三温糖と上白糖の違い

三温糖と上白糖の違い

三温糖は車糖の仲間で、茶色がトレードマークの砂糖です。

 

上白糖は車糖の仲間で、普通の人が砂糖と言えば上白糖を指していると思って間違えの無い位メジャーな砂糖です。

 

 

三温糖、上白糖共に精製糖で車糖(くるまとう)に分類されています。(分類図は下にあります。)どちらも、砂糖の主成分であるショ糖に転化糖と水分を混ぜています。あんなに色が違うのに親戚同士です。

 

精製糖・・・粗糖から余分なものを取り除いた、ショ糖の結晶。
車糖・・・水分がやや多く、結晶の大きさが小さい精製糖。ソフトシュガーとも言う。
粗糖・・・精製される前の砂糖で色は茶色。ショ糖の結晶以外に、ある程度の蜜が残っている。
ショ糖・・・砂糖の主成分で、ブドウ糖と果糖が結合したもの。二糖類
転化糖・・・ショ糖を加水分解して、ブドウ糖と果糖が混ざったものにした甘味料。砂糖より甘い

 

 

上白糖は、日本で最も多く使われているお砂糖で、いわいる普通のお砂糖で、しっとりとしていて使いやすく、触ると常温でも手にベトベト付いてきます。砂糖の分類でいうと車糖の仲間になります。

 

三温糖は、上白糖を作った後の糖液から作ったもので、数回の加熱によって色が薄茶色になってしまいます。薄茶色の原因は、砂糖を加熱したことにより「カラメル」ができたからです。三温糖の「三温」はこの加熱からきています。上白糖を作った後から作ることからも分かるように、ミネラル分は期待しないでください。

 

カラメル・・・天然着色料で独特な苦味がある。砂糖を熱して作る。

 

 

三温糖は、上白糖より濃厚な甘さと独特な風味があるので、煮物や佃煮などに使われます。(転化糖とカラメル、微量なミネラル分が原因です)当然、上白糖と同じようにも使えます。

 

砂糖と塩を間違えないように、砂糖を三温糖にして色分けしている家庭もあるようです。

 

「上白糖より濃厚な甘さと独特な風味がある。」とはいっても黒砂糖などと比べれば全然普通の砂糖です。よくスーパーのお砂糖コーナーに置いてある、ホクレンのてんさい糖と比べても上白糖に近い味がするので、「買って失敗した。」と思う方は少ないでしょう。ただし、茶色なので、色的に料理を選ぶかも?また、純粋に砂糖の甘さだけを足したいときは、グラニュー糖をお勧めします。(コーヒーなど)

 

砂糖としては、グラニュー糖が一番単純な味で、それよりも濃厚な味が上白糖、さらにカラメルの味が加わってより濃厚になった三温糖。 三温糖よりも少し濃厚で、わずかに黒砂糖の雰囲気が漂う、ホクレンのてんさい糖といった位置付けだと、管理人の頼りない舌は認識しています。

 

 

 

 

 

三温糖が上白糖よりも値段が高いことが多いのは、単純に上白糖のほうが沢山売れているから安くなっているだけです。スーパーの限られたスペースの中で特売をする時に、上白糖と三温糖どちらかを選ぶとしたら、売り上げの見込める上白糖になってしまいます。

 

 

結論として、
三温糖は上白糖と比べて見た目が一番違っています。
三温糖は、加熱によって生じたカラメルが含まれています。上白糖は含まれていません。
三温糖は、微量なミネラル分が含まれています。(無視しても良い位です。)上白糖には、ミネラル分がほとんど含まれていません。
味は三温糖のほうが少しだけ濃厚です。このような違いはありますが、基本的には親戚です。

 

 

三温糖のエネルギー 100gあたり382kcal
上白糖のエネルギー 100gあたり384kcal
黒砂糖のエネルギー 100gあたり354kcal
    ほとんど変わりません。

 

三温糖のナトリウム 100gあたり 7mg
上白糖のナトリウム 100gあたり 1mg
黒砂糖のナトリウム 100gあたり27mg
    上白糖より含まれているというレベルです。

 

三温糖のカリウム 100gあたり 13mg
上白糖のカリウム 100gあたり 2mg
黒砂糖のカリウム 100gあたり1100mg
    上白糖に近いことが分かります。
             5訂食品成分表より

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

砂糖が白い訳
砂糖の主成分のショ糖の結晶は無色透明です。それなのに白く見えるのは、ショ糖の結晶が光を乱反射して白く見えるためです
砂糖とショ糖の違い
砂糖の主成分はショ糖です。砂糖とショ糖の違いは?
砂糖の原材料と産地
砂糖の原材料はサトウキビとてん菜が主に使われていますが、これ以外にも砂糖楓(さとうかえで)やサトウヤシからも砂糖が作られています。
砂糖の賞味期限
お砂糖には賞味期限がありません。JAS法で賞味期限を表示する必要のない食品に定められています。
砂糖の使い分け
お店に行くといろいろな砂糖が売られているので、どれを使えば良いのか迷ってしまいます。いろいろな砂糖の使い分けについてです。
砂糖の分類
砂糖は大きく分けると、含蜜糖と分蜜糖に分けられます。
砂糖の保存方法
砂糖の保存方法は密閉容器に入れて、なるべく気温や湿度の変化が少ない冷暗所に保管するのが基本です。
砂糖の役割
砂糖の役割は、食品に甘みを付けるだけではありません。他にもいろいろあります。
砂糖はカロリーが高いの?
「砂糖は高カロリー食品だ」よく耳にしますが本当でしょうか?
砂糖は肥満の原因
「砂糖を食べると太る。」と言って砂糖をなるべく使わない人がいらっしゃいます。ではその人が健康的な体型を維持しているかというと???な場合をよく見かけます。
砂糖は虫歯の原因
「砂糖は虫歯の原因だから食べてはいけない。」よく言われることですが本当でしょうか?甘党としては全面否定したいところですが・・・
疲れたとき砂糖が欲しくなるのは
たくさん身体を動かしたときや、頭を使ったときは甘い物(砂糖)が欲しくなります。その原因は
ブドウ糖は、脳のエネルギー源
脳のエネルギー源はブドウ糖です。これが無いと脳は動きません。
ブドウ糖とショ糖(砂糖)の違い
ブドウ糖もショ糖(砂糖)も白くて甘いですが名前が違います。中身の違いは?
黒砂糖と赤砂糖の違い
黒砂糖と赤砂糖の違いですが、基本的には同じものですが、赤砂糖のほうが広い意味で使われている場合があります。
黒砂糖と白砂糖(上白糖)の違い
黒砂糖と白砂糖の違いは色の違いだけではありません。味も違えば、砂糖の中に含まれているミネラル分も違います。
黒砂糖とブラウンシュガーの違い
黒砂糖はサトウキビの搾り汁を加熱して水分を蒸発させたものですが、ブラウンシュガーは色が茶色の砂糖で、「これはブラウンシュガーだ」と言えばブラウンシュガーになります。
角砂糖と氷砂糖の違い
角砂糖も氷砂糖も固まった砂糖ですが、使い方も性質も違います。この違いはどこからくるのでしょうか?
チャイナマーブルと氷砂糖の違い
ちゃいなマーブルと氷砂糖。どちらも砂糖で出来ていてとても美味しいですが、その違いは?
三温糖とてんさい糖の違い
三温糖もホクレンのてんさい糖もよくスーパーで見かけますが、その中身は色以上の違いがあります。三温糖とてんさい糖を食べ比べしました。
上白糖とグラニュー糖の違い
同じ砂糖なのに上白糖とグラニュー糖は、しっかり分けて売られています。この2種類の違いは?
上白糖と白砂糖の違い
上白糖と白砂糖はどちらもスーパーで売っていて見た目も似ています。その違いは?
ブドウ糖果糖液糖と果糖ブドウ糖液糖の違い
ブドウ糖果糖液糖と果糖ブドウ糖液糖はジュースや飲料品、食品などあちこちで使われています。その違いは?
ブドウ糖果糖液糖と液糖の違い
ブドウ糖化糖液糖や液糖は、あまり馴染がありませんが、毎日お世話になっていると言ってもよいくらいに利用しています。その違いは?
麦芽糖と水飴の違い。
麦芽糖と水飴の違いがはっきりしないと思いませんか?麦芽糖と水飴の違いはこれです。
麦芽糖と還元麦芽糖の違い
麦芽糖と還元麦芽糖、名前は似ていますが還元が付くと何が変わるのでしょうか?
水飴と還元水飴の違い
還元水飴は、水飴に水素を添加して、低カロリー甘味料の還元水飴にしたものです。
還元水飴と還元麦芽糖水飴の違い
還元水飴と還元麦芽糖水飴はどちらもキャンディーなどに使われていて似ていますが、両者の違いは?
糖質と糖類の違い
糖質とは、炭水化物の仲間から人間では消化出来ない食物繊維を除いたものです。糖類とは、糖質の中でも、単糖類と二糖類のことを指します。
オリゴ糖とハチミツの違い
オリゴ糖とハチミツ。どちらも甘くて、砂糖よりも体に良いイメージはありますが、どのように体に良いのか?その違いは何か?疑問があります。
バナナは、処分品が甘い理由
緑が少し残ったバナナよりも、黒い点々が出て処分品になったバナナのほうが甘い理由
てん菜糖は体を温めるはウソ?
「てんさい糖は体を温める。」という話はよく聞きます。疑問を感じたので、メーカーさんに聞いてみました。