デキストリンはデンプンを低分子化したものです。

デキストリン

デキストリン,デキストリンとは,デンプン,マルトース,麦芽糖,グルコース,ブドウ糖,難消化性デキストリン

 

 

デキストリンは、ジャガイモやトウモロコシのデンプンを低分子化したもので、デンプンと麦芽糖の間にあるもので、多糖類に分類されます。種類が豊富でいろいろな用途に使われています。

 

 

デキストリンにはいろいろな性質のものがあります。

 

・甘味が全然ない物から少し甘味のある物

 

・水に溶けやすい物から水に溶けにくい物

 

・サラッとしている物から糊のような物

 

・消化される物から消化されにくい物(難消化性デキストリン)

 

このように沢山の性質があるので、いろいろな食品に使われています。要は、デンプンに細工をして、使い道を増やしたものです。

 

 

デンプンとデキストリンの関係

 

デンプン>デキストリン>麦芽糖(マルトース)>ブドウ糖(グルコース)という関係になっています。

 

分かり易い例としては、ご飯(デンプン)を長く噛んでいると、口の中で唾液と混じり、唾液の中に入っている消化酵素のアミラーゼによって、デキストリンや麦芽糖(マルトース)に分解されて、お腹の中でブドウ糖(グルコース)まで分解されて、小腸から吸収されます。

 

ご飯が口の中で甘くなるのは、麦芽糖(マルトース)のおかげで、麦芽糖は、ブドウ糖が2つ結合したものです。ちなみに、砂糖の主原料である、ショ糖(スクロース)はブドウ糖と果糖が結合したものです。

 

デキストリンの働き

 

・しょう油など液体を粉末状にする。(味を変えないで粉末にする)

 

・たれにとろみを付ける。(食品にかけるとそのまま留まっている)

 

・調味料を均一に付ける(糊のイメージ、おせんべいのどこを食べても同じ味がする。))

 

・粉末の食品を溶けやすくする。(粉末のスープ)

 

・分離しやすいものを、分離しにくくする。

 

 

難消化性デキストリンの働き詳しくは難消化性デキストリンのページへどうぞ

 

・お腹の調子を整える。(水溶性食物繊維)

 

・食後の血糖値の上昇を緩やかにします。

 

・脂肪の吸収がゆっくりになります。

 

・ミネラル分の吸収が良くなります。

 

デキストリン,デキストリンとは,デンプン,マルトース,麦芽糖,グルコース,ブドウ糖,難消化性デキストリン
難消化性デキストリンをレタス1.5個分使っています。

 

個人的にはデキストリンの使い道の広さに興味があるのですが、世間は圧倒的に難消化性デキストリンに興味を持っています。「手軽に食物繊維を摂ることができる。」やっぱり魅力的ですね。

 

デキストリン,デキストリンとは,デンプン,マルトース,麦芽糖,グルコース,ブドウ糖,難消化性デキストリン

 

 

関連ページ

単糖類(たんとうるい)
単糖類とは、これ以上加水分解されない最小の糖です。主な単糖類は、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトースなどがあります。
二糖類(にとうるい)
二糖類とは、ブドウ糖や果糖などの単糖類が二つ結合したものです。主な二糖類は、マルトース(麦芽糖)、スクロース(ショ糖・・砂糖の主成分)、ラクトース(乳糖)などがあります。
少糖類(しょうとうるい)
少糖類とは、ブドウ糖などの単糖類が2〜10個位結合した糖類の総称のことで、二糖類、三糖類、オリゴ糖などを指します。
多糖類(たとうるい)
多糖類とは、単糖類(ブドウ糖など)が10個以上結合したものを指すことが多く、グリコーゲン、セルロース、デキストリン、でんぷんなどが主な仲間です。
糖質(とうしつ)
糖質とは、炭水化物の仲間から、人間が消化吸収出来ない食物繊維を除いたものです。
糖質系甘味料
糖質系甘味料とは、炭水化物の仲間の糖質に分類される甘味料を指し、一番有名な物はショ糖(砂糖)です。
非糖質系甘味料
非糖質系甘味料とは、原料が糖質から作られていない甘味料のことで、天然甘味料と人工甘味料に分類されます。
糖類(とうるい)
糖類とは、ブドウ糖や果糖などの単糖類と、ショ糖(砂糖)や麦芽糖(水飴)、乳糖などの二糖類をさします。
糖分(とうぶん)
糖分には厳密な定義はありません。炭水化物を指す場合もありますが、甘味を指す場合もあります。
デンプン
デンプンとは、炭水化物に分類され、多糖類の仲間になります。ジャガイモやトウモロコシなどから作られます。