お店での扱いが少ない砂糖を集めました。

その他の砂糖の種類と特徴

関心の高い砂糖と糖質

きび砂糖・・・ミネラル分を残しているのに、どんな料理にも使える砂糖

てんさい糖・・・オリゴ糖とミネラル分の入っている砂糖(北海道産)

難消化性デキストリン・・・水溶性食物繊維がお腹の調子を助けます。

オリゴ糖と腸内環境・・・オリゴ糖と乳酸菌、ビフィズス菌の関係

きび砂糖は「精製された砂糖ではなく、ミネラル分の残った砂糖を使いたい。というリクエストから生まれてきました。

ミネラル分を最大限に残して、どんな料理にも使えるように工夫してあります。

 

 

 

 

お店で見かける砂糖

角砂糖・・・コーヒーや紅茶には欠かせない純度の高い砂糖。

フロストシュガー・・・「溶ける」この1点に用途を絞った砂糖。

グラニュー糖・・・あっさりとした甘みが魅力。業務用でも大活躍。

黒砂糖(黒糖)・・・産地によって変わる味が魅力です。

氷砂糖・・・梅酒造りには欠かせない、溶けないことが売りです。

粉砂糖(粉糖)・・・チョコレートケーキの雪。

三温糖・・・茶色でしっとりとした人気の高い砂糖。

上白糖(白砂糖)・・・日本の家庭で砂糖と言えばこれ。

中ザラ糖・・・煮物や照り焼き・すき焼きには欠かせません。

白ザラ糖・・・純度が高くて、結晶がやや大きい砂糖。

メープルシロップ・・・ホットケーキに欠かせない砂糖です。

和三盆(わさんぼん)・・・江戸時代から伝わる高級砂糖です。

 

フロストシュガーは「溶ける」この1点に用途を絞った砂糖です。

ヨーグルトや果物など水分の足りない所で良い仕事をします。

その分、他のことは気にしない潔さが最高です。

 

 

 

 

 

あまり有名でない砂糖(色付き)

赤砂糖(赤糖、紅糖)・・・中華食材として使われます。

加工黒糖・・・黒砂糖を安定供給しようとした結果できました。

カソナード・・・フランスの砂糖、お菓子作りに力を発揮します。

パームシュガー・・・東南アジアで使われています。

ブラウンシュガー・・・茶色い砂糖。それだけです。

 

東南アジアでは「サトウヤシ」から作られた砂糖が活躍しています。

画像のような固形物だけで無く

ペースト状の物もあり、料理の幅を広げてくれます。

 

 

 

 

甘さを楽しんでもらいたい砂糖と糖質

和三盆(わさんぼん)・・・江戸時代から伝わる高級砂糖(美味い)

水飴・・・舐めるなら、手造りの麦芽糖水飴に限ります。

メープルシロップ・・・カナダ・ケベック州でほとんどが作られています。

蜂蜜(はちみつ)・・・花の種類によって変わる味を楽しんでください。

巣蜜(すみつ)・・・蜂の巣そのままを楽しみます。蜜ろうがアクセントに

 

蜂蜜を

・無難に人にプレゼントするならば、「アカシア」かな。

一番マイルドで優しい味が楽しめます。

・話の種にするならば、「ソバ」の小瓶かな。

 

 

 

実は沢山使われている砂糖と糖質

液糖・・・ほぼ業務用。専用タンクローリーで工場直行便

異性化糖(いせいかとう)・・・デンプンから作られた、ジュースの甘味料。

グラニュー糖・・・業務用の砂糖はこれを使います。

 

液糖やグラニュー糖は専用のトラックで工場に納品しているので目立ちませんが沢山使われています。

 

 

 

 

知る人ぞ知る重要なもの

カラメル・・・カラメル色素としてコーラや醤油など様々なところで使われています。

デンプン・・・食品だけでなく、段ボールにも欠かせません。

モラセス(糖蜜)・・・用途は食品にだけでなく、工業にも進出しています。

還元水飴・・・低カロリー甘味料だけでない用途に驚きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の砂糖の種類と特徴記事一覧

赤砂糖

紅糖 赤糖(あかとう) 中華食材 女性の健康に良い♪ 400g中華食材として販売されている「赤糖」はこれ赤砂糖は文字通り「赤い砂糖」という意味で、上白糖やグラニュー糖のように特定の砂糖を指すものではなく、七訂増補日本食品成分表の資料、「砂糖及び甘味類」にも掲載されていません。赤砂糖(赤糖)と呼ばれる...

≫続きを読む

 

液糖(えきとう)

液糖は、家庭で使うというよりも、業務用が中心です。このタンクローリーは結構見かけます。液糖とは砂糖の仲間で、精製糖を液状にしたものになります。溶かす手間が省けるので、ガムシロップや清涼飲料水、冷菓、缶詰、アルコール飲料、ソースなどの調味料等、広範囲で使用されています。液糖は、ショ糖型液糖と転化型液糖...

≫続きを読む

 

加工黒糖(かこうこくとう)

加工黒糖とは、黒砂糖に混ぜものをしたもので、黒糖・粗糖・糖蜜をブレンドしたものから、粗糖に糖蜜を加えただけの物までいろいろな種類があります。以前は「加工黒糖」と「黒糖」の表示が曖昧(あいまい)だったので、沖縄旅行で買ってきた黒糖のお土産が「沖縄産 黒糖100%」でなかったという笑えないエピソードがあ...

≫続きを読む

 

加工糖(かこうとう)

加工糖は、お砂糖の世界を広げてくれます。加工糖とは、砂糖を加工して、特定の料理や飲み物、スイーツに合うように加工したもので、上白糖やグラニュー糖のように特定の砂糖を指すものではありません。加工糖の種類としては、氷砂糖、角砂糖、顆粒状糖(フロストシュガー)、粉砂糖(粉糖)、コーヒーシュガーなどがありま...

≫続きを読む

 

カソナード

カソナードとは、フランスの砂糖で、良質なサトウキビ100%から作られている、精製されていない含蜜糖です。カソナードは、そのまま飲み物に入れたり、お菓子に使います。含蜜糖・・・砂糖を作るとき結晶と蜜を分けないもの。代表は黒砂糖。カソナードは、固まりやすいので保存には注意してください。メーカーさんもその...

≫続きを読む

 

加糖練乳(コンデンスミルク)

イチゴやかき氷には欠かせない「加糖練乳(コンデンスミルク)」加糖練乳(コンデンスミルク)とは、牛乳に砂糖を加えて煮詰めたものです。糖分が多く濃厚なので、イチゴやかき氷にかけたりそのまま舐めたりして濃厚な味を楽しみます。砂糖を入れないものは、エバミルクになります。加糖練乳には「生乳、牛乳又は特別牛乳に...

≫続きを読む

 

ガムシロップ

ガムシロップとは、砂糖に水を加え煮立て作る甘味料で、砂糖が溶けにくいアイスコーヒーやアイスティー、カクテルなどに使います。味は砂糖に水を加えた分だけ若干甘味が少なくなります。以前は砂糖と水の他にアラビアガムを混ぜて作っていましたが、最近は、ガムシロップという名前だけで、アラビアガムはほとんど使われて...

≫続きを読む

 

カラメル

カラメルは、砂糖を熱して作ります。独特な苦味と甘みが特徴でプリンには欠かせません。風味づけや、着色料として大活躍しています。特に、カラメル色素は褐色の着色料で、着色料の中でも特に使用量が多い色素です。しょう油、酢、タレ、ソース、黒ビール、お菓子、コーラなどの色付けに幅広く使われています。カラメルの基...

≫続きを読む

 

甘蔗糖(かんしょとう)

甘蔗糖(かんしょとう)とは、“かんしゃとう”とも呼ばれますが、サトウキビから作った砂糖の総称ことで、上白糖やグラニュー糖のように特定の砂糖を指すものではありません。甘蔗糖の原料であるサトウキビは、収穫して直ぐに近くの製糖工場に運ばれます。そこで変質しにくく、運搬がしやすいように原料糖へと加工されます...

≫続きを読む

 

含蜜糖(がんみつとう)

含蜜糖の代表は黒砂糖です。画像は、沖縄県波照間島産の黒砂糖。特長は、雑味臭は多いけれど、甘味が前面に出てくるタイプで、甘い黒砂糖が好みの方に向いています。含蜜糖(がんみつとう)とは、上白糖やグラニュー糖のように特定の砂糖を指すものではなく、砂糖の製造方法の違いによる分類で、砂糖を作るときに結晶と糖蜜...

≫続きを読む

 

きび砂糖

カップ印のきび砂糖は、一番有名なきび砂糖で、お店でもよく見かける砂糖だと思います。きび砂糖は、サトウキビを原料とした砂糖で、上白糖やグラニュー糖のように完全な形に精製したものではなく、精製途中の砂糖液を煮詰めて作っているので、黒砂糖ほどではありませんがミネラル分が残っています。きび砂糖という名前は、...

≫続きを読む

 

車糖(くるまとう)

車糖(くるまとう)の仲間の上白糖(左の画像)は、しっとりした砂糖です。ザラ目糖の仲間のグラニュー糖(右の画像)は、サラサラした砂糖です。車糖とは、上白糖やグラニュー糖のように特定の砂糖を指すものではなく、グラニュー糖と比べて水分がやや多く結晶が細かい精製糖のことを指します。ソフトシュガーともいわれて...

≫続きを読む

 

黒蜜(くろみつ)

黒蜜(くろみつ)は、黒砂糖を水に溶かして煮詰めたもので、とろみと甘味で和スイーツを引き立ててくれます。みつ豆、ところてん、わらび餅、くず餅などに使われます。黒蜜は家庭で作ることができます。黒砂糖と水を1対1位用意します。 それを鍋に入れてかき混ぜながら煮溶かします。 アクを取りながら煮詰めます。 後...

≫続きを読む

 

原料糖(げんりょうとう)

「砂糖は、サトウキビを搾った搾り汁から作ります。」と文章では簡単に表現しますが、実際のサトウキビは、「これを、どうやって搾るんだ。」と思うくらい硬いものです。硬さのイメージとしては、「竹に近い硬さ」を想像してください。原料糖とは精製される前の砂糖で色は茶色、まだ蜜が残った状態のものです。サトウキビは...

≫続きを読む

 

耕地白糖(こうちはくとう)

根から砂糖が摂れるてん菜は、砂糖大根とも呼ばれ、北海道の重要な農産物です。耕地白糖は、「生産地でそのまま白砂糖を作る」ことで、てん菜(ビート)から砂糖を作るときにこの方法が用いられます。砂糖を製造する場所で分類するときに使われるもので、上白糖やグラニュー糖のように特定の砂糖を指すものではありません。...

≫続きを読む

 

コーヒーシュガー

コーヒーシュガーは、コーヒー好きがコーヒーのためだけに作られた砂糖なので、作り手の気合いの入り方が違います。コーヒーシュガーとは加工糖の一種で、コーヒーを美味しく飲むためだけに加工された砂糖です。一般的なものは、小粒な氷砂糖にカラメルを加えているので茶色です。氷砂糖なので一度に溶けずに徐々に溶けてい...

≫続きを読む

 

コーンフレークシュガーフロスト

コーンフレーク シュガーフロストとは、トウモロコシを潰して薄く焼き上げたものに、砂糖をfrost(霜)のようにかけたものです。名前にシュガーフロストと付いていますが、「フロストシュガー」とは何の関係もありません。フロストシュガー・・・水に溶けやすい事だけに特化して作られた砂糖。以前はプレーンヨーグル...

≫続きを読む

 

再生糖(さいせいとう)

再生糖とは、粗糖に糖蜜を加えて作る加工黒糖です。この方法で、外国産の安い粗糖と糖蜜を使えば、安い加工黒糖の出来上がりです。粗糖・・・サトウキビの搾り汁から糖蜜を分離したもの。まだ蜜が残っているので、色は茶色。糖蜜・・・サトウキビの搾り汁を精製して砂糖を作るときに出る黒褐色の液体。ショ糖が残っているの...

≫続きを読む

 

双目糖(ざらめとう・ザラ目糖)

ザラメ糖を使った物で、一番分かりやすい物が、この「おせんべい」だと思います。双目糖(ざらめとう・ザラ目糖)とは、ハードシュガーとも言われ、上白糖やグラニュー糖のように特定の砂糖を指すものではなく、特定の性質を持った砂糖の総称です。上白糖のしっとりした感じの砂糖と比べて、ザラザラした感じの砂糖で、一粒...

≫続きを読む

 

白砂糖

白砂糖は、広辞苑で調べてみると、「精製された白色の砂糖。」と記載されていますが、実生活では「カップ印の白砂糖」(商品名)を指していることが多いでしょう。カップ印の白砂糖の裏面には、「白砂糖・・・上白糖とも呼ばれ、料理、お菓子、飲み物など何にでも使える最も一般的な砂糖。」と記載されていますが、食品成分...

≫続きを読む

 

白下糖(しろしたとう)

白下糖は和三盆を作る前に糖汁を煮詰めた粗糖の塊で、黒糖の一種になります。この白下糖が「研ぎ」という工程を経て和三盆になっていきます。白下糖という名前は「白くなる前の砂糖」という意味です。糖汁・・・さとうきびを搾って出てきた汁和三盆・・・四国の香川県や徳島県などで、日本独自の製法で作られている淡黄色の...

≫続きを読む

 

巣蜜(すみつ)

巣蜜とは、ミツバチの巣箱から取り出した蜂の巣そのままです。外見は蜂の巣の6角形が残り、味はまさしく天然のハチミツです。国産純粋 巣みつ(巣蜜・コムハニー)

≫続きを読む

 

精製糖(せいせいとう)

精製糖とは、粗糖(原料糖)を精製したもので、上白糖やグラニュー糖、三温糖、氷砂糖などの精製した砂糖のことを指します。黒砂糖(黒糖)はサトウキビの搾り汁を煮詰めただけなので、精製糖ではありません。粗糖(原料糖)・・・精製される前の砂糖。まだ蜜が残っている。精製とは「混じりものを除いて、純粋な物にするこ...

≫続きを読む

 

粗糖(そとう)

砂糖が加工途中の粗糖(原料糖)の時は、工場で山のように積み上げ、重機を使って運搬、整理されます。砂糖のイメージはありませんね。この時点では、完全な工業製品の原料置き場です。粗糖とは精製される前の砂糖で色は茶色、まだ蜜が残った状態のものです。原料糖とも呼ばれます。サトウキビ→粗糖→精製糖(上白糖、グラ...

≫続きを読む

 

ソフトシュガー

ソフトシュガーは車糖(くるまとう)とも呼ばれ、グラニュー糖と比べて結晶が小さくやや水分の多い砂糖の総称で上白糖やグラニュー糖のように特定の砂糖を指すものではありません。ソフトシュガーの種類は、上白糖、中白糖、三温糖などがあり、上白糖と三温糖はお店でよく見かけます。上白糖は日本で一番家庭で使われている...

≫続きを読む

 

中白糖(ちゅうはくとう)

中白糖は、上白糖よりも転化糖と水分を多く含んでいるので、さらにしっとりした感じの砂糖です。ちなみにグラニュー糖はサラサラ。中白糖は純度が低いので淡黄色をしています。甘味は上白糖よりも少し強い。みたらしのタレ、あんこ、甘納豆などに使われています。一般市場には、ほとんど出回っていません。出回っていないと...

≫続きを読む

 

てん菜グラニュー糖

てん菜グラニュー糖とは、てん菜(ビート)を原料にして作られたグラニュー糖です。グラニュー糖まで精製してしまうとショ糖が主成分なので、サトウキビから作ったグラニュー糖と変わりません。てん菜から抽出したショ糖も、サトウキビから抽出したショ糖も化学式にすると、C12 H22 O11 となり同じものになりま...

≫続きを読む

 

てん菜上白糖

てん菜上白糖とは、てん菜(ビート)を原料にして作られた上白糖です。上白糖まで精製してしまうとショ糖が主成分なので、サトウキビから作った上白糖と変わりません。てん菜から抽出したショ糖も、サトウキビから抽出したショ糖も化学式にすると、C12 H22 O11 となり同じものになります。ちなみに、上白糖はシ...

≫続きを読む

 

てんさい糖

てんさい糖の内容量は以前は700gでしたが、今は650g入りに変更になってしまいました。テンサイ糖とは北海道などで栽培されている「てん菜」から取った砂糖の総称ですが、てん菜から作った、てん菜上白糖やてん菜グラニュー糖は、基本的にサトウキビから作った上白糖やグラニュー糖と同じ物です。このページではオリ...

≫続きを読む

 

糖蜜(とうみつ)

糖蜜とは、原料(サトウキビ・てん菜)から砂糖を精製するときに出る副産物で、糖分やミネラルなどが含まれている黒褐色で粘度の高い液体です。(廃糖蜜・モラセスとも言われます。)もし、ところてんやスイーツに掛ける糖蜜をお探しなら「黒蜜」へどうぞ

≫続きを読む

 

ハードシュガー

ハードシュガーの代表選手と言えば、グラニュー糖になります。ハードシュガーとは、双目糖(ざらめとう・ザラ目糖)とも言われますが、上白糖やグラニュー糖のように特定の砂糖を指すものではなく、特定の性質を持った砂糖の総称です。上白糖のしっとりした感じの砂糖と比べて、ザラザラした感じの砂糖で、一粒一粒の結晶が...

≫続きを読む

 

パームシュガー

南国ムード漂うパームシュガー。お土産にもらいました。パームシュガーとは、砂糖ヤシから採れる砂糖で、東南アジアで作られています。砂糖ヤシの花穂を切り、出てきた花序液を煮詰めて作ります。砂糖の分類としては、黒砂糖やメープルシロップなどと同じ含蜜糖に分類されます。精製されていないので、ミネラル分が入ってい...

≫続きを読む

 

廃糖蜜(はいとうみつ)

廃糖蜜とは、原料(サトウキビ・てん菜)から砂糖を精製するときに出る副産物で、糖分やミネラルなどが含まれている黒褐色で粘度の高い液体です。(糖蜜・モラセスとも言われます。)廃糖蜜と糖蜜、どちらも使われていますが、この二つに違いはありません。同じものを指します。「日本うま味調味料協会」では、廃糖蜜のこと...

≫続きを読む

 

ハチミツ

ハチミツとは、ミツバチが花の蜜を集めて、それを巣の中で加工して貯めたものです。

≫続きを読む

 

ブラウンシュガー

ブラウンシュガーは文字通り「茶色い砂糖」という意味で、上白糖やグラニュー糖のように特定の砂糖を指すものではありません。茶色ければ三温糖でも黒砂糖でも「これは、ブラウンシュガーです。」と言えばブラウンシュガーになります。(日本黒砂糖協会、表示ガイドラインを参考にしています。)この角砂糖も立派な「ブラウ...

≫続きを読む

 

フロストシュガー

フロストシュガーとは多孔質の顆粒状をしている砂糖で、固まりにくく、水に溶けやすくしたものです。多孔質・・・小さな気孔がひじょうに沢山あること。顆粒(かりゅう)・・・粉末よりも粒の大きさを大きくしたもの。かぜ薬などでよく見かけます。フロスト(FROST)・・・霜(しも)フロストシュガー・・・霜のように...

≫続きを読む

 

分蜜糖(ぶんみつとう)

分蜜糖の仲間の上白糖です。結晶は細かくてしっとりしていて、日本の家庭では一番使われています。分蜜糖とは、上白糖やグラニュー糖のように特定の砂糖を指すものではなく、砂糖の製造方法の違いによる分類で、砂糖を作るときに結晶と糖蜜を分けたものを指します。代表的な分蜜糖としては、上白糖、グラニュー糖、三温糖、...

≫続きを読む

 

モラセス

モラセスとは、原料(サトウキビ・てん菜)から砂糖を精製するときに出る副産物で、糖分やミネラルなどが含まれている黒褐色で粘度の高い液体です。(糖蜜・廃糖蜜とも言われます。)もし、ところてんやスイーツに掛ける糖蜜をお探しなら「黒蜜」へどうぞ

≫続きを読む