単糖類とは、これ以上加水分解されない最小の糖です。

単糖類(たんとうるい)

単糖類,単糖類とは,ブドウ糖,グルコース,果糖,フルクトース,ガラクトース

 

 

単糖類とは、これ以上加水分解されない最小の糖です。簡単に消化吸収出来て、すぐにエネルギー源として活躍してくれます。今すぐエネルギーの補給をしたいときは「ブドウ糖」と言いたいところですが、「ブドウ糖」は値段が高いので、砂糖で代用した方が経済的です。肉体労働をした後に甘いコーヒーを飲みたくなるのも頷けます。

 

主な単糖類(分類図は下にあります。)
・ブドウ糖(グルコース)・・・1gあたり約4kcal・甘味度0.6〜0.7
・果糖(フルクトース)・・・1gあたり約4kcal・甘味度1.5
・ガラクトース などがあります。

 

そして、この単糖類か2つ結合すると、2糖類(少糖類)になります。

 

・ブドウ糖と果糖が結合するとショ糖(砂糖の主成分)
・ブドウ糖とガラクトースが結合すると乳糖
・ブドウ糖とブドウ糖が結合すると麦芽糖 になります。

 

単糖類と2糖類をまとめて糖類といいます。

 

ブドウ糖の役割は、筋肉や臓器のエネルギーとなり、特に脳のエネルギーとして重要な役割を果たしています。さらに、肝臓や筋肉にグリコーゲンという形で蓄えられ、体がブドウ糖を欲しくなったとき、すぐ補給できるようになっています。ちなみに、人間が消化吸収できない食物繊維も分解していくとブドウ糖になります。牛や馬など草食動物が大きくなるのも頷けます。生活習慣病として有名な糖尿病は、このブドウ糖を上手く筋肉や臓器に取り込めなくなって、血液中のブドウ糖が異常に増えてしまう病気です。

 

果糖の特長は、砂糖よりもだいたい1.5倍甘いことです。砂糖より少量で同じ甘さになるのでカロリーを抑えられます。

 

甘いものが苦手な男性でも、「プリン」はOKという人は多いです。沢山働いた後のご褒美にいかがですか。

 

 

関連ページ

二糖類(にとうるい)
二糖類とは、ブドウ糖や果糖などの単糖類が二つ結合したものです。主な二糖類は、マルトース(麦芽糖)、スクロース(ショ糖・・砂糖の主成分)、ラクトース(乳糖)などがあります。
少糖類(しょうとうるい)
少糖類とは、ブドウ糖などの単糖類が2〜10個位結合した糖類の総称のことで、二糖類、三糖類、オリゴ糖などを指します。
多糖類(たとうるい)
多糖類とは、単糖類(ブドウ糖など)が10個以上結合したものを指すことが多く、グリコーゲン、セルロース、デキストリン、でんぷんなどが主な仲間です。
糖質(とうしつ)
糖質とは、炭水化物の仲間から、人間が消化吸収出来ない食物繊維を除いたものです。
糖質系甘味料
糖質系甘味料とは、炭水化物の仲間の糖質に分類される甘味料を指し、一番有名な物はショ糖(砂糖)です。
非糖質系甘味料
非糖質系甘味料とは、原料が糖質から作られていない甘味料のことで、天然甘味料と人工甘味料に分類されます。
糖類(とうるい)
糖類とは、ブドウ糖や果糖などの単糖類と、ショ糖(砂糖)や麦芽糖(水飴)、乳糖などの二糖類をさします。
糖分(とうぶん)
糖分には厳密な定義はありません。炭水化物を指す場合もありますが、甘味を指す場合もあります。
デキストリン
デキストリンは、ジャガイモやトウモロコシのデンプンを低分子化したもので、デンプンと麦芽糖の間にあるもので、多糖類に分類されます。
デンプン
デンプンとは、炭水化物に分類され、多糖類の仲間になります。ジャガイモやトウモロコシなどから作られます。