ブドウ糖果糖液糖や液糖は意外に身近なものです。

ブドウ糖果糖液糖と液糖の違い

液糖は、業務用として専用タンクローリーがあるほど使われていますが、一般家庭には出回っていません。

 

液糖は使われていますね。ほとんど全部が業務用ですから、見事なものです。

 


 

ブドウ糖果糖液糖は、異性化糖の仲間としては少し甘味を抑えた甘味料になります。

 

初めに、「ブドウ糖果糖液糖」「果糖ブドウ糖液糖」「高果糖液糖」は、「異性化糖」の仲間でどれも兄弟みたいなものです。従って、「果糖ブドウ糖液糖と液糖の違い」「高果糖液糖と液糖の違い」「異性化糖と液糖の違い」も「ブドウ糖果糖液糖と液糖の違い」と同じだと思ってもらって問題は無いと思います。

 

 

 

ブドウ糖化糖液糖や液糖は、どちらも業務用として使われることが多いので、あまり馴染がありませんが、毎日お世話になっていると言ってもよいくらいに利用しています。

 

ブドウ糖果糖液糖は異性化糖(いせいかとう)の仲間で、異性化糖(いせいかとう)とは、トウモロコシやじゃがいも、サツマイモなどのデンプンを原料として作った液体の甘味料で、主成分は、ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)になります。異性化糖は液体の中にブドウ糖と果糖が混ざった状態で入っているだけで、結合していません。

 

ブドウ糖果糖液糖と液糖の違い
ブドウ糖果糖液糖は、砂糖の主原料のショ糖は入っていないので、甘いのに砂糖の仲間ではありません。

 

液糖とは、精製糖を液状にしたもので、主成分はショ糖なので砂糖の仲間です。ショ糖とは、ブドウ糖と果糖が結合したもので二糖類に分類され砂糖の主原料です。

 

ブドウ糖果糖液糖と液糖の違いは、液体の中にブドウ糖と果糖が混ざった状態で入っているのが、ブドウ糖果糖液糖で、液体の中にショ糖(ブドウ糖と果糖が結合したもの)が入っているのが液糖になります。さらに、ブドウ糖果糖液糖の原料はデンプンで、液糖の原料は、砂糖と同じでサトウキビやてん菜です。

 

 


 

 

果糖ブドウ糖液糖と液糖の違いも上記と同じです。

 

高果糖液糖と液糖の違いも上記と同じです。

 

関連ページ

糖質と糖類の違い
糖質とは、炭水化物の仲間から人間では消化出来ない食物繊維を除いたものです。糖類とは、糖質の中でも、単糖類と二糖類のことを指します。
麦芽糖と水飴の違い。
麦芽糖と水飴の違いがはっきりしないと思いませんか?麦芽糖と水飴の違いはこれです。
水飴と還元水飴の違い
還元水飴は、水飴に水素を添加して、低カロリー甘味料の還元水飴にしたものです。
バナナは、処分品が甘い理由
緑が少し残ったバナナよりも、黒い点々が出て処分品になったバナナのほうが甘い理由
ブドウ糖果糖液糖と果糖ブドウ糖液糖の違い
ブドウ糖果糖液糖と果糖ブドウ糖液糖はジュースや飲料品、食品などあちこちで使われています。その違いは?
ブドウ糖は、脳のエネルギー源
脳のエネルギー源はブドウ糖です。これが無いと脳は動きません。