上白糖とグラニュー糖の違い

上白糖とグラニュー糖の違い

上白糖は結晶が小さく、しっとりした砂糖で、車糖の仲間に分類されています。日本の家庭では一番使われていて、砂糖と言えば上白糖を指すと言っても過言ではありません。

 

 

グラニュー糖は、上白糖よりも結晶が大きく、サラサラした砂糖で、ザラメ糖の仲間に分類されています。世界で最も使われている砂糖で、日本でも業務用を中心に沢山使われている砂糖です。

 

 

上白糖もグラニュー糖も同じくらい生産されていますが、お店では圧倒的に上白糖が沢山売られています。これは、家庭では上白糖が砂糖であるという認識があり、小売店も数が売れる上白糖を特売に出したほうが売り上げが見込め、メーカーも同じものを沢山生産したほうがコストを下げられるという事情があるからでしょう。「家庭用の砂糖は上白糖に限る。」これで誰も損はしません。

 

グラニュー糖は沢山生産されているのにお店で沢山見かけないのは、業務用に回されているからで、サラサラしていることが扱いやすいことに繋がっているからでしょう。

こんなトラックで一度にドカッと運べば、沢山生産されていて当たり前ですよね。

 

 

砂糖は見えない所で使われていることが一目で分かる統計です。「私は健康のために砂糖を食べません。」口で言うのは簡単ですが、実際はなかなか・・・

 

 

上白糖とグラニュー糖の違い

 

上白糖は、グラニュー糖の細かいタイプではなく、ショ糖が主成分で、水分と転化糖を約1%づつ混ざっているので、しっとりとしていて手にベトベト付きます。

 

グラニュー糖の成分は、ほぼ全てがショ糖で出来ていてサラサラとしています。

 

この僅かな違いにより上白糖が濃厚な甘味になっているのに対して、グラニュー糖は、あっさりした甘味になっています。紅茶やコーヒーなど素材の味や香りを楽しみたいときは、グラニュー糖のほうが適しています。

 

成分
上白糖・・ショ糖の割合が約97.8%残りは水分と転化糖・・・100gあたり384kcal
グラニュー糖・・ショ糖の割合が約99.9%ほぼ全部がショ糖・・・100g当たり387kcal
黒砂糖・・ショ糖の割合が約80%ミネラル分が多い・・・100gあたり354kcal
                  5訂食品成分表より

 

 

 

ショ糖・・砂糖の主成分で、ブドウ糖と果糖が結合したもので二糖類。
転化糖・・ショ糖を加水分解して、ブドウ糖と果糖が混ざったものにした甘味料。ショ糖より甘い。

 

 

 

 

 

 

上白糖はメーカーによって「白砂糖」として販売されているものもあります。上白糖が家庭では砂糖の代名詞になっていることが分かる良い例だと思いますが、

 

買い物に慣れていないお父さんには、上白糖=白砂糖はちょっと難しいかも?

 

 

グラニュー糖は他の砂糖に加工されています。グラニュー糖は喫茶店やファミレスでしか見たことが無いという方でもこちらの砂糖は利用されている方が多いと思います。

 

粉砂糖を使うと美味しさのグレードが一段アップしますね。

 

 

関連ページ

砂糖が白い訳
砂糖の主成分のショ糖の結晶は無色透明です。それなのに白く見えるのは、ショ糖の結晶が光を乱反射して白く見えるためです
砂糖とショ糖の違い
砂糖の主成分はショ糖です。砂糖とショ糖の違いは?
砂糖の原材料と産地
砂糖の原材料はサトウキビとてん菜が主に使われていますが、これ以外にも砂糖楓(さとうかえで)やサトウヤシからも砂糖が作られています。
砂糖の賞味期限
お砂糖には賞味期限がありません。JAS法で賞味期限を表示する必要のない食品に定められています。
砂糖の使い分け
お店に行くといろいろな砂糖が売られているので、どれを使えば良いのか迷ってしまいます。いろいろな砂糖の使い分けについてです。
砂糖の分類
砂糖は大きく分けると、含蜜糖と分蜜糖に分けられます。
砂糖の保存方法
砂糖の保存方法は密閉容器に入れて、なるべく気温や湿度の変化が少ない冷暗所に保管するのが基本です。
砂糖の役割
砂糖の役割は、食品に甘みを付けるだけではありません。他にもいろいろあります。
砂糖はカロリーが高いの?
「砂糖は高カロリー食品だ」よく耳にしますが本当でしょうか?
砂糖は肥満の原因
「砂糖を食べると太る。」と言って砂糖をなるべく使わない人がいらっしゃいます。ではその人が健康的な体型を維持しているかというと???な場合をよく見かけます。
砂糖は虫歯の原因
「砂糖は虫歯の原因だから食べてはいけない。」よく言われることですが本当でしょうか?甘党としては全面否定したいところですが・・・
疲れたとき砂糖が欲しくなるのは
たくさん身体を動かしたときや、頭を使ったときは甘い物(砂糖)が欲しくなります。その原因は
ブドウ糖は、脳のエネルギー源
脳のエネルギー源はブドウ糖です。これが無いと脳は動きません。
ブドウ糖とショ糖(砂糖)の違い
ブドウ糖もショ糖(砂糖)も白くて甘いですが名前が違います。中身の違いは?
黒砂糖と赤砂糖の違い
黒砂糖と赤砂糖の違いですが、基本的には同じものですが、赤砂糖のほうが広い意味で使われている場合があります。
黒砂糖と白砂糖(上白糖)の違い
黒砂糖と白砂糖の違いは色の違いだけではありません。味も違えば、砂糖の中に含まれているミネラル分も違います。
黒砂糖とブラウンシュガーの違い
黒砂糖はサトウキビの搾り汁を加熱して水分を蒸発させたものですが、ブラウンシュガーは色が茶色の砂糖で、「これはブラウンシュガーだ」と言えばブラウンシュガーになります。
角砂糖と氷砂糖の違い
角砂糖も氷砂糖も固まった砂糖ですが、使い方も性質も違います。この違いはどこからくるのでしょうか?
チャイナマーブルと氷砂糖の違い
ちゃいなマーブルと氷砂糖。どちらも砂糖で出来ていてとても美味しいですが、その違いは?
三温糖と上白糖の違い
三温糖と上白糖は、どちらもお店で沢山売られている砂糖です。その違いは?
三温糖とてんさい糖の違い
三温糖もホクレンのてんさい糖もよくスーパーで見かけますが、その中身は色以上の違いがあります。三温糖とてんさい糖を食べ比べしました。
上白糖と白砂糖の違い
上白糖と白砂糖はどちらもスーパーで売っていて見た目も似ています。その違いは?
ブドウ糖果糖液糖と果糖ブドウ糖液糖の違い
ブドウ糖果糖液糖と果糖ブドウ糖液糖はジュースや飲料品、食品などあちこちで使われています。その違いは?
ブドウ糖果糖液糖と液糖の違い
ブドウ糖化糖液糖や液糖は、あまり馴染がありませんが、毎日お世話になっていると言ってもよいくらいに利用しています。その違いは?
麦芽糖と水飴の違い。
麦芽糖と水飴の違いがはっきりしないと思いませんか?麦芽糖と水飴の違いはこれです。
麦芽糖と還元麦芽糖の違い
麦芽糖と還元麦芽糖、名前は似ていますが還元が付くと何が変わるのでしょうか?
水飴と還元水飴の違い
還元水飴は、水飴に水素を添加して、低カロリー甘味料の還元水飴にしたものです。
還元水飴と還元麦芽糖水飴の違い
還元水飴と還元麦芽糖水飴はどちらもキャンディーなどに使われていて似ていますが、両者の違いは?
糖質と糖類の違い
糖質とは、炭水化物の仲間から人間では消化出来ない食物繊維を除いたものです。糖類とは、糖質の中でも、単糖類と二糖類のことを指します。
オリゴ糖とハチミツの違い
オリゴ糖とハチミツ。どちらも甘くて、砂糖よりも体に良いイメージはありますが、どのように体に良いのか?その違いは何か?疑問があります。
バナナは、処分品が甘い理由
緑が少し残ったバナナよりも、黒い点々が出て処分品になったバナナのほうが甘い理由
てん菜糖は体を温めるはウソ?
「てんさい糖は体を温める。」という話はよく聞きます。疑問を感じたので、メーカーさんに聞いてみました。