腸内細菌は、人間が生きていくのに欠かせないものです。

腸内細菌とは

腸内細菌とは

 

人の腸の中には沢山の細菌が住んでいます。その数は約100種類100兆個、重さは約1キロとも言われています。そして、人間最大の免疫器官の元となっていて外敵から人間を守ってくれています。人間に対して良いことをしてくれる細菌ばかりではなく、発がん性物質を作ったり、臭いおならの原因を作るような、人間に対して悪いことをする菌もこの中に混ざっています。

 

細菌のことなので種類と量は諸説あるようですが、個人差が大きいのと目に見えないので諸説あっても仕方がないと思います。

 

要は「腸内細菌は、回腸から大腸にびっしりと住んでいて、人間が生きていくには欠かせないもので、善玉菌は、消化を助けてくれたり、健康維持の手伝いをしてくれるのに対して、悪玉菌が増えると健康に良くない影響がある。」ということです。

 

腸内細菌,免疫,消化,善玉菌,悪玉菌,日和見菌

 

 

 

・腸内細菌の役割

 

「消化、吸収の手伝いをする。」
「ビタミンを合成する。」
「免疫力の活性化をする。」
「感染を防止する。」
「腸のぜん動運動に協力する。」

 

など人間が生きていく上で欠かすことが出来ない存在です。

 

 

 

 

この腸内細菌を分類すると大きく3種類に分けられます。
それが、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」です。

 

健康な人は、善玉菌約20%、悪玉菌約10%日和見菌約70%位の割合に保たれています。

 

 

 

・善玉菌
乳酸菌・ビフィズス菌など

 

「消化・吸収を助けています。」
「ビタミン合成をする。」
「免疫力を高めます。」
「感染を防ぐ。」
「老化防止。」など、人間に対して良いことをしてくれます。

 

 

 

・悪玉菌
大腸菌・ウェルシュ菌・ブドウ球菌など

 

「発がん性物質を作ります。」
「有害物質を作ります。」
「臭いおならを作ります。」
「腸内を腐敗させます。」
「病気の引き金になります。」
「老化促進。」など、人間に対して悪いことをしてくれます。

 

 

 

・日和見菌
バクテロイデス・連鎖球菌など

 

健康なときはおとなしくしていたり、身体のために良いことをしたりもしてくれますが、身体が弱ると悪い働きをします。

 

 

腸内細菌,免疫,消化,善玉菌,悪玉菌,日和見菌

 

・悪玉菌が増える原因

 

「肉しか食べないなどの偏食。」
「ストレスが多い毎日を送っている。」
「年を取ると悪玉菌が増えます。」
「病気や抗生物質などの投薬。」

 

加齢など防ぎようの無いものもありますが、生活習慣など、自分でコントロール出来るものは、なるべくコントロールして悪玉菌が増えないようにしたいものです。

 

悪玉菌が増えると便秘になったり、おならが臭くなります。この一点だけでも悪玉菌を減らして善玉菌を増やさなくてはならない理由になると思います。(特に女性の方)

 

 

 

 

・善玉菌を増やすには

 

1・・・肉の食べすぎは、腸の中の悪玉菌を増やします。その分善玉菌が減ります。(腸内細菌の住むことができる場所が限られているため)野菜をしっかり食べて、昔ながらの和食に近づけていきましょう。(野菜の中に含まれている食物繊維は善玉菌の餌になります。)

 

善玉菌を増やす「オリゴ糖」も適量摂りたいものです。オリゴ糖は、ほとんど消化吸収されないで大腸に届きますので、善玉菌のエサになります。オリゴ糖は、ごぼう、アスパラガス、大豆、玉ねぎなどに含まれていますが、市販のオリゴ糖を利用するのも手軽で良いと思います。ここで注意が必要なのは、オリゴ糖を直接摂る場合、摂り過ぎるとお腹が緩くなる場合があります。適量を守りましょう。

 

腸の中に元々住んでいる善玉菌に餌を与えて善玉菌を増やして悪玉菌を減らして腸内環境を良くしていこうという考え方です。(プレバイオティクス)

 

 

 

2・・・ヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメント、薬などで、直接腸の善玉菌を増やして腸内環境を良くする。プロバイオティクスという考え方ですが、残念ながら、元々腸の中に住んでいる腸内細菌の力が強く、直接摂った善玉菌は腸の中に定着しないでやがて死んでしまいます。でも、死ぬまでは、善玉菌としての役割をしっかり果たしてくれます。「ヤクルトは毎日飲みましょう。」というのはここからきています。(ヤクルトのホームページにも載っています。当然、ヤクルト以外の乳酸菌飲料やヨーグルト、その他も同じです。)

 



 



 

オリゴ糖を摂って、自分の体の中に住んでいる善玉菌を増やすのか、乳酸菌を直接摂って善玉菌を増やすのか、この選択は迷うところです。両方行えば最高なんですが・・・

 

 

腸内細菌,免疫,消化,善玉菌,悪玉菌,日和見菌

 

関連ページ

オリゴ糖の役割
オリゴ糖とは、特定保健用食品として認められているもので、ビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌の栄養源となります。
オリゴ糖とバナナ
オリゴ糖とバナナと便秘解消の関係です。
オリゴ糖と乳酸菌飲料、ヨーグルト
腸内環境を良くして、臭いおなら対策や便秘の解消をしたいと思って、お店を見たときに目に入ってくるのがオリゴ糖と乳酸菌飲料、ヨーグルトです。その違いは?
プレバイオティクス
プレバイオティクスとは、プロバイオティクスの働きを助ける物質でオリゴ糖や食物繊維などを指します。
プロバイオティクス
プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを整えて体の調子を整えてくれる生きた善玉菌のことです。
腸内環境と腸内細菌
腸は、人間最大の免疫器官なので、腸内環境を整えてくれる腸内細菌は大変に重要なものです。
善玉菌
善玉菌とは、腸の中に住んでいて、腸内環境を良くしてくれる菌のことで、乳酸菌やビフィズス菌などがあります。
悪玉菌
悪玉菌とは、臭いおならの元となる物質や発がん性物質を作り、腸内を腐敗させたりする菌で、病気や便秘、体調不良の元になります。
日和見菌(ひよりみきん)
日和見菌とは、普段は静かにしていますが、腸内で善玉菌が優勢になれば善玉菌の味方になり、悪玉菌が優勢になれば悪玉菌の味方になる菌です。
ビフィズス菌
ビフィズス菌とは、乳酸菌の一種で、主に人間や動物の腸の中に存在している善玉菌ですが、一種類の菌を指すものではなく、何種類かの菌をまとめての総称です。
乳酸菌
乳酸菌とは、特定の菌を指すものではなく、糖類から乳酸を作り、腐敗物質を作らない菌の総称です。
有胞子乳酸菌
有胞子乳酸菌とは、胞子の殻が乳酸菌を守っているので、胃酸、熱、乾燥に強く、腸管内で発芽して繁殖する乳酸菌です。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌
乳酸菌というと漢字のイメージからミルクに含まれている菌のように思えますが、実際は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けられます。
腸内フローラ
腸の中で腸内細菌は、同じ種類ごとに群生していて腸の壁面を覆っていることから、腸内フローラと呼ばれています。
乳酸菌生産物質
「乳酸菌生産物質」とは、「乳酸菌代謝物」とも呼ばれ、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が人の腸内で生み出す物質の総称のことを指します。