オリゴ糖は、特定保健用食品として認められています。

オリゴ糖の役割

オリゴ糖とは、特定保健用食品として認められているもので、ビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌の栄養源となり、善玉菌を増やし腸内環境を良くする効果があります。(プレバイオティクスという考え方です)

 

腸の中で善玉菌が増えるとその分悪玉菌が減り結果的に腸内環境が改善され、便秘や臭いおならなどの実害も減ってきます。善玉菌が増えると悪玉菌が減る理由は、腸内細菌が住むことのできる場所が限られているためです。

 

「オリゴ糖をコーヒーに混ぜて毎日飲む。」このやり方もおすすめです。ただし、コーヒー党の方にはおすすめしません。

 

 

オリゴ糖の役割

 

オリゴ糖はビフィズス菌など善玉菌の栄養源となります。
オリゴ糖を摂取しても体内でほとんど消化、吸収されません。(消化、吸収されてしまったら善玉菌の食べる分が無くなります。)腸まで届いたオリゴ糖をビフィズス菌(善玉菌)が食べるので、腸内でビフィズス菌(善玉菌)がどんどん増えます。ビフィズス菌(善玉菌)が増えれば腸内環境が良くなるので下痢や便秘になりにくくなります。

 

「オリゴ糖など善玉菌のエサを摂って、体の中に元々住んでいる善玉菌を増やす。」この考え方は「プレバイオティクス」と言いますが、大腸の中では善玉菌や悪玉菌、日和見菌が毎日領土争いをしていて、短期間オリゴ糖を摂っただけでは、善玉菌が勝利して腸内環境が良くなるというほど甘いものでは無いような気がします。「毎日、欠かさずにオリゴ糖を摂り続けるシステムを作る。」ここがポイントです。

 

 

 

オリゴ糖の甘さについて

オリゴ糖の甘さについて
オリゴ糖の甘さは蔗糖(砂糖の主成分)を1とすると、だいたい0.3〜0.7位です。このバラツキはオリゴ糖にはいろいろな種類があるからで、砂糖よりも甘味が薄いのが特徴です。

 

オリゴ糖で腸内環境を良くするために一番必要なことは続けることだと思います。オリゴ糖は美味しいものも不味いものもあります。ご自分の好みに合ったものでないと続けることが難しくなるので、その点は特に注意してオリゴ糖選びをしてください。オリゴ糖は、「腸内環境を良くしてくれる砂糖ではありません。」甘さの質も、甘味も違います。

 

個人的な意見ですが、オリゴ糖で料理の味付けは考えないほうがよいと思います。オリゴ糖は砂糖のように甘くないので、うまく味付けができません。味付けは期待しないで、「ただ混ぜておくだけ」位のほうが失敗は無いと思います。「オリゴ糖は甘味料では無い。善玉菌のエサを補給しているだけ。」この考え方を主張します。

 

オリゴ糖を使用するときの注意ですが、一度に沢山摂り過ぎないようにしましょう。お腹が緩くなる可能性があります。(目安は各商品に書いてあります。)原因は、オリゴ糖は消化吸収されにくいので、そのまま腸に到達します。すると、浸透圧の関係で腸の中に水分が集まってきてしまいお腹が緩くなります。

 

オリゴ糖を摂り続けても臭いおならや便秘、下痢が改善しない場合は、病気の可能性もあるので、お医者さんへ行くことをお勧めします。オリゴ糖は特定保健用食品ですが、ただの糖質で善玉菌のエサです。薬ではありません。

 



関連ページ

オリゴ糖とバナナ
バナナにはオリゴ糖、食物繊維などが含まれていて、お腹の調子を整える効果が期待できます。
オリゴ糖と乳酸菌飲料、ヨーグルトの違い。
腸内環境を良くして、臭いおなら対策や便秘の解消をしたいと思って、お店を見たときに目に入ってくるのがオリゴ糖と乳酸菌飲料、ヨーグルトです。その違いは?
プレバイオティクスとは
プレバイオティクスとは、プロバイオティクスの働きを助ける物質でオリゴ糖や食物繊維などを指します。
プロバイオティクスとは
プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを整えて体の調子を整えてくれる生きた善玉菌のことです。
腸内環境と腸内細菌
腸は、人間最大の免疫器官なので、腸内環境を整えてくれる腸内細菌は大変に重要なものです。
腸内細菌とは
腸内細菌は、免疫や食品の消化の手伝いなど、人間が生きていくのに欠かせないものです。
善玉菌とは
善玉菌とは、腸の中に住んでいて、腸内環境を良くしてくれる菌のことで、乳酸菌やビフィズス菌などがあります。
悪玉菌とは
悪玉菌とは、臭いおならの元となる物質や発がん性物質を作り、腸内を腐敗させたりする菌で、病気や便秘、体調不良の元になります。
日和見菌(ひよりみきん)とは
日和見菌とは、普段は静かにしていますが、腸内で善玉菌が優勢になれば善玉菌の味方になり、悪玉菌が優勢になれば悪玉菌の味方になる菌です。
ビフィズス菌とは
ビフィズス菌とは、乳酸菌の一種で、主に人間や動物の腸の中に存在している善玉菌ですが、一種類の菌を指すものではなく、何種類かの菌をまとめての総称です。
乳酸菌とは
乳酸菌とは、特定の菌を指すものではなく、糖類から乳酸を作り、腐敗物質を作らない菌の総称です。
有胞子乳酸菌とは
有胞子乳酸菌とは、胞子の殻が乳酸菌を守っているので、胃酸、熱、乾燥に強く、腸管内で発芽して繁殖する乳酸菌です。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌
乳酸菌というと漢字のイメージからミルクに含まれている菌のように思えますが、実際は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けられます。
腸内フローラとは
腸の中で腸内細菌は、同じ種類ごとに群生していて腸の壁面を覆っていることから、腸内フローラと呼ばれています。
乳酸菌生産物質とは
「乳酸菌生産物質」とは、「乳酸菌代謝物」とも呼ばれ、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が人の腸内で生み出す物質の総称のことを指します