オリゴ糖は、特定保健用食品として認められています。

オリゴ糖とは

 

オリゴ糖とは、特定保健用食品として認められていて、ビフィズス菌などの善玉菌の栄養源となり、善玉菌を増やし腸内環境を良くする効果があります。少糖類に分類され、代替甘味料として活躍しています。注意点としては一度に食べ過ぎるとお腹が緩くなる可能性があります。(浸透圧の関係です。)

 

少糖類・・単糖(ブドウ糖・果糖など)が2個から10個位結びついたもの。一般的に単糖が3個以上結びついたものをオリゴ糖といいます

オリゴ糖の特長

ビフィズス菌などの善玉菌の栄養源となります。
オリゴ糖を摂取しても体内でほとんど消化、吸収されません。(消化、吸収されてしまったらビフィズス菌の食べる分が無くなります。)腸まで届いたオリゴ糖を善玉菌のビフィズス菌が食べるので、腸内でビフィズス菌がどんどん増えます。善玉菌が増えれば腸内環境が良くなるので、下痢や便秘になりにくくなります。特に便秘はお肌の大敵なので嬉しい効果です。さらに、善玉菌が増えるとその分悪玉菌が減るので、排泄物の臭いが抑えられる効果が期待できます。

 

オリゴ糖の甘さについて

オリゴ糖の甘さは蔗糖(砂糖の主成分)を1とすると、だいたい0.3〜0.7位です。このバラツキはオリゴ糖にはいろいろな種類があるからです。砂糖よりも甘みが薄いのが特徴です。甘さの質も砂糖とは違います。砂糖の代替甘味料ですが、砂糖と同じようには使えないと思ったほうが無難です。カロリーは1gあたり約2kcalです。

 

業者さんはこんなこと絶対に言いませんが。

甘党の私がオリゴ糖購入で失敗した経験から得た教訓です。

 

オリゴ糖は砂糖と比べて甘味の質が違うので、お口に合うかどうかは試してみないと分かりません。どうしても「オリゴ糖の良いところ+砂糖の甘さ」を頭に描いてしまいがちですが、現実は違います。オリゴ糖購入の際には割高でもなるべく少ない量を購入して味見をすることが大切だと思います。

 

少ない量を全て食べきった後、さらに同じ物を食べたければ「お口に合っている」ということなので安心して大きいサイズを購入してください。当然ですがイマイチならば違う商品にします。オリゴ糖は種類が多いので、お口に合うものが必ずあると信じて再トライしてください。良い腸内環境を保つためには、オリゴ糖は飽きずに食べ続けられるものを選択することが必要だと思います。

 

 

個人的な意見ですが、オリゴ糖は食べ過ぎるとお腹が緩くなります。従って砂糖のように一度に沢山使用できません。沢山使えないということは、料理での甘味付けには役不足だと思います。(もともと甘味も薄いことも関係しています。)オリゴ糖で料理に甘味を付けることは諦めてしまい、毎日必要量を食べるだけに徹したほうが長続きするんじゃないかと思います。

 

 

便秘などお腹のトラブルには腸内細菌が関係している場合がよくあります。「悪玉菌」が増えると便秘になったり、臭いおならが出るなど悪いことがおき、「善玉菌」が増えると便通が良くなったり、体調が良くなります。このようなことを期待して、「オリゴ糖」を摂って善玉菌のエサを増やしてそれを食べた善玉菌の数が増えて、相対的に悪玉菌を減らすことを、「プレバイオティクス」と言い、「ヤクルト」のように、乳酸菌を直接摂って、善玉菌を増やすことを「プロバイオティクス」と言います。

 



オリゴ糖の種類

★イソマルトオリゴ糖

 

イソマルトオリゴ糖は、熱や酸に強く味噌やしょう油に含まれています。腸内でビフィズス菌の栄養となり腸内環境を整えてくれますが、摂りすぎるとお腹が緩くなる可能性があります。とうもろこしから作られることが多いです。粉のタイプを口に入れると口の中で固まるような感じがします。(甘味度は砂糖の主成分のショ糖を1とすると約0.4です)


 

★ビートオリゴ糖(ラフィノースオリゴ糖)

 

ビートオリゴ糖(ラフィノースオリゴ糖)は、ビート(てん菜)から取れる天然オリゴ糖です。腸内でビフィズス菌の栄養となり腸内環境を整えます。熱や酸に強く、消化吸収されないのでエネルギーになりにくいです。摂りすぎるとお腹が緩くなる可能性があります。個人的には好きです。ただし、これで甘味を付けようと思わないほうが良いと思います。(甘味度は砂糖の主成分のショ糖を1とすると約0.2です)


 

★フラクトオリゴ糖

 

フラクトオリゴ糖は蔗糖を原料に作られ、比較的砂糖に近い甘味の質です。天然では玉ねぎやゴボウなどの野菜に含まれています。消化吸収されないので腸内でビフィズス菌の栄養となり腸内環境を整えます。摂りすぎるとお腹が緩くなる可能性があります。(甘味度は砂糖の主成分のショ糖を1とすると約0.3です)


 

★キシロオリゴ糖
キシロオリゴ糖はトウモロコシを原料にして作られ、自然界ではタケノコやトウモロコシに含まれています。オリゴ糖の中では一番少ない量で腸内環境を良くしてくれるといわれていますが、摂りすぎるとお腹が緩くなる可能性があります。(甘味度は砂糖の主成分のショ糖を1とすると約0.4です)


 

★ガラクトオリゴ糖

 

ガラクとオリゴ糖は乳糖を原料に作られていて、自然界では牛乳や母乳に含まれています。ビフィズス菌のご飯になってビフィズス菌を増やすのに貢献してくれますが、摂りすぎるとお腹が緩くなる可能性があります。(甘味度は砂糖の主成分のショ糖を1とすると約0.3です)


 

★乳果オリゴ糖

 

乳果オリゴ糖は牛乳やサトウキビを原料として作られたものです。消化吸収されにくいため、腸内でビフィズス菌の栄養となり腸内環境を整えます。摂りすぎるとお腹が緩くなる可能性があります。(甘味度は砂糖の主成分のショ糖を1とすると約0.5で比較的砂糖に近い味がします。)


 

甘味度について・・・砂糖の主成分のショ糖を基準にして被験者の官能テストで決定します。人の舌に頼っているので結果にばらつきが出てきます。目安位に思ったほうが無難です。

 



 

関連ページ

ブドウ糖(グルコース)
ブドウ糖(グルコース)は、ハチミツや果物に含まれていて単糖類に分類され、デンプンや砂糖を体内で消化してもブドウ糖が出来ます。脳や細胞のエネルギー源として欠かせない大切なものです。
果糖(フルクトース)
果糖(フルクトース)は単糖類に分類され、ハチミツや果実に多く含まれています。特にハチミツの約4割は果糖です。果糖とブドウ糖が結合するとショ糖(砂糖の主成分)になります。
ショ糖(スクロース)
ショ糖(スクロース)とは、ブドウ糖と果糖が結合したもので二糖類にあたり砂糖の主成分になります。特にグラニュー糖の99.9%はショ糖(スクロース)で出来ています。
乳糖(ラクトース)
乳糖(ラクトース)は、哺乳類の乳に含まれているもので僅かに甘さはあります。牛乳を飲んだとき、お腹がゴロゴロする原因にもなり要注意な糖です。
麦芽糖(マルトース)
麦芽糖(マルトース)とは、ブドウ糖が2つ結合したもので、2糖類に分類され、水飴の主成分です。甘味は薄いですが甘さの質は良いものを持っています。
水飴(みずあめ)
水飴は、デンプンから作りますが、用途も種類も大変に多く、甘ければ良いというほど簡単なものではありません。
異性化糖(いせいかとう)
異性化糖(いせいかとう)とは、トウモロコシやじゃがいも、サツマイモなどのデンプンを原料として作った液体の天然甘味料で、主成分は、ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)になります。
果糖ブドウ糖液糖(かとうぶどうとうえきとう)
果糖ブドウ糖液糖とは、トウモロコシやじゃがいも、サツマイモなどのデンプンを原料として作った液体の天然甘味料で、異性化糖(いせいかとう)の仲間です。
ブドウ糖果糖液糖(ぶどうとうかとうえきとう)
ブドウ糖果糖液糖とは、トウモロコシやじゃがいも、サツマイモなどのデンプンを原料として作った液体の天然甘味料で、異性化糖(いせいかとう)の仲間です。
高果糖液糖(こうかとうえきとう)
高果糖液糖とは、トウモロコシやじゃがいも、サツマイモなどのデンプンを原料として作った液体の甘味料で、異性化糖(いせいかとう)の仲間です。
糖アルコール
糖アルコールは、砂糖やブドウ糖、オリゴ糖などと同じ糖質に分類される低カロリー甘味料で、いろいろな種類があり、実は身近な存在です。
エリスリトール
エリスリトールは、メロン、ブドウや梨などの果実やキノコ、ワイン、醤油、清酒などに含まれている天然の糖アルコールでカロリーゼロ、虫歯菌の餌にならないなど、うれしい特長があります。製造方法は、ブドウ糖を発酵させて作ります。
マルチトール(還元麦芽糖)
マルチトールは還元麦芽糖とも呼ばれ、糖アルコールに分類されるもので、麦芽糖(マルトース)を還元(水素添加)することでできます。
還元水飴(かんげんみずあめ)
還元水飴は、糖アルコールの仲間ですが、用途も種類も多く、使われる食品によって還元水飴の配合も変わってきます。
還元麦芽糖水飴(かんげんばくがとうみずあめ)
還元麦芽糖水飴は糖アルコールの仲間で、還元水飴の中の特定の1種類を指すものです。
キシリトール
キシリトールとは、キシロース(単糖類)から作られる糖アルコールの一種で、低カロリー甘味料です。甘味は他の糖アルコールよりも甘く、ショ糖(砂糖の主原料)とほぼ同じ位あり、甘味の質としては清涼感があります。この特徴を利用してガムやキャンディーなどに使われています。
ソルビトール
ソルビトールは食品添加物で、ブドウ糖に水素を添加して作られていて、低カロリー甘味料の糖アルコールに分類されます。
単糖類(たんとうるい)
単糖類とは、これ以上加水分解されない最小の糖です。主な単糖類は、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトースなどがあります。
二糖類(にとうるい)
二糖類とは、ブドウ糖や果糖などの単糖類が二つ結合したものです。主な二糖類は、マルトース(麦芽糖)、スクロース(ショ糖・・砂糖の主成分)、ラクトース(乳糖)などがあります。
少糖類(しょうとうるい)
少糖類とは、ブドウ糖などの単糖類が2〜10個位結合した糖類の総称のことで、二糖類、三糖類、オリゴ糖などを指します。
多糖類(たとうるい)
多糖類とは、単糖類(ブドウ糖など)が10個以上結合したものを指すことが多く、グリコーゲン、セルロース、デキストリン、でんぷんなどが主な仲間です。
糖分(とうぶん)
糖分には厳密な定義はありません。炭水化物を指す場合もありますが、甘味を指す場合もあります。
糖質(とうしつ)
糖質とは、炭水化物の仲間から、人間が消化吸収出来ない食物繊維を除いたものです。ビールなど「糖質オフ」で有名になりました。
糖類(とうるい)
糖類とは、ブドウ糖や果糖などの単糖類と、ショ糖(砂糖)や麦芽糖(水飴)、乳糖などの二糖類を指します。お菓子やジュースのパッケージなどで見かけます。
デキストリン
デキストリンは、ジャガイモやトウモロコシのデンプンを低分子化したもので、デンプンと麦芽糖の間にあるもので、多糖類に分類されます。
デンプン
デンプンは、炭水化物に分類され、多糖類の仲間になります。ジャガイモやトウモロコシなどから作られます。
食物繊維(しょくもつせんい)
人間が消化出来ない炭水化物は食物繊維で、難消化性デキストリンやセルロースなどの種類があります。ダイエットや便秘対策などで有名になりました。
セルロース
セルロースは炭水化物の仲間で、植物の細胞壁や繊維の主成分です。ブドウ糖が沢山結合したものですが、人間には消化吸収できないものです。
難消化性デキストリン
難消化性デキストリンは、水溶性の食物繊維です。現代人の食生活では不足しがちな食物繊維を補うために使われています。
糖質系甘味料
糖質系甘味料とは、炭水化物の仲間の糖質に分類される甘味料を指し、一番有名な物はショ糖(砂糖)です。
非糖質系甘味料
非糖質系甘味料とは、原料が糖質から作られていない甘味料のことで、天然甘味料と人工甘味料に分類されます。