多糖類の主な仲間はデンプン、食物繊維などです。

多糖類(たとうるい)


トウモロコシから取れたデンプンのコーンスターチは、多糖類に分類されます。ちなみに、片栗粉はカタクリ(ユリ科)の根から取ったデンプンを指しますが、最近の片栗粉はだいたいジャガイモのデンプンから作られています。

 

 

多糖類とは、単糖類(ブドウ糖など)が10個以上結合したものを指す総称で、グリコーゲン、セルロース、デキストリン、でんぷんなどが主な仲間です。

 

多糖類のデンプン=ブドウ糖+ブドウ糖+ブドウ糖+・・・・こんな感じです。

 

単糖類(甘い)も多糖類まで結合してしまうと甘くなくなってしまい、セルロースに至っては紙やパルプの原料にもなります。さらに、セルロースは食物繊維の主成分で、人間は消化できません。草食動物はセルロース(草や木)を食べて栄養にしていますが、草食動物がセルロースを消化しているのではなく、お腹の中に「セルロース分解菌」を住まわせているから消化できているのです。

 

 

単糖類・・・・・ブドウ糖や果糖など
二糖類・・・・ショ糖(さとう)や麦芽糖(水飴)など 
少糖類・・・・オリゴ糖。単糖類が3個から数個集まったもの。(分類の仕方によって多少変わります。)
多糖類・・・・でんぷん、セルロースなど

 

セルロース・・・植物の細胞壁や食物繊維の主原料で地球上で最も多い炭水化物になりますが、人間は消化できません。

 

デキストリン・・・デンプンを加水分解して作ります。デンプンよりも分子量は小さくなりますが、多糖類です。

 

デンプン・・・ジャガイモやトウモロコシなどから作られます。使い道が大変に多いのも特長で、水飴やブドウ糖、ジュースなどに使われている「果糖ブドウ糖液糖」も原材料はデンプンです。さらに、水飴(麦芽糖)、ブドウ糖もデンプンを原料として作られています。

 


デキストリンが使われています。たぶん、おせんべいに味を均等に付けるために使っていると思います。

 


ジュースには「果糖ブドウ糖液糖」を使っているものが沢山あります。原料には多糖類のデンプンを使っています。

 

「葛のデンプンを葛餅にする。」個人的にはこのデンプンの使い方が最高に好みです。

 

 

 

関連ページ

単糖類(たんとうるい)
単糖類とは、これ以上加水分解されない最小の糖です。主な単糖類は、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトースなどがあります。
二糖類(にとうるい)
二糖類とは、ブドウ糖や果糖などの単糖類が二つ結合したものです。主な二糖類は、マルトース(麦芽糖)、スクロース(ショ糖・・砂糖の主成分)、ラクトース(乳糖)などがあります。
少糖類(しょうとうるい)
少糖類とは、ブドウ糖などの単糖類が2〜10個位結合した糖類の総称のことで、二糖類、三糖類、オリゴ糖などを指します。
糖質(とうしつ)
糖質とは、炭水化物の仲間から、人間が消化吸収出来ない食物繊維を除いたものです。
糖質系甘味料
糖質系甘味料とは、炭水化物の仲間の糖質に分類される甘味料を指し、一番有名な物はショ糖(砂糖)です。
非糖質系甘味料
非糖質系甘味料とは、原料が糖質から作られていない甘味料のことで、天然甘味料と人工甘味料に分類されます。
糖類(とうるい)
糖類とは、ブドウ糖や果糖などの単糖類と、ショ糖(砂糖)や麦芽糖(水飴)、乳糖などの二糖類をさします。
糖分(とうぶん)
糖分には厳密な定義はありません。炭水化物を指す場合もありますが、甘味を指す場合もあります。
デキストリン
デキストリンは、ジャガイモやトウモロコシのデンプンを低分子化したもので、デンプンと麦芽糖の間にあるもので、多糖類に分類されます。
デンプン
デンプンとは、炭水化物に分類され、多糖類の仲間になります。ジャガイモやトウモロコシなどから作られます。