炭水化物>糖質>糖類という関係です。

糖質と糖類の違い

「糖質」と「糖類」どちらもよく見かけますが、この2つは意外に違っていて、特に、カロリーコントロールをする時は間違えてはいけないものです。

 

糖質ゼロとは、食品100gあたり糖質が0.5g未満。飲料100mlあたり糖質が0.5g未満の場合には糖質ゼロと表示できるということです。

糖質とは、炭水化物の仲間から人間では消化出来ない食物繊維を除いたものです。

 


 

糖類ゼロとは、食品100gあたり糖類が0.5g未満。飲料100mlあたり糖類が0.5g未満の場合には糖類ゼロと表示できるということです。

オリゴ糖や糖アルコールは、少ないけれどカロリーはあります。カロリーコントロールをしている方は「糖類ゼロ」と記載されている場合は注意が必要です。

 


 

「糖質」は炭水化物の中から、人間が消化吸収できない「食物繊維を」除いたもの。

 

「糖類」は糖質の中の「単糖類」と「二糖類」だけのことを指します。

 

炭水化物>糖質>糖類となります。

 

日常で見かける糖質としては、
単糖類・・ブドウ糖、果糖
二糖類・・ショ糖(すべての砂糖)、乳糖、麦芽糖(水飴)
異性化糖(ブドウ糖果糖液糖・果糖ブドウ糖液糖・高果糖液糖)ジュースに入っています。
デンプン
各種オリゴ糖
糖アルコール などがあります。

 

オリゴ糖の種類・・イソマルトオリゴ糖、ビートオリゴ糖(ラフィノースオリゴ糖)、フラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖 などがあります。
オリゴ糖は、腸内でほとんど吸収されないので、腸内のビフィズス菌など善玉菌のエサになって腸内環境を守ってくれます。(カロリーはあります。)

 

糖アルコールの種類・・ラクチトール、ソルビトール、キシリトール、エリスリトール、マルチトールなどがあります。
糖アルコールは腸内での吸収が悪いので、低カロリー甘味料(マービーなど)として活躍したり、虫歯になりにくい甘味料(キシリトールなど)として活躍しています。

 

甘味料で使われている、キシリトール、ソルビトールは糖アルコールの仲間で、低カロリー甘味料です。糖質に分類され、糖類ゼロ商品の甘味料としてよく使われています。

 


 

 

糖類とは、糖質の中でも、単糖類と二糖類のことを指します。

 

日常で見かける糖類としては、
単糖類・・ブドウ糖、果糖
二糖類・・ショ糖(すべての砂糖)、乳糖、麦芽糖(水飴)
異性化糖(ブドウ糖果糖液糖・果糖ブドウ糖液糖・高果糖液糖)ジュースに入っています。

 

ハチミツや水飴(普通のタイプ)、ガムシロップ、メープルシロップ、コンデンスミルクなどには、必ず糖類が入っています。当然、それなりのカロリーが有るので、食べ過ぎには注意が必要です。

 

果糖ブドウ糖液糖を始めとした「異性化糖」の仲間は「糖類」でしっかりカロリーがあります。ジュースの飲みすぎには注意してください。

 


 

糖質と糖類の違い

 

炭水化物>糖質>糖類という関係になっています。

 

糖質は、炭水化物の中から人間が消化できない食物繊維を除いたものになります。

 

糖類は、糖質の中からデンプンなど甘くない物と、「オリゴ糖」「糖アルコール」など馴染みの少ない甘い物を除いたものになります。
ざっくりした言い方をすると、糖類は「甘い物」を思い浮かべたとき、普通に浮かんでくる物です。

 

糖類ゼロと表示されている場合はカロリーはそれなりに入っていると思って、カロリーコントロール中の方は注意してください。

 

 

チョコレート由来のカロリーがあるのは当然ですが、甘味料として使っているキシリトールにも、1gあたり約3kcalのカロリーがあります。

 

蛇足、乳糖0gと記載されています。これは、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする、乳糖不耐症の原因物質の乳糖が入っていませんよ。ということです。

 

 


 

糖類ゼロで甘い理由、糖質ゼロで甘い理由

 

 

 

 

関連ページ

麦芽糖と水飴の違い。
麦芽糖と水飴の違いがはっきりしないと思いませんか?麦芽糖と水飴の違いはこれです。
バナナは、処分品が甘い理由
緑が少し残ったバナナよりも、黒い点々が出て処分品になったバナナのほうが甘い理由
ブドウ糖果糖液糖と液糖の違い
ブドウ糖化糖液糖や液糖は、あまり馴染がありませんが、毎日お世話になっていると言ってもよいくらいに利用しています。その違いは?
ブドウ糖果糖液糖と果糖ブドウ糖液糖の違い
ブドウ糖果糖液糖と果糖ブドウ糖液糖はジュースや飲料品、食品などあちこちで使われています。その違いは?
ブドウ糖は、脳のエネルギー源
脳のエネルギー源はブドウ糖です。これが無いと脳は動きません。