オリゴ糖が入っている、ホクレンのてんさい糖の試食レビューです。

てんさい糖、試食レビュー

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

スーパーでよく見かける、ホクレンのてんさい糖ですが、一番の特長はオリゴ糖が混じっていて、「おなかにうれしい砂糖」ということです。

 

皆さん「どんな砂糖だろう?」と興味はお持ちのことと思いますが、残念なことに、ちょっと値段が高いので、失敗したときのことを考えて、横目で見るだけという方が多いのではないでしょうか?

 

普通の砂糖は1キログラム入っているのに対して、てんさい糖は700グラム入りです。(今は650g入りに変わってしまいました。残念。)

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

天然のミネラル分が入っていて、オリゴ糖も含まれているので、腸の中のビフィズス菌を増やす効果もあり、黒砂糖のように、料理を選ばないで何にでも使える。「おなかにうれしい砂糖」というようなことが書いてあります。

 

別の表現にすると、
「普通の砂糖では、栄養の点で不満のある方。」
「お腹の調子を良くするオリゴ糖も摂りたい方。」
「どんな料理に使っても良い砂糖。」
このような万能タイプの砂糖をお探しの方に最適です。ということが書いてあります。

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

「ホクレン」マーク。信頼できる品質が売りです。ホクレンの正式名称は、ホクレン農業協同組合連合会と言い、北海道の農協により組織された連合会です。

 

食糧は、人間にとって一番大切な物なので、日本の安全保障の点からも国を挙げて応援してあげてほしいと思っています。良質な農作物を作ってくれる農家は、何の不安も無く、良い暮らしができる世の中になってもらいたいと思います。

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

裏面には、北海道産てん菜100%使用と書かれています。てん菜は、北海道やヨーロッパなど、比較的寒い所で栽培されていて、根に含まれているショ糖から砂糖を作っています。

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

てんさい糖のカロリー 100グラムあたり390kcal

 

参考、
グラニュー糖 100グラムあたり387kcal
上白糖 100グラムあたり384kcal
三温糖 100グラムあたり382kcal
黒砂糖 100グラムあたり354kcal
  五訂日本食品標準成分表より

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

てんさい糖に含まれているミネラル分が多いと見るか、少ないと見るかは意見が分かれるところだと思いますが、ミネラル分を多くすると、黒砂糖に近くなり、「普通のお砂糖と同じようにお使いください。」とはいかなくなります。

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

 

てんさい糖の一番の特長である、オリゴ糖は100グラムあたり5グラム入っています。

 

オリゴ糖の含まれる割合が少ないと感じる方もいらっしゃると思いますが、オリゴ糖は、一度に沢山食べると、お腹がゆるくなります。普通の砂糖と同じように使ってもらう砂糖なので、オリゴ糖が入りすぎていると逆に問題が起きてくる可能性があります。

 

甘味の点でも、オリゴ糖は砂糖(ショ糖が主成分)よりも甘さが少ないので、入れ過ぎると、甘味が少なくなってしまいます。ちなみに、ラフィーノースオリゴ糖の甘味度は、砂糖を1とすると、0.2位です。

 

ちなみに、てん菜から作られた全ての砂糖にオリゴ糖が入っているわけではありません。オリゴ糖が入っている砂糖には必ず「オリゴ糖」と書いてあります。(書いてなかったら問題になります。)

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

てんさいとうは顆粒状になっています。当然ですが、粒が大きい分だけ上白糖よりも、溶けるのに時間がかかります。(問題になるほど溶けが悪いわけではありません。)

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

ホクレン てんさい糖の色が茶色いのは、ミネラル分が含まれているためです。顆粒状のやや大きい粒で、サラサラした砂糖です。

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

同じようにサラサラした砂糖のグラニュー糖。淡白な味なので、素材の味を邪魔しないで、甘味だけつけるのが特長です。

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

日本で一番使われている砂糖は上白糖です。しっとりしている砂糖です。

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

三温糖の茶色はカラメルの茶色で、ミネラル分は期待できません。濃厚な味が特長です。

 

 

肝心の味ですが、舐めてみると微妙に黒砂糖の味がします。原因はてんさい糖に含まれているミネラル分です。

 

甘さは上白糖のほうが、濃厚な甘さがして、てんさい糖のほうが、甘さは少なく感じました。

 

これは、上白糖がショ糖と転化糖(ブドウ糖と果糖が混ざったもので砂糖の主原料のショ糖より甘い。)を混ぜたもので、濃厚な味がするのに対して、

 

てんさい糖は、砂糖の主原料のショ糖にショ糖よりも甘くないオリゴ糖が混ざっているためです。

 

 

てん菜由来のオリゴ糖は、ラフィノースオリゴ糖ですが、甘味としては砂糖を1とすると、0.2位です。

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

試しに、てんさい糖を使って「くず餅もどき」を作ってみました。
材料は、片栗粉、てんさい糖、水、塩を使い、弱火でかき混ぜながら、固まるのを待ち、固まったら冷やして出来上がりという、子供だましのようなお菓子ですが、てんさい糖の味が前面に出てくるので、上白糖で作った「くず餅もどき」とはだいぶ違った味になりました。

 

例えるなら、上白糖で作ったものは、「白いういろ」の味がして、黒砂糖なら、「黒(茶)色のういろ」の味、てんさい糖で作ると、中間よりやや黒砂糖よりの味がしました。

 

さらに、てんさい糖を使って「卵焼き」も作ってみました。こちらは、上白糖を使ったときと変わらない味でした。黙っていれば分からない出来上がりだと思います。

 

お菓子作りは、上品な味にしたかったらグラニュー糖。特定のお菓子には欠かせない黒砂糖など、使い分けがあるので、砂糖の味としては中途半端な設定のてんさい糖は、お菓子作りにはお勧めしません。

 

お菓子作りは詳しくないですが、初めて「てんさい糖」を使ってお菓子を作るときは、「この味のお菓子を作る。」ではなく「出来上がりの味はお楽しみ?」になるでしょう。

 

せっかくお菓子を作るのならば、砂糖選びはこだわってもらいたいと思います。
「グラニュー糖は、純粋な砂糖(ショ糖)の味。」
「黒砂糖は、濃厚で雑味がいっぱいな天然の味。」

 

 

以上のことから、ご飯を食べながら、自然にオリゴ糖やミネラル分を摂りたい方には便利なお砂糖だと思いますが、全ての料理、全てのニーズに完璧に応えられる砂糖ではありません。そこの所は分かってあげてください。

 

てんさい糖,試食,レビュー,試食レビュー,ホクレン,オリゴ糖,味,評判

 

 

残念ながらホクレンてんさい糖は700g入りから650g入りに変わってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

沖縄産黒砂糖、試食レビュー・・・1
黒砂糖は、サトウキビの搾り汁を煮詰めただけというシンプルな製造方法なので、生産地によって味が違います。いろいろな産地の黒砂糖を試食してみました。沖縄県伊江島、伊平屋島、西表島産黒糖。
沖縄産黒砂糖、試食レビュー・・・2
黒砂糖は、サトウキビの搾り汁を煮詰めただけというシンプルな製造方法なので、生産地によって味が違います。いろいろな産地の黒砂糖を試食してみました。沖縄県与那国島、小浜島、多良間島産黒糖
沖縄産黒砂糖、試食レビュー・・・3
黒砂糖は、サトウキビの搾り汁を煮詰めただけというシンプルな製造方法なので、生産地によって味が違います。いろいろな産地の黒砂糖を試食してみました。波照間島、粟国島産黒糖 スプーン印黒砂糖
きび砂糖、試食レビュー
スーパーの砂糖コーナーでよく見かけるカップ印のきび砂糖を試食してみました。きび砂糖は少し値段が高いので、興味があっても手を出しにくい砂糖です。参考になれば幸いです。
和三盆、試食レビュー
高級な砂糖として名高い和三盆を試食してみました。
スリムアップシュガー、試食レビュー
砂糖と同じ甘さで、使用量1/3の、味の素スリムアップシュガーを試食してみました。
カロリーゼロ飴、試食レビュー
ラカント カロリーゼロ飴は、エリスリトールと、羅漢果エキスを使った飴で、カロリーコントロールが必要な方の強い味方ということですが、味が気になったので試食してみました。
ブドウ糖、試食レビュー
名前は知っているけど、単体で食べた体験は少ないブドウ糖を試食してみました。
乳果オリゴ糖、試食レビュー
砂糖と乳糖を原料にして作られる乳果オリゴ糖(ラクトスクロース・乳糖果糖オリゴ糖)の試供品があるということなので、早速注文してみました。
ラフィノースオリゴ糖、試食レビュー
砂糖の原料でもあるてん菜(ビート)から作られた、ラフィノースオリゴ糖の試供品があるということなので、早速注文してみました。