有胞子乳酸菌は、腸管内で発芽して繁殖する乳酸菌です。

有胞子乳酸菌とは

有胞子乳酸菌とは、胞子の殻が乳酸菌を守っているので、胃酸、熱、乾燥に強く、腸管内で発芽して繁殖する乳酸菌です。

 

一般的な乳酸菌は熱や胃酸に弱く、せっかくヨーグルトを食べても中に入っている乳酸菌のほとんどは胃で死んでしまいます。

 

一方、有胞子乳酸菌は、胃酸に殺されることなく腸に届くので、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らし腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。

 

お店ではいろいろな種類のヨーグルトや乳酸菌飲料がが売られていますが、腸内環境を良くしようと思って買うなら、腸まで届く乳酸菌が入っているものを選びたいものです。(腸まで届く乳酸菌はメーカーさんでも売り込みポイントなので、商品に必ず記載されていると思ってもらっても問題ないと思います。)

 

胞子・・種みたいなもの。

 



 

 

注・・残念なことに乳酸菌飲料、ヨーグルト、サプリメントなどで乳酸菌を補給しても腸の中で定着できません。

 

口から入った普通の乳酸菌は99.9%が胃酸で死んでしまいます。最近は生きたまま腸に届く乳酸菌が入った乳酸菌飲料、ヨーグルト、サプリメントも販売されていますが、このタイプの乳酸菌でも腸には定着できずに数時間から数日のうちに排泄されてしまいます。このために乳酸菌を毎日摂る必要があります。

 

これは、乳酸菌が根性なしというわけではなく、腸内に元々住んでいる常在菌の縄張り争いが熾烈なのが原因のようです。当然、善玉菌としての仕事はしてくれるので安心してください。定着できないだけです。

 

口から入った乳酸菌が腸で定着できないことは、公益社団法人 日本栄養士会のホームページやヤクルトのホームページのお客様相談センターにも記載されています。

 

乳酸菌を飲んで腸内環境を整えたいけれど、乳酸菌飲料やヨーグルトのカロリーが気になる方はサプリメントをお勧めします。

 

 

 

 

関連ページ

オリゴ糖の役割
オリゴ糖とは、特定保健用食品として認められているもので、ビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌の栄養源となります。
オリゴ糖とバナナ
バナナにはオリゴ糖、食物繊維などが含まれていて、お腹の調子を整える効果が期待できます。
オリゴ糖と乳酸菌飲料、ヨーグルトの違い。
腸内環境を良くして、臭いおなら対策や便秘の解消をしたいと思って、お店を見たときに目に入ってくるのがオリゴ糖と乳酸菌飲料、ヨーグルトです。その違いは?
プレバイオティクスとは
プレバイオティクスとは、プロバイオティクスの働きを助ける物質でオリゴ糖や食物繊維などを指します。
プロバイオティクスとは
プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを整えて体の調子を整えてくれる生きた善玉菌のことです。
腸内環境と腸内細菌
腸は、人間最大の免疫器官なので、腸内環境を整えてくれる腸内細菌は大変に重要なものです。
腸内細菌とは
腸内細菌は、免疫や食品の消化の手伝いなど、人間が生きていくのに欠かせないものです。
善玉菌とは
善玉菌とは、腸の中に住んでいて、腸内環境を良くしてくれる菌のことで、乳酸菌やビフィズス菌などがあります。
悪玉菌とは
悪玉菌とは、臭いおならの元となる物質や発がん性物質を作り、腸内を腐敗させたりする菌で、病気や便秘、体調不良の元になります。
日和見菌(ひよりみきん)とは
日和見菌とは、普段は静かにしていますが、腸内で善玉菌が優勢になれば善玉菌の味方になり、悪玉菌が優勢になれば悪玉菌の味方になる菌です。
ビフィズス菌とは
ビフィズス菌とは、乳酸菌の一種で、主に人間や動物の腸の中に存在している善玉菌ですが、一種類の菌を指すものではなく、何種類かの菌をまとめての総称です。
乳酸菌とは
乳酸菌とは、特定の菌を指すものではなく、糖類から乳酸を作り、腐敗物質を作らない菌の総称です。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌
乳酸菌というと漢字のイメージからミルクに含まれている菌のように思えますが、実際は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けられます。
腸内フローラとは
腸の中で腸内細菌は、同じ種類ごとに群生していて腸の壁面を覆っていることから、腸内フローラと呼ばれています。
乳酸菌生産物質とは
「乳酸菌生産物質」とは、「乳酸菌代謝物」とも呼ばれ、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が人の腸内で生み出す物質の総称のことを指します