てん菜糖は体を温めるはウソ?

てんさい糖は体を温めるはウソ?

サトウキビで作った砂糖は体を冷やして、てん菜から作った砂糖は体を温める。このような記事を見て疑問を感じたので調べてみました。

 

 

「サトウキビで作った砂糖は体を冷やして、てん菜から作った砂糖は体を温める。」この考え方は「マクロビオティック」から来ているようです。

 

「マクロビオティック」の考え方は、全てのものは陰と陽に分けられていて、そのバランスを取ることが大切である。という考え方のようですが、陰と陽の2つに分けるのではなく、真ん中もあったりして、細かく分かれています。例えば、人間は陽ですが、男女やその人の体質で微妙に陽のポジションが変わり、食べたほうが良い食品も少し変わります。

 

 

肝心の食事に関しては、玄米を6割位野菜,海藻、豆類などの植物性の物を中心に食べて、肉、魚、乳製品、添加物いりの食品などはなるべく食べないようにする。というのが大雑把なところで、これ以外にも地産地消、外国産の食品や気候の違う所の食品もお勧めはしていません。マクロビオティックを実践していない管理人から見ると一種のベジタリアンに見えます。


 

 

 

砂糖に関しては、「精製した白い砂糖はアウト。」ミネラル分の含まれている砂糖はギリギリセーフのようですが、マクロビオティックもいろいろな流儀があるようで、食べてよい基準が流儀によって違うように見受けられます。

 

不思議なのは、陰と陽の関係で、南の地方で作られたサトウキビを原料にした黒砂糖は、あまりお勧めしていなくて、北の地方で作られたてんさい糖は、黒砂糖よりもミネラル分は少ないのに、比較的体を温めるということで、それなりにお勧めされています。「体を温めるという根拠は?」残念ながら分かりませんでした。

 

 

 

さらに、マクロビオティックではメープルシロップは良い甘味料とお勧めされていますが、「カナダ産」だけど日本で使って大丈夫?地産地消は大原則じゃないの?こんな疑問も湧いてきました。

 

さらにさらに、砂糖はビタミンB1を大量に消費するから体に良くない。とされていますが、ビタミンB1の多く含まれている食品は、マクロビオティックではほとんど食べてはいけない「豚肉」や「うなぎ」で妙に納得したり、

 

さらにさらにさらに、白い砂糖は血糖値を短時間で上下させるから良くない。というように「陰と陽」から大分離れた内容が出てきたりして興味は尽きませんでした。

 

上白糖以外の砂糖は、マクロビオティックを実践している方で使用している方もいらっしゃるようです。このデータが満足いく数字なのかは判断をお任せします。

 

 

 

それ以外にも、エスキモーはマクロビオティックでお勧めされていない肉食だけど、地産地消の物を食べているから問題無し。など???なところもありました。マクロビオティックをしっかり実践している方が見ると怒るでしょうが、あくまで素人目の勉強不足な感想です。


 

 

 

管理人の感想だけではいけないと思って、てん菜から砂糖を作っているメーカーさんにも問い合わせてみましたが、「てん菜から作った砂糖は体を温める。という科学的根拠は無い。」とのことでした。メールの返信は公開しないでほしい。と書いてあったので公開できなくて残念です。

 

このようにマクロビオティックには???な点が多く、疑問を感じている管理人を一発で納得させる一文があったので載せます。

マクロビオティックは思想である。

この一言で納得しました。思想なら細かいことは気にしなくて済みますし、思想なら共感できる所もいろいろあります。

 

マクロビオティックに興味のある方は、都合の良いところだけでも実行してみて調子が良ければラッキー。これで良いと思います。ただし、成長期の子供に動物性のタンパク質を抑えるような食事はお勧めしません。成人になって自分の意志でコントロールできる方専用です。

 

 

マクロビオティックを実践していない素人目から見たときこれが一番しっくりくると思います。

 

 

とりあえず、マクロビオティックではこのように食べるように努めるみたいです。これ以外にも、マクロビオティックを追及しすぎて人間関係を悪くしないようにしなくてはならない。と指摘する声もありました。

 

マクロビオティックは一つの考え方なので、現代の食生活に疑問があったり、トラブルを抱えている方は覗いてみても損はないかもしれません。一番大切なことは「自分に合っているのか?」この1点だと思います。

関連ページ

角砂糖と氷砂糖の違い
角砂糖も氷砂糖も固まった砂糖ですが、使い方も性質も違います。この違いはどこからくるのでしょうか?
砂糖が白い訳
砂糖の主成分のショ糖の結晶は無色透明です。それなのに白く見えるのは、ショ糖の結晶が光を乱反射して白く見えるためです
砂糖とショ糖の違い
砂糖の主成分はショ糖です。砂糖とショ糖の違いは?
砂糖の原材料と産地
砂糖の原材料はサトウキビとてん菜が主に使われていますが、これ以外にも砂糖楓(さとうかえで)やサトウヤシからも砂糖が作られています。
砂糖の賞味期限
お砂糖には賞味期限がありません。JAS法で賞味期限を表示する必要のない食品に定められています。
砂糖の使い分け
お店に行くといろいろな砂糖が売られているので、どれを使えば良いのか迷ってしまいます。いろいろな砂糖の使い分けについてです。
砂糖の分類
砂糖は大きく分けると、含蜜糖と分蜜糖に分けられます。
砂糖の保存方法
砂糖の保存方法は密閉容器に入れて、なるべく気温や湿度の変化が少ない冷暗所に保管するのが基本です。
砂糖の役割
砂糖の役割は、食品に甘みを付けるだけではありません。他にもいろいろあります。
砂糖は肥満の原因
「砂糖を食べると太る。」と言って砂糖をなるべく使わない人がいらっしゃいます。ではその人が健康的な体型を維持しているかというと???な場合をよく見かけます。
砂糖は虫歯の原因
「砂糖は虫歯の原因だから食べてはいけない。」よく言われることですが本当でしょうか?甘党としては全面否定したいところですが・・・
三温糖と上白糖の違い
三温糖と上白糖は、どちらもお店で沢山売られている砂糖です。その違いは?
三温糖とてんさい糖の違い
三温糖もホクレンのてんさい糖もよくスーパーで見かけますが、その中身は色以上の違いがあります。三温糖とてんさい糖を食べ比べしました。
上白糖とグラニュー糖の違い
同じ砂糖なのに上白糖とグラニュー糖は、しっかり分けて売られています。この2種類の違いは?
上白糖と白砂糖の違い
上白糖と白砂糖はどちらもスーパーで売っていて見た目も似ています。その違いは?
チャイナマーブルと氷砂糖の違い
ちゃいなマーブルと氷砂糖。どちらも砂糖で出来ていてとても美味しいですが、その違いは?
疲れたとき砂糖が欲しくなるのは
たくさん身体を動かしたときや、頭を使ったときは甘い物(砂糖)が欲しくなります。その原因は