沖縄県伊江島、伊平屋島、西表島さん黒糖の試食レビュー

沖縄産黒砂糖、試食レビュー(伊江島・伊平屋島・西表島)

 

 

黒砂糖は、サトウキビの搾り汁を煮詰めただけというシンプルな製造方法なので、生産地によって味が違います。いろいろな産地の黒砂糖を試食してみました。沖縄県伊江島、伊平屋島、西表島産黒糖

 

 

沖縄産黒砂糖、試食レビュー・・・1(伊江島、伊平屋島、西表島)

 

 

沖縄産黒砂糖、試食レビュー・・・2(与那国島、小浜島、多良間島)

 

 

沖縄産黒砂糖、試食レビュー・・・3(波照間島、粟国島、スプーン印黒砂糖)

 

 

8つの島の黒砂糖まとめ試食レビューは各ページの一番下にあります。

 

沖縄県 伊江島産 かち割り黒糖 沖縄黒糖マーク付き

 

沖縄県伊江島は、沖縄本島の本部半島の北西約9キロに位置する離島で、四季折々のお花、落花生、紅芋など沢山の特産品や城山(ぐすくやま)、湧出(ワジー)、リリーフィード公園などの観光スポットが有名です。

 

 

 

伊江島には定番の「島らっきょう」の他にもいろいろな特産品がありますが、これが特に目を引きました。「イエアイランドハイビスカスソープ」はっきり言って名前にやられました。南国ムード満点だと思いませんか?

 

ラム酒はサトウキビの搾り汁から作っています。中南米産のラム酒と飲み比べてください。

 

 

 

 

 

伊江島産黒糖。製造はJAおきなわ伊江支店。
パッケージは、湿らないようにチャックが付いていて、中に乾燥剤が入っています。

 

原材料名は、「さとうきび(沖縄県産)」となっています。本物の沖縄県産黒糖です。

 

ブロックの硬さは普通(スプーン印の黒砂糖と同じ位)で粒に大小が目立ちます。一番の特徴は、雑味が多いことです。特に噛むとよく分かります。「黒糖はただ甘いだけでは物足りない。」という方にはオススメの黒糖です。

 

沖縄産黒糖の食べ比べには最適なゼットです。黒糖は各島でびっくりするくらい味が違います。甘党なら、体験してみる価値があります。

 

沖縄県 伊平屋島産 かち割り黒糖 沖縄黒糖マーク付き

 

沖縄県伊平屋(いへや)島は、沖縄県の最北端で、東シナ海洋上に浮かぶ離島です。 北緯27.2度、東経127度58分に位置し、那覇市から北方に117km、フェリー発着の今帰仁村運天港よリ41.1kmの距離にあります。特産品はもずく、泡盛、黒糖などがあります。
伊平屋ムーンライトマラソンは、公式マラソンとしては日本で唯一認められたナイトマラソンとして有名です。 伊平屋島は「てるしの」の島とも言われていますが、「てるしの」とは太陽神を表す古語です。

 

 

黒砂糖以外で、伊平屋島の特産と言ったら「もずく」でしょう。違う量の「もずくうどん」もあります。

 

 

生産量の70%は伊平屋島内で消費されるという泡盛です。地元の方が愛する泡盛をぜひご堪能ください。

 

 

 

 

製造は、JAおきなわ伊平屋支店
パッケージは普通で、袋に入っているだけです。乾燥剤は入っていませんが必要無い位乾燥しています。

 

原材料名は、「さとうきび」となっています。本物の沖縄県産黒糖です。

 

一番の特徴はしっかり乾燥させているのでブロックが硬く、比較的大小が無いことです。味は雑味が少なくて甘さが前面に出てきます。舐めていてもブロックが崩れにくく、キャンディーに近い感じです。伊平屋村の公式ホームページでもしっかり紹介されているだけの品質だと思います。

 

沖縄県 西表島産 黒糖 沖縄黒糖マーク付き

 

西表島は、八重山諸島最大の島で、イリオモテヤマネコ、カンムリワシ、セマルハコガメ、サキシマハブなど貴重な動物が数多く生息しています。亜熱帯のジャングルをめぐるエコツアーなどが有名です。  特産品としては気候を利用した南国フルーツ全般(特にパイナップル)やサトウキビなどがあります。

 

 

 

西表島と言えば南国果実でしょう。

 

定番の泡盛もあります。

 

 

 

製造は、西表糖業株式会社
パッケージは普通で、中に乾燥剤が入っています。沖縄県黒糖マーク付き。

 

原材料名は「さとうきび(西表島産)」となっています。本物の沖縄県産黒糖です。

 

ブロックは四角に統一されていて、どれも同じ大きさで見栄えは良いと思います。、ブロックの硬さは普通ですが、口の中に入れると比較的早く溶けるような気がします。一番の特徴は、口の中に入れたとき、匂い?のような「独特な味」がします。(文才が無くゴメンナサイ)それ以外の雑味と甘味は伊平屋産と同じ位で甘味の中に雑味が少しある感じです。「独特な味」も食べ比べなければ黒糖のクセのように思えるだけで、イヤなものではありません。

 

西表島の黒糖は、有名なので売り切れていることがよくあります。他の沖縄産黒糖にも美味しいものが沢山あるので是非楽しんでください。

 

 

沖縄産黒糖食べ比べまとめ

関連ページ

沖縄産黒砂糖、試食レビュー・・・2
黒砂糖は、サトウキビの搾り汁を煮詰めただけというシンプルな製造方法なので、生産地によって味が違います。いろいろな産地の黒砂糖を試食してみました。沖縄県与那国島、小浜島、多良間島産黒糖
沖縄産黒砂糖、試食レビュー・・・3
黒砂糖は、サトウキビの搾り汁を煮詰めただけというシンプルな製造方法なので、生産地によって味が違います。いろいろな産地の黒砂糖を試食してみました。波照間島、粟国島産黒糖 スプーン印黒砂糖
きび砂糖、試食レビュー
スーパーの砂糖コーナーでよく見かけるカップ印のきび砂糖を試食してみました。きび砂糖は少し値段が高いので、興味があっても手を出しにくい砂糖です。参考になれば幸いです。
スリムアップシュガー、試食レビュー
砂糖と同じ甘さで、使用量1/3の、味の素スリムアップシュガーを試食してみました。
てんさい糖、試食レビュー
オリゴ糖が入っていることで有名な、北海道産ホクレンのてんさい糖、試食レビューです。
乳果オリゴ糖、試食レビュー
砂糖と乳糖を原料にして作られる乳果オリゴ糖(ラクトスクロース・乳糖果糖オリゴ糖)の試供品があるということなので、早速注文してみました。
ぶどう糖、試食レビュー
誰でも名前と甘いことは知っているけど、単体で食べた体験は少ないと思うブドウ糖を試食してみました。
ラカント カロリーゼロ飴、試食レビュー
ラカント カロリーゼロ飴は、エリスリトールと、羅漢果エキスを使った飴で、カロリーコントロールが必要な方の強い味方ということですが、味が気になったので試食してみました。
ラフィノースオリゴ糖(ビートオリゴ糖)、試食レビュー
砂糖の原料でもあるてん菜(ビート)から作られた、ラフィノースオリゴ糖(ビートオリゴ糖)の試供品があるということなので、早速注文してみました。
和三盆、試食レビュー
江戸時代から伝わる高級な砂糖の和三盆を試食してみました。伝統を伝える繊細な味わいは、価値ある体験になりました。