。

 

プロバイオティクス・・・善玉菌を直接補給して、体の中の善玉菌を増やし、体調を整えること。(代表 ヤクルト)

 

プレバイオティクス・・・善玉菌のエサを補給して、エサを食べた善玉菌が増えて、体調を整えること。(代表 オリゴ糖)

 

簡単に言うと、「善玉菌が作り出す物を人間が体外で作り、それを摂ることによって善玉菌の替わりをさせよう。」ということです。

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

オリゴ糖の役割
オリゴ糖とは、特定保健用食品として認められているもので、ビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌の栄養源となります。
オリゴ糖とバナナ
オリゴ糖とバナナと便秘解消の関係です。
オリゴ糖と乳酸菌飲料、ヨーグルト
腸内環境を良くして、臭いおなら対策や便秘の解消をしたいと思って、お店を見たときに目に入ってくるのがオリゴ糖と乳酸菌飲料、ヨーグルトです。その違いは?
プレバイオティクス
プレバイオティクスとは、プロバイオティクスの働きを助ける物質でオリゴ糖や食物繊維などを指します。
プロバイオティクス
プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを整えて体の調子を整えてくれる生きた善玉菌のことです。
腸内環境と腸内細菌
腸は、人間最大の免疫器官なので、腸内環境を整えてくれる腸内細菌は大変に重要なものです。
腸内細菌
腸内細菌は、免疫や食品の消化の手伝いなど、人間が生きていくのに欠かせないものです。
善玉菌
善玉菌とは、腸の中に住んでいて、腸内環境を良くしてくれる菌のことで、乳酸菌やビフィズス菌などがあります。
悪玉菌
悪玉菌とは、臭いおならの元となる物質や発がん性物質を作り、腸内を腐敗させたりする菌で、病気や便秘、体調不良の元になります。
日和見菌(ひよりみきん)
日和見菌とは、普段は静かにしていますが、腸内で善玉菌が優勢になれば善玉菌の味方になり、悪玉菌が優勢になれば悪玉菌の味方になる菌です。
ビフィズス菌
ビフィズス菌とは、乳酸菌の一種で、主に人間や動物の腸の中に存在している善玉菌ですが、一種類の菌を指すものではなく、何種類かの菌をまとめての総称です。
乳酸菌
乳酸菌とは、特定の菌を指すものではなく、糖類から乳酸を作り、腐敗物質を作らない菌の総称です。
有胞子乳酸菌
有胞子乳酸菌とは、胞子の殻が乳酸菌を守っているので、胃酸、熱、乾燥に強く、腸管内で発芽して繁殖する乳酸菌です。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌
乳酸菌というと漢字のイメージからミルクに含まれている菌のように思えますが、実際は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けられます。
腸内フローラ
腸の中で腸内細菌は、同じ種類ごとに群生していて腸の壁面を覆っていることから、腸内フローラと呼ばれています。