糖質系甘味料の中で、一番有名な物はショ糖(砂糖)です。

糖質系甘味料

糖質系甘味料,炭水化物,ショ糖,砂糖,糖質,甘味料

 

糖質系甘味料とは、炭水化物の仲間の糖質に分類される甘味料を指し、一番有名な物はショ糖(砂糖)ですが、ショ糖(砂糖)以外にも沢山の種類があり、実生活で使い分けされています。糖質系甘味料に対して非糖質系甘味料という物もあります。

 

 

糖質系甘味料の種類は

 

・砂糖

 

・デンプン糖

 

・その他の糖

 

・糖アルコール などがあります。

 

 

砂糖とは
サトウキビやてん菜を原料として作られる糖で、ブドウ糖と果糖が結合したショ糖を指します。砂糖とショ糖の違いは、砂糖は調味料の名前で、ショ糖は成分の名前です。つまり、台所にあれば「砂糖」になり、実験室にあれば「ショ糖」になります。

 

 

 

デンプン糖とは
デンプンを原料として作られる糖の総称で、ブドウ糖、果糖、麦芽糖、水飴、異性化糖などがあります。

 

異性化糖と言うと???な方が多いと思いますが、ジュースの甘味料として使われている「果糖ブドウ糖液糖」と言えば分かるとおもいます。「異性化糖」と「果糖ブドウ糖液糖」の関係は、異性化糖の仲間の1種類に果糖ブドウ糖液糖がある、という関係です。
糖質系甘味料,炭水化物,ショ糖,砂糖,糖質,甘味料

 

糖質系甘味料,炭水化物,ショ糖,砂糖,糖質,甘味料

 

 

 

その他の糖とは
オリゴ糖やハチミツ、乳糖などがあり、特にオリゴ糖は、消化されにくく、大腸まで届くので、腸内細菌(善玉菌)のエサになり、腸内環境を良くしてくれます。ただし、一度に沢山摂るとお腹が緩くなるので、摂り過ぎには注意しましょう。

 

乳糖は、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする原因物質なので、基本的には使われませんが、お菓子やチョコレートの成分表には記載されています。これは、牛乳の中に入っている乳糖です。

 

糖質系甘味料,炭水化物,ショ糖,砂糖,糖質,甘味料

 

 

 

糖アルコールとは
キシリトールに代表される低カロリー甘味料で、加熱に強い特長から、加工食品に使われたり、虫歯菌のエサにならないのでガムやアメに使われたりして、意外に身近な存在です。

 

糖アルコールをものすごく大ざっぱに説明すると、糖アルコールは、ブドウ糖などの原料に水素原子を2個くっつけたものですが、これによって、体内の消化酵素が糖アルコールを分解することができなくなります。この効果によって低カロリー甘味料になります。これがメリットです。ところが、糖アルコールが、分解されずに大腸まで行ってしまうので、水分が吸収できなくなってしまい(浸透圧の関係)、大量に摂取した場合は下痢になってしまいます。

 

 

糖質系甘味料,炭水化物,ショ糖,砂糖,糖質,甘味料

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

単糖類(たんとうるい)
単糖類とは、これ以上加水分解されない最小の糖です。主な単糖類は、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトースなどがあります。
二糖類(にとうるい)
二糖類とは、ブドウ糖や果糖などの単糖類が二つ結合したものです。主な二糖類は、マルトース(麦芽糖)、スクロース(ショ糖・・砂糖の主成分)、ラクトース(乳糖)などがあります。
少糖類(しょうとうるい)
少糖類とは、ブドウ糖などの単糖類が2〜10個位結合した糖類の総称のことで、二糖類、三糖類、オリゴ糖などを指します。
多糖類(たとうるい)
多糖類とは、単糖類(ブドウ糖など)が10個以上結合したものを指すことが多く、グリコーゲン、セルロース、デキストリン、でんぷんなどが主な仲間です。
糖質(とうしつ)
糖質とは、炭水化物の仲間から、人間が消化吸収出来ない食物繊維を除いたものです。
非糖質系甘味料
非糖質系甘味料とは、原料が糖質から作られていない甘味料のことで、天然甘味料と人工甘味料に分類されます。
糖類(とうるい)
糖類とは、ブドウ糖や果糖などの単糖類と、ショ糖(砂糖)や麦芽糖(水飴)、乳糖などの二糖類をさします。
糖分(とうぶん)
糖分には厳密な定義はありません。炭水化物を指す場合もありますが、甘味を指す場合もあります。
デキストリン
デキストリンは、ジャガイモやトウモロコシのデンプンを低分子化したもので、デンプンと麦芽糖の間にあるもので、多糖類に分類されます。
デンプン
デンプンとは、炭水化物に分類され、多糖類の仲間になります。ジャガイモやトウモロコシなどから作られます。