ブドウ糖果糖液糖と果糖ブドウ糖液糖の違い

ブドウ糖果糖液糖と果糖ブドウ糖液糖の違い

ブドウ糖果糖液糖と果糖ブドウ糖液糖の違いですが、含まれているブドウ糖と果糖の割合によって呼び方が変わる以外の違いはありません。「含まれているものを多い順に記載しなくてはならない。」というルールがあるためです。

 

ブドウ糖と果糖の入っている割合が違うと甘さが違ってきます。砂糖の主成分であるショ糖を1とすると、ブドウ糖は0.6〜0.7くらいの甘さで、果糖は、1.5くらいの甘さになります。従って果糖が多い方がより甘く感じられます。

 

ブドウ糖果糖液糖,果糖ブドウ糖液糖,違い,ブドウ糖,果糖,液糖,成分
・ブドウ糖果糖液糖・・・果糖含有率(糖のうちの果糖の割合)が 50% 未満のもの。

 

ブドウ糖果糖液糖,果糖ブドウ糖液糖,違い,ブドウ糖,果糖,液糖,成分
・果糖ブドウ糖液糖・・・果糖含有率が 50% 以上 90% 未満のもの。

 

ブドウ糖果糖液糖,果糖ブドウ糖液糖,違い,ブドウ糖,果糖,液糖,成分
・高果糖液糖・・・果糖含有率が 90% 以上のもの。

 

・砂糖混合異性化液糖・・上記の液糖に 10% 以上の砂糖を加えたもの
(その液糖がブドウ糖果糖液糖なら砂糖混合ブドウ糖果糖液糖になり、果糖ブドウ糖液糖なら砂糖混合果糖ブドウ糖液糖になります。)

 

ブドウ糖・・・穀物や果物に含まれる単糖類。砂糖より甘味が少ない(ショ糖を1とすると約0.6〜0.7位)脳のエネルギー源。
果糖・・・ハチミツや果物に含まれる単糖類。砂糖より甘く感じる。(ショ糖の約1.5倍位)
単糖類・・・これ以下に分けられない糖の最小単位。ブドウ糖、果糖など。

 

ブドウ糖果糖液糖も果糖ブドウ糖液糖も、異性化糖(いせいかとう)の仲間です。

 

異性化糖(いせいかとう)とは、トウモロコシやじゃがいも、サツマイモなどのデンプンを原料として作った液体の天然甘味料で、主成分は、ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)になります。

 

 

異性化糖は、液体の中にブドウ糖と果糖が混ざった状態で入るので、砂糖(ショ糖)の仲間ではありません。砂糖(ショ糖)はブドウ糖と果糖が結合した状態になっています。

関連ページ

糖質と糖類の違い
糖質とは、炭水化物の仲間から人間では消化出来ない食物繊維を除いたものです。糖類とは、糖質の中でも、単糖類と二糖類のことを指します。
バナナは、処分品が甘い訳。
黒くなったバナナはなぜ甘いのか?その理由です。
ブドウ糖果糖液糖と液糖の違い
ブドウ糖化糖液糖や液糖は、あまり馴染がありませんが、毎日お世話になっていると言ってもよいくらいに利用しています。
ブドウ糖は脳のエネルギー源
脳のエネルギー源はブドウ糖です。これが無いと脳は動きません。