砂糖は虫歯の原因は本当??

砂糖は虫歯の原因

砂糖,虫歯,原因,虫歯菌,虫歯,歯垢,歯石,歯,糖質

 

 

砂糖は虫歯の原因

 

 

「砂糖は虫歯の原因だから食べてはいけない。」甘党としては「うるさい」と全面否定したいところですが、少し冷静になってみました。

 

結論から言うと「砂糖は虫歯になる原因の一つだが、砂糖を止めれば虫歯にならない。というほど単純では無い。」ということです。

 

 

虫歯になる原因と対策

 

・糖質(代表が砂糖)

細菌は砂糖を原料として、歯垢(プラーク)を作ります。歯垢はネバネバしているので、歯の表面にくっつきます。そして、細菌は歯垢を住み家として、砂糖などを食べて酸を作り、歯のエナメル質を溶かして虫歯になります。

 

ここで、甘党の疑問「砂糖を食べなければ虫歯にならない。これはどう見ても乱暴すぎるだろう。江戸時代でも虫歯はあったんだから。」

 

答え・・・虫歯菌は砂糖を食べて生きている訳ではありません。糖質を食べて生きているんです。
当然ですよね。砂糖しか食べられないなら、砂糖の無い大昔に絶滅しています。

 

ただ、人間が食べている食品の中で、虫歯菌が大好物で量も沢山あるのが砂糖なんです。
だから、「砂糖は食べてはいけない。」という食事を楽しむことを否定するような意見が出てくるのです。

 

個人的意見ですが、「砂糖は虫歯の原因だから食べてはいけない。」は間違ってはいませんが、歯の事しか考えていない考え方だと思います。
歯は、人間の体と心のほんの一部にすぎません。
ほんの一部(歯)を尊重しすぎて全体の活動(人)に支障があるのは考え物ではないでしょうか?
当然、「砂糖は食べない。」を実践している方は否定しません。その人に合っていれば良いのです。

 

個人的には、「砂糖は食べない。」などは論外なので、歯磨きで虫歯対策をしたいと思います。

 

砂糖,虫歯,原因,虫歯菌,虫歯,歯垢,歯石,歯,糖質

 

 

・時間

虫歯は嫌だが甘い物(砂糖)は大好き。砂糖否定派は敵だと思っている方でも実践してほしいのは、「時間」に対する考え方です。
基本は、「砂糖が、口の中にいる時間を減らしましょう。」ということです。

 

「時間」と言ってもいくつかに分けられていて

 

1・・・口の中に砂糖を長時間留めておかない。
2・・・だらだらと食べたり飲み続けたりしない。
3・・・寝る前に食べたり、飲んだりしない。

 

この3点があります。

 

 

具体的には、

 

1・・・砂糖を使っているアメやガムを長時間食べ続けない。
砂糖が長時間口の中に留まっているということは、虫歯菌は食べ放題のお店にいるようなものです。
虫歯菌は節操が無いので、砂糖をどんどん食べて仲間を増やし、酸を出して、虫歯を作ります。
落下飴やチャイナマーブル、ニッキ飴などの砂糖を使っているアメは節操を持って食べる。出来れば食後の別腹の時がおすすめです。

 

2・・・間食はなるべくしない。
砂糖を食べる(食事をする)と口の中は酸性になり、歯のエナメル質が溶けて虫歯になります。
間食をするということは、口の中が酸性になっている時が多いということなので、虫歯になり易くなります。

 

考え方としては
1日3食の時は、3回酸性になるので、3回虫歯に成り易くなる。
1日3食と3回の間食の時は、6回酸性になるので、6回虫歯に成り易くなる。
だから、3回のほうの食生活をしましょう。ということです。

 

3・・・寝る前に食べない。歯をみがく。
人間は寝てしまうと唾液の出が悪くなります。唾液が少ないということは、虫歯菌が活動し易くなるということなので、
その時に、虫歯菌のエサを口の中に置いておかないことが大切です。

 

口呼吸をして、口の中を乾かさないことも大切なんですが、鼻炎の人(管理人)はちょっとむつかしいかな?

 

 

まとめると、甘い物は、間食にしないで別腹対応にして食後歯をみがき、寝る前に食べるのも止めて歯をみがいて寝る。ということです。これで、虫歯になる確率は減ると思います。

 

砂糖,虫歯,原因,虫歯菌,虫歯,歯垢,歯石,歯,糖質

 

 

・細菌

虫歯菌の代表選手はミュータンス菌ですが、これ以外にもいろいろな菌がいて悪さをしてくれます。
砂糖など虫歯菌のエサを食べると、虫歯菌がネバネバとした歯垢を作ります。歯垢は出来て直ぐは白ですが、だんだん黄色くなってきます。
それが、カルシウムと合わさって歯石になり、歯周病の元になります。

 

イメージとしては、虫歯菌は歯垢という「家」を作りますが、この段階ならば、歯磨きで落とせます。
さらに、虫歯菌が繁栄してしまうと歯垢という家だけでは物足りなくなって、歯石という「城」を作ります。
そして、歯石という「城」は歯医者さんでないと落城させられません。

 

症状としては、口臭→虫歯→歯周病→病気と進んでいきます。

 

我々ができる対策としては、歯磨きをして歯垢を付けないことと、定期的に歯医者さんに行って歯石を取るなどのメンテナンスをしてもらうことです。

 

 

 

・体質

虫歯菌は酸を出しますが、この酸に対する抵抗力は人によって違います。この点は改善できないので「あきらめ」て出来ることをしましょう。

 

 

 

関連ページ

砂糖の原材料と産地
砂糖の原材料はサトウキビとてん菜が主に使われていますが、これ以外にも砂糖楓(さとうかえで)やサトウヤシからも砂糖が作られています。
砂糖の役割
砂糖の役割は、食品に甘みを付けるだけではありません。他にもいろいろあります。
砂糖が白い訳
砂糖の主成分のショ糖の結晶は無色透明です。それなのに白く見えるのは、ショ糖の結晶が光を乱反射して白く見えるためです
砂糖の分類
砂糖は大きく分けると、含蜜糖と分蜜糖に分けられます。
砂糖とショ糖の違い
砂糖の主成分はショ糖です。砂糖とショ糖の違いは?
砂糖の保存方法
砂糖の保存方法は密閉容器に入れて、なるべく気温や湿度の変化が少ない冷暗所に保管するのがおすすめです。
砂糖の賞味期限
お砂糖には賞味期限がありません。JAS法で賞味期限を表示する必要のない食品に定められています。
砂糖は肥満の原因
「砂糖を食べると太る。」と言って砂糖をなるべく使わない人がいらっしゃいます。ではその人が健康的な体型を維持しているかというと???な場合をよく見かけます。
疲れたとき砂糖が欲しくなるのは
たくさん身体を動かしたときや、頭を使ったときは甘い物(砂糖)が欲しくなります。その原因は
上白糖とグラニュー糖の違い
同じ砂糖なのに上白糖とグラニュー糖は、しっかり分けて売られています。この2種類の違いは?
上白糖と白砂糖の違い
上白糖と白砂糖はどちらもスーパーで売っていますが、見た目も似ています。その違いは?
三温糖と上白糖の違い
三温糖と上白糖は、どちらもお店で沢山売られている砂糖です。その違いは?
三温糖とてん菜糖の違い
三温糖もホクレンのてんさい糖もよくスーパーで見かけますが、その中身は色以上に違いがあります。三温糖とてんさい糖を食べ比べしました。
てんさい糖は体を温めるはウソ?
「てんさい糖は体を温める。」という話はよく聞きます。疑問を感じたので、メーカーさんに聞いてみました。
いろいろな砂糖の使い分けについて
お店に行くといろいろな砂糖が売られているので、どれを使えば良いのか迷ってしまいます。いろいろな砂糖の使い分けについてです。
角砂糖と氷砂糖の違い
角砂糖も氷砂糖も固まった砂糖ですが、使い方が違います。この違いはどこからくるのでしょうか?
ちゃいなマーブルと氷砂糖の違い
ちゃいなマーブルと氷砂糖。どちらも砂糖で出来ていて、とても美味しいですが、その違いは?